暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

糖尿病の飲酒の影響・飲酒量・お酒の種類について

糖尿病飲酒の影響についてご紹介します。糖尿病の飲酒の影響は、低血糖です。

高血糖になる糖尿病ですが、糖尿病のお薬の効果が長引いてしまって思いの外低血糖になりすぎてしまい昏睡という危険な状態になる可能性もあります。

別に糖尿病ではない人だとしても、糖度の高いお酒だと空きっ腹にお酒を飲むことで血糖値がグンと上がりその後急激に下降し、低血糖になり昏睡してしまうこともあります。

糖尿病と飲酒について詳しく確認で行きましょう。

スポンサード リンク

糖尿病の飲酒の影響について

影響

低血糖になり昏睡に至る危険性があります。糖尿病のお薬を飲んでいなくても、アルコールそのものに肝臓による糖新生を妨げる働きがあります。

肝臓は、ブドウ糖を作り出していますがそのブドウ糖の放出が妨げられてしまうのですね。

しかも、昏睡してしまっていても周囲の人は「酔っ払って寝ているのだろう」と判断してしまい発見が遅れてしまいがちです。気を付けなければなりませんね。周囲の人にも理解してもらっておくと安心でしょう。

飲酒量

飲酒量は、なるべく控えたほうが良いことには違いありませんが、もし糖尿病で飲酒するならどのくらいの飲酒量が良いのでしょうか。

そもそも、糖尿病なら主治医に飲酒に関して相談しましょう。飲酒しても大丈夫な条件というのがあり、肝臓などの疾患がない、動脈硬化による心臓病などがない、合併症が出ていないなど。体重が標準、糖尿病の薬の投与を受けていない、などなど。

その上で、飲酒するとしても少量なのでその程度の飲酒でストップできるかどうかというのも問題です。

例えばビールなら400ミリリットル、ワインなら200ミリリットルくらいです。

ブランデーとかだとアルコール度数が高いのでもっと少なくて60ミリリットルとかです。

スポンサード リンク

おすすめのお酒の種類

おすすめは…おすすめといっても飲酒自体は健康にとって控えたほうが良いでしょうが…もし糖尿病で飲酒するなら、糖分の少ない蒸留酒をチョイスしましょう。

蒸留酒というとウイスキーやブランデーです。蒸留酒というのはそもそも何かというと、醸造酒をさらに蒸留してアルコールを集めたのな蒸留酒なのでアルコール度数が高くて糖分は低くなっています。

ウイスキーはビールの蒸留酒で、ブランデーはワインの蒸留酒で、焼酎は日本酒の蒸留酒です。

最後に。糖尿病の飲酒

糖尿病の飲酒で気を付けることについてご紹介しました。

糖尿病は、インスリン不足以外にはクロム不足や活性酸素の害も原因として挙げられていますね。

クロムの投与で糖尿病が改善した患者さんはある病院では90%以上にもなるそうです。

ですからもしかしたらあなたもクロム不足の可能性があります。クロムと糖尿病の関係についても調べてみてくださいね。

このサイトの他の糖尿病の記事でもクロムと糖尿病の関係や、活性酸素と糖尿病の関係について詳しく書いているのでぜひ検索窓から探して読んでみてください。

スポンサード リンク

糖尿病は塩分も控える必要があるの?

糖尿病というと糖の過剰だから糖質制限みたいなイメージですが、実は塩分も控える必要があるとかないとか。

糖尿病の人用の食事は、味がしないらしいですね。塩分をなぜ控えたほうが良いのかというと、それは糖尿病の合併症を防ぐためです。

高血圧だと合併症が進行しやすいんですね。では、糖尿病で塩分を控える理由について詳しく確認していきましょう。

スポンサード リンク

糖尿病は塩分も控えるのはなぜか

動脈硬化

塩分で高血圧になると、動脈硬化が促進します。動脈硬化が促進しますと、糖尿病の合併症が起こりやすくなるんです。

なぜかというと合併症というのは血管障害によって起こるからです。高血糖が血管障害を起こすのです。

もう少し具体的に言うと、高血糖によって発生した活性酸素によって血管障害が起きるのです。

つまり…活性酸素対策と、動脈硬化対策をすれば良いのです。合併症を防ぐためには、ですね。糖尿病を防ぐには、クロムという必須ミネラルの摂取と活性酸素対策が必要です。

活性酸素対策は、糖尿病予防にもなるし、合併症予防にもなるという…共通して必要な対策です。

クロムというのは、クロムが不足するとブドウ糖が細胞に入れずに糖尿病になってしまいます。

ブドウ糖は、血液の中から細胞の中に入ってミトコンドリアに燃やされてエネルギーと化します。

しかしブドウ糖が細胞の中に入れないのが糖尿病です。ブドウ糖が細胞に入るために必要なプロセスは幾つかに渡ります。

その一、ブドウ糖がインスリンをゲットする。

その二、インスリン(鍵)を使って細胞膜の受容体にアクセスする。

その三、細胞の内側からGTF(守衛さん)にドアを開けてもらい細胞内に入る。

インスリンが少なくても糖尿病になりますし、細胞膜が活性酸素でドロドロになっているとブドウ糖が細胞に入れないので糖尿病になりますし、GTFが少ないと糖尿病になります。

糖尿病の仕組みは、このような感じのようです。

だからインスリンと、活性酸素対策と、GTFを増やすクロム摂取をしっかりしましょう。

スポンサード リンク

血管を守る!合併症対策

細胞膜と血管を守るには、活性酸素対策が必要です。毛細血管とかだとすぐに潰れてしまいます。

糖尿病でも、活性酸素さえすれば合併症を予防できると言い切るのが三石巌先生という方です。もうお亡くなりだけど長寿で健康で甘いものも我慢せず食べちゃうと言ってた人です。本で見ました。

でも、私的には甘いものは別のリスクがあると知っています。血管プラークのリスクです。

真島クリックというところで仕入れた情報です。

砂糖で血管プラークができるので血管の内側にプラークが付き狭くなって脳梗塞とか心筋梗塞とか血管の詰まりのリスクが高くなります。

脂肪の過剰摂取もしないようにしましょう。

活性酸素対策

具体的に活性酸素対策には何が良いかというと、水素、ポリフェノール、ビタミンC、Eなどです。

ビタミンCやEは摂取すると言っても限度があります。ビタミンCは大量摂取すると下痢になりますから抗酸化作用があるからといってあまりたくさんは飲めません。

水素はおすすめです。ビタミンCよりも活性酸素対策においては気が利いていて、ビタミンCが通れないような細胞の隅々にも届きます。

水素は原子なので一番小さいので体の隅々活性酸素対策してくれるんですね。脳には血管関門というのがあるのですが、これは脳に余計な物質が入らないようにしているのでビタミンCなどの大きな分子は入れないそうです。

しかし水素は細かいので入れて脳の活性酸素も無害化してくれます。なので認知症の予防や改善に効果が注目されています。

ところで。活性酸素の製品はパウチやペットボトルで売っているものと、サプリメントで売っているのがあります。

パウチやペットボトルでは、水素が抜けていってしまって飲もうと思った時にはもうただの水になっているという問題が付きものです。

ちゃんとしている製品もあると思いますが、正直ペットボトルは期待しないほうが良いです。ペットボトルは水素がすり抜けられてしまうらしいですからね。

パウチでちゃんとしている製品もありますが、蓋のプラスチック部分から抜けていかないのかなー?と個人的に気になります。

飲んだことがありますが、パウチタイプは嵩張るので収納に場所を取るのも難点ですね。

なのでおすすめは水素サプリメントです。体内で水素を発生させるタイプですね。

価格帯は水素サプリメントといっても様々ですが、こちらの製品なんかは値段も飲みやすくて品質も良さそうでおすすめなのでぜひチェックしてみてください。 話題の水素水サプリ【サビトルウォーター】

スポンサード リンク

最後に。糖尿病と塩分

糖尿病と塩分についてご紹介しました。

糖尿病で塩分を控えないといけないと言われているのは、高血圧による動脈硬化を防ぐためでしたね。

そしてそれは、血管が駄目になって合併症が出るのを防ぐためでした。

合併症が出るのを防ぐには、減塩もですが活性酸素対策が必要です。活性酸素対策は、細胞膜を守るので糖尿病予防にもなります。

そして糖尿病改善には、クロムが良いんでしたね。現代人には不足しがちなのでクロムの摂取を心がけましょう。

サプリメントの過剰摂取には注意してください。ミネラルは過剰症がありますからね。とはいってもクロムはミネラルなので体に吸収されにくいです。

ミルクのタンパク質と結合させて吸収されやすくしたクロムミルクというのがあるので、そちらもぜひチェックしてみてください。

スポンサード リンク

息が深く吸えないのは脳血管が原因?

息が深く吸えないというのは脳血管が原因の可能性があります。

息を深く吸えない場合、試しに塩水をコップ一杯飲んでみて、もし深く吸えるようになったとしたらそれは脳の血流が減ったことによる脳脊髄液の減少です。

脳脊髄液減少症というのは、同じように息苦しさを伴うものです。脳脊髄液というのは、脳の血液から生成されますから脳血管に障害があると生成が減っておそらく息苦しさや、息が深く吸えないで途中で止まるようなことも起きます。

あくびが出そうで出ないで途中で止まるとか、生あくびがやたら出るとかもその影響の場合があります。もちろん他の病気の場合も考えられるでしょうがここでは脳血管障害による息苦しさ、息が深く吸えないという症状の対策法についてご紹介します。

スポンサード リンク

息が深く吸えない場合

血管に良い食べ物

結論を言えば、息が吸いにくい、脳が詰まった感じがする、息が深く吸えない、生あくびがやたら出る…などそんな状態は食事によって普通の人レベルにまで回復することができます。

脳血管がそのように障害を受ける可能性は、たとえば脳梗塞になってしまった後遺症とか、事故とかで脳脊髄液減少症になってしまったとか、柔道の絞め技を遊び半分で行った、首吊り○○未遂などの理由でも充分考えられるわけです。

脳脊髄液減少症も、ブラッドパッチをする人もいますがいろんなサイトの記事を読み漁って得た結論は、ブラッドパッチをしたとしてもやっぱり栄養的な要素ありきでないと回復は難しいとのこと。

分子栄養学を少し学んだことも過去にあり、栄養の持つ凄まじい効能はよく分かっています。

脳血管にとって特に大切な栄養素について調べ、食事をしっかりしたら治りました。私はかなり酷い状態でしたがそれでも治ったのでやはり栄養は凄いですよ。

しかし油断して食事を適当にしたり、電磁波を浴びすぎたりするとぶり返します。電磁波でなぜ悪化するかというと、要は電磁波によって発生する活性酸素が血液をドロドロにして血行を悪くしたり、血管を傷付けたり、毛細血管を潰したりするのが悪いのだと思います。

スポンサード リンク

特に大切な栄養素

まず、タンパク質が大切です。ベジタリアンの人にはあれですが、大豆ではいけません。フィチン酸でミネラル不足になります。

症状がひどい場合は卵とか鶏肉とかお肉系をおすすめします。軽度なら大豆とかでも大丈夫かも。最近は動物性タンパク質を食べない日もありますが結構平気になってきたからです。でもやっぱり大豆を食べていると貧血気味になります。

それから、ビタミンB群も大切です。ビタミンBサプリメントをサボったり、砂糖を食べると私は悪化します。ビタミンB群サプリメントを飲むと結構すぐ治ります。

砂糖がビタミンB群を消耗するからでしょう。

ところでビタミンB群サプリメントで便秘になる人がいるので注意してください。ビタミンB群を多く摂ると、う○ちを柔らかくするマグネシウム不足になるからです。マグネシウムも同時に摂れば大丈夫です。

あと、ビタミンCで活性酸素対策と血管のコラーゲン生成しましょう。ビタミンEも血管拡張に良いです。血流を良くします。

カルシウムも大切です。ですがカルシウムは、悪玉カルシウムは脳の血管が詰まった感じになります。脳が悪いからこそ、健康な時には感じられなかった体に悪い物に敏感に反応しよく分かります。

風化した貝のカルシウムなら安全です。DHCのカルシウムマグネシウムも大丈夫でした。アメリカサプリメントマルチミネラルも大丈夫でした。普通の貝カルシウムが私は苦手です。

気を付けること

避けるべきものは、砂糖や過剰な油などです。

過剰な油は血液をドロドロにします。それに、血管プラークを形成するので血管の内側が狭くなります。脳梗塞とか心筋梗塞とかのリスクが上がってしまいます。

詳しくは、真島クリックというサイトを見てみると分かります。脂質の恐ろしさです。でも脂質を制限しすぎたら、呼吸中枢に支障をきたして呼吸が止まりそうになりました。なのでホルモンの不足しないためにも、かならず脂質は必要量は摂取しないといけません。

脂質というか、オメガ6とオメガ3ですね。オメガ6の少ない植物オイルを摂っても、不足してしまって呼吸中枢が止まりそうになります。

動物性脂肪をお肉で自然に摂取していれば、別に植物オイルを摂らなくても問題ありません。オメガ6も3も動物性脂肪に含まれているらしいです。

あと、カフェインの摂りすぎも血管を細くします。コーヒーの飲み過ぎで息が深く吸えない息苦しさを感じて死にかけました。死にませんが、死ぬ思いでした。

しばらくカフェインによって血管が細くなったみたいな状態が続いたので調べたら、カフェインは脳細胞に蓄積するとかいう情報もありました。カフェインはやめて、麦茶とかルイボスティーを飲んでいます。ルイボスティーは血管を修復するTie2という細胞を活性化するらしいです。ほんのり香りも味も甘い感じで美味しいです。おすすめします。

ちなみに、血管は内側にプラークができると言いましたが、脂肪によるプラークは脂肪制限で自然と改善していきますが(真島クリックが参照元です)、そこにカルシウムが沈着したプラークは消えにくいとのこと。

で、沈着したカルシウムを溶かす方法もあります。それは、蒸留水を飲むことです。蒸留水はミネラルが一切含まれない水です。これが血管に沈着したカルシウムを溶かすとか言われていて、海外の男性ですが心筋梗塞を免れた例もあります。その人は、父親心筋梗塞とかで亡くなって、同じような食生活だったため血管のプラークがやばかったんだとか。そのプラークの元凶ですが、その男性の住んでいる地域の地下水でカルシウムとかミネラルの豊富な水があるらしいのです。

でも、鉱物のカルシウムはいわゆる悪玉カルシウムらしくて、その水のカルシウム成分は無機ミネラルなので血管にカルシウムが沈着したらしいです。

有機ミネラルならそのような心配はないとのことです。

硬水みたいな無機ミネラルは良くないとのことで、動脈硬化が起きるらしいです。それを溶かし出すのが蒸留水らしいです。

詳しくはこちらのサイトに書いてありました。

http://xn--1rwz8q77bz7cb7s.com

蒸留水は、一度ペットボトルのを買ったのですが飲んだら脳血管がヤバイ感じになって息が深く吸えなくなりました。

おそらく、ペットボトルの成分が溶け出していたのかな。理由はよく分かりませんがとにかく蒸留水器を買って蒸留水を作って飲んだら全く大丈夫でした。

というか、霊感が強くなりました。おそらく松果体の石灰化の改善に関係があると思われます。でも霊感が強くなると振り回されてしまうので、最近はもう蒸留水は飲んでいません。

でも、改めてこの記事を書くにつれ、動脈硬化の予防のためには飲んだほうが良さそうだと思いました。

ちなみに、私が使っていておすすめしたい蒸留水器は一万二千円くらいのものです。三万円くらいのものがおおいのですが、そちらで充分でしたので買うのに抵抗のある人は安いそちらでも大丈夫ですよ。

Amazonで買いました。えーと会社名はECO-worthyです。worthyの意味は「価値があります」らしいです。

確かにエコにとって蒸留水器は価値があります。蒸留水器を使ったほうがペットボトルのゴミも出ないし電気代を加味しても長い目で見れば安いです。

スポンサード リンク

最後に。息が深く吸えない

息が深く吸えない場合は、脳血管障害を疑いましょう。脳血管に限らずですが老化によって血管は衰えていくものです。

脳血管が悪くなると、こんな状態になってしまうかもしれないので血管は大切にケアしないといけませんね。

タンパク質、ビタミンB、ビタミンC、カルシウム、亜鉛などを筆頭に、必須ビタミンやミネラルなど必要そうな栄養素は満遍なく摂取しましょう。

スポンサード リンク

糖尿病でお酒は蒸留酒なら飲める?お酒の種類と糖度

糖尿病では糖度の高いお酒は避けたほうが良いですね。

糖尿病になるとお酒を嗜む人は制限しなければならず付き合いにも支障をきたしそうですが、飲んでもそんなに響かないお酒もあります。

糖尿病でも飲んで比較的大丈夫なお酒について確認していきましょう。

スポンサード リンク

糖尿病でおすすめのお酒

お酒の種類

蒸留酒は糖度は低いけどアルコール度数が高いお酒です。蒸留酒にはブランデー、焼酎などがありますね。

避けたほうが良いお酒は醸造酒です。醸造酒は糖度が高いですね。ビールやワイン、日本酒、もち米を使った紹興酒などが当てはまります。

梅酒はもちろんお砂糖が多いので糖尿病なら控えたほうがいいです。お砂糖使わない梅酒の作り方もありますけど。

糖尿病の原因

ところで、糖尿病はなぜ起こるかご存知ですか?甘いものを食べなくても糖尿病になる時はなるんです。

その原因は、クロム不足とか活性酸素の害とか、インスリン不足にもこれらの原因があります。

糖尿病イコール、インスリン注射みたいなイメージありますが実はクロム不足の糖尿病の人がかなり多くて90%以上もの患者さんがクロムの投与で治ったといわれています。とある病院の臨床研究によると、です。

クロムを摂取することは糖尿病の予防にも改善にも役立つということです。

スポンサード リンク

活性酸素

活性酸素と糖尿病も関わりが深いです。活性酸素は、細胞を覆っている細胞膜という脂質を酸化させてドロドロにします。

そうすると、血中のブドウ糖がインスリンによって細胞内に入ろうとした時にドロドロを上手く通過できずに高血糖のままになってしまうのです。

なので、活性酸素対策も日頃から行いましょう。例えば、水素を摂取するとかビタミンCをこまめに摂取するとか、ポリフェノールを摂取するなど。

そして活性酸素対策は、糖尿病の予防にもなりますが糖尿病によっておこる合併症の予防にもなるのです。

合併症は、実は高血糖が起こすというよりは、高血糖によって発生する活性酸素によって血管が駄目になって壊死したり視力が落ちたりするのです。

さらには活性酸素はがんをはじめとする殆どの生活習慣病の原因になります。まさに万病の元といわれています。なので活性酸素対策が全てという感じなのです。

インスリンの材料とは

クロムによって、糖尿病が治る可能性が高いということですが、ではインスリン不足タイプの糖尿病はどうでしょうか。

クロムは必須ミネラルですが、インスリン不足もインスリンを作り出す材料となるビタミンやミネラルの不足によるものとは考えられないでしょうか。

インスリンの材料になる栄養というのはなんなのか、調べてみました。

亜鉛

インスリン合成には亜鉛というミネラルが必須です。亜鉛は傷を修復するミネラルでもあり、味覚を正常に保つミネラルでもあります。亜鉛細胞分裂に必須なビタミンです。細胞分裂はつまりターンオーバーということですね。

生きるための活動に必須の亜鉛です。そんな亜鉛は男性では精子に多く含まれているため不足しやすいという状況になりがちです。実際、亜鉛不足によりピロルリアという体臭が発生してしまうケースにお悩みの人もいます。

そんな場合は亜鉛サプリメントで補給すると良いでしょう。

■ビタミンB群

ビタミンB群は、何種類かありますがそのどれか一つでも不足すると体内で上手く働かないといいます。つまり、連係プレーをしているようなのです。

ビタミンB群は、特に3と6がインスリンには大切だと言われていますがB群として摂取しましょう。

ビタミンBサプリメントの摂取は、時に人に便秘をもたらします。なぜなら大量のビタミンによって体内のマグネシウムが不足してしまうので、便秘になるのです。

栄養はバランスでできています。亜鉛と拮抗する銅とか、カルシウムと対になるリン、ナトリウムと対になるカリウムなど。

そんな具合でビタミンB群によってマグネシウムが不足するのでマグネシウムも同時に摂取した方が便秘になる心配がありません。

マンガン

こちらも、必須ミネラルです。マンガンというのは、愛情ミネラルという別の呼び方で呼ばれていたりもします。不足するとイライラしやすくなったりします。マンガンもインスリンの合成に役立ちます。

ビタミンD

紫外線によって合成されるビタミンです。インスリンの、合成ではなくて分泌を促進します。先程ご紹介した3つの栄養は、インスリンの合成に大切な栄養素でこちらは分泌に大切な栄養素です。

紫外線には主にA波とB波がありますが、窓ガラスに遮られて室内にはあまり届かない紫外線B波も浴びないと合成されない説があります。セキセイインコの飼い方を調べていて、日光浴のさせ方について学んだ時に知りました。

窓越しに日光浴させても、セキセイインコは具合が悪くなります。曇りの日は特にぐったりしています。でも紫外線B波の出るライトを買って浴びさせたらたちまち復活して元気になったという飼い主さんがいます。

人間も同じかもしれません。窓を開けて網戸越しに日光浴したり、外にお散歩に出たり庭いじりをすると良いでしょう。

■ロイシン

ロイシンというのは必須アミノ酸の一つ、BCAAの一つです。ロイシンは必須アミノ酸の中でも必要量が一番多いアミノ酸です。

ちなみに、これ以外にも糖尿病に役立つ栄養はいろいろあるみたいで詳しくご覧になりたい人はこちらのサイトをどうぞ。ここから参照させていただきました。http://eiyou.hontonano.jp/2000kanri/075-insulin-bunpitu.html

スポンサード リンク

最後に。糖尿病とお酒

糖尿病とお酒についてご紹介しました。お酒は、蒸留酒なら糖度が低いということですね。

でもアルコールは体に悪いので控えめにした方がどちらにしろ良いでしょう。

糖尿病を治すには、ただインスリン注射というよりも他の見方もしてみてまず体に大切な必須ミネラルやビタミンやアミノ酸を充分に摂取することも大切だと気付きました。

体を構成しているのはなんといっても栄養素ですから、材料となる栄養素を充分足りるように摂取しましょう。

スポンサード リンク

糖尿病で痩せるメカニズムとは

糖尿病で痩せるのはなぜかという話題です。

糖尿病で急に痩せるというのは、どのようなメカニズムなのでしょうか。

糖尿病はむしろ栄養過剰、糖分の摂りすぎというイメージがあるので痩せるというのが意外な感じもしますね。

しかし糖尿病は甘いものを食べない人でもなることがあります。糖尿病で痩せる原因について確認していきましょう。

スポンサード リンク

糖尿病で痩せる原因

糖をエネルギーにできない

糖尿病というのは、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込めない病気です。

ブドウ糖は、細胞内に取り込まれてミトコンドリアによってエネルギーに変換されます。これが、正常に糖代謝されているということなのです。炭水化物の代謝が上手く行っている状態ですね。

しかし、活性酸素の影響により、細胞膜の脂質が酸化してドロドロになると、ブドウ糖が細胞の中には入れません。

なので高血糖になり糖尿病ということになるのです。そして血中には余るほどのブドウ糖が細胞には不足して痩せます。

糖尿病になる原因はいくつかあります。インスリンというホルモン不足もその一つです。インスリンは、ブドウ糖が細胞に入るために使う鍵みたいなものです。

そして、細胞膜の受容体つまり鍵穴もきちんとしていないと糖尿病になってしまいます。さらに、そこまで条件が揃っていたとしても細胞の内側にいる警備員さん…GTFというのが開けてくれないとブドウ糖は細胞内に入れません。

この、GTFが不足していて糖尿病になっている人が 意外と多いんだとか。それで、GTFを増やすには必須ミネラルのクロムが必要で現代人はクロム不足が多いということのようです。

サプリメントで摂取しても、ほとんど吸収されていません。ミネラルは吸収されにくいのです。吸収を高めるのがタンパク質やクエン酸ということで、クロムにミルクのタンパク質を結合したクロムミルクというのがあります。

とある病院では糖尿病患者にクロムを摂取してもらったら90パーセント以上もの人が改善したとか言われています。クロム不足によるGTF(警備員さん)不足の糖尿病の人が多いんですね。

スポンサード リンク

活性酸素対策も

クロムミルクは通販で購入できますので必要な方は注文しましょう。

活性酸素対策も必要ですよね。糖尿病の合併症を防ぐためにも大切です。糖尿病は、細胞膜の酸化によっても起こりうるんでした。

合併症も実は高血糖直接というより高血糖により活性酸素が発生すると血管が潰れて合併症が起こるんでした。

なので、活性酸素対策は大切にしましょう。活性酸素対策は、ビタミンCやポリフェノールや水素がおすすめです。

ビタミンC大量については賛否両論あります。下痢にもなりやすいですしね。なのでビタミンCは必要量摂取して後は水素やポリフェノールを積極的に摂取して活性酸素対策に努めれば良いと思います。

スポンサード リンク

最後に。糖尿病で痩せる原因

糖尿病で痩せる原因についてご紹介しました。

糖尿病は、痩せるのはブドウ糖を使えずにエネルギー不足になるということでした。

痩せるのは糖尿病が原因である他、そもそも癌とかが原因のこともありますからもし急に痩せたらなぜ痩せたのか病院で検査してもらったほうが良いです。

もし癌でもその後、癌治療を受けるかどうかはまた別の話ですが…。

また、家族や同僚など他人が急に痩せたら摂食障害やダイエットに成功したということも考えられますね。しかしあまり健康そうに見えなかったら診察を勧めたほうがいいかもしれませんね。

スポンサード リンク

急に痩せる原因は糖尿病か癌?対策は?

急に痩せる原因には、糖尿病や癌があります。

急に痩せるというのは、ダイエットしたい人にとっては嬉しいことですが、体に病気が見つかるのはいやですね。

しかしダイエットに取り組んでもいないのに、急に痩せるというのは糖尿病や癌が考えられます。

スポンサード リンク

急に痩せる原因

糖尿病

糖尿病は、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込めずにエネルギー不足になって急に痩せることがあります。

糖尿病の原因は、インスリン不足というイメージがありますが、じつはインスリンが足りていてもいろいろなその他の条件が揃わないことで糖尿病になってしまうのです。

たとえば、活性酸素活性酸素によって細胞膜が酸化すると、ブドウ糖がインスリンという鍵を持って細胞にアクセスしようとしても細胞膜がドロドロの酸化した油みたいになっているのでブドウ糖は入り込めないとか。

あと、たとえブドウ糖がインスリンという鍵をゲットして、受容体(鍵穴)もちゃんとしてて、さあ行くぞと思っても細胞の内側から守衛さん(GTF)がドアを開けてくれないと細胞に入れないらしいですよ。

GTFの不足はクロム不足が原因だから、クロム摂取が糖尿病の患者さん90%以上に効果的だったとか言われています。

病院で臨床研究が行われて、かなり高い割合で糖尿病改善が見られたそうです。

クロムは吸収されにくいので、吸収しやすくしたクロムミルクというのが推奨されています。ミルクというのはタンパク質に結合させたクロムということです。そういえばタンパク質やクエン酸は、ミネラルの吸収を高めることで知られていますね。

スポンサード リンク

癌は、活性酸素が原因という説もあれば、ミトコンドリアの不活性化という説もありますね。亜鉛などミネラル不足といっている人もいます。免疫力の低下も問題です。

どれも正しいと思います。活性酸素によって細胞がダメージを受けると癌化します。癌細胞は実は毎日発生していて、免疫力によって日々免疫細胞が処理していますが免疫力が弱まると癌細胞が増えると。

なので免疫力をアップさせる乳酸菌とか体温を上げるというのが治療の一つとして効果的だと言われていますね。

あと、ミトコンドリアの不活性化が原因という説ではミトコンドリアの好む血液弱アルカリ性の環境や、ビタミンB群をしっかり摂るということも大切だと言われています。

重曹で癌を治してきた医師も海外にいたようですが、それも血液の弱アルカリ化のためだったと考えている人もいます。結構、癌の治療法とか自然療法とかこの手の情報は過去に調べていました。

癌細胞の原因が亜鉛などミネラル不足という説は、癌細胞をリーディングしたという人のブログで見ました。その人はリーディングによって治療している人なのですが、癌細胞の意識を聞いてみたところ、「自分でも癌化したくはないけど、ものすごい抗えない力によって癌化していってしまっている。亜鉛やなにかのミネラルが必要だ」みたいなことを言っていたらしいです。

ミネラルには過剰症がありますから過剰摂取はしないほうが良いですが、人体に必要なミネラルやビタミンはしっかり必要量摂取したほうが良いですよ。

ミネラル不足が万病の元と言い切っている人もいるくらいですし。やっぱり体が正常に働くために必要な材料…ミネラルやビタミンやアミノ酸とか食物繊維、タンパク質、炭水化物、脂質。どれも栄養は欠乏しないようにちゃんと摂取しましょう。

スポンサード リンク

消化機能の悪化

食べ物を消化するところが機能低下していると食べ物をちゃんと栄養にできないので、栄養吸収できずに急に痩せるということも考えられます。

腸内細菌のバランスの変化や、腸内細菌の減少などによって栄養吸収は低下します。

酵素の分泌などにも問題があるかもしれません。酵素はタンパク質のアミノ酸が材料なので、タンパク質をしっかり食べると酵素は増えると言われています。

最後に。急に痩せる原因

急に痩せる原因についてご紹介しました。急に痩せる原因というのは、糖尿病や癌や消化機能の悪化などが原因の可能性があるということなんですね。

一度病院で検査を受けられたほうが良いと思います。病院での治療を受けるのも良いですが、自然療法に取り組みたい人は自然療法的なことも試しましょう。

薬では限界なことも、体の元々必要だった栄養やそもそも病気になった原因だった悪い食生活を改めたら良くなった人もいますし。治っても再発するという人もいるのは、この元々病気になった原因を改められていないからですね。治療のためにしばらく節制していて無事治ったのに、また「好きなもの食べたいから…」といって結局再発して死んでしまった人もいるようです。何を選択するかは人の自由ですけどね。

スポンサード リンク

糖尿病とうつ病の関連性。うつ病を併発するのはなぜ?

糖尿病とうつ病の関連性についてご紹介します。

糖尿病になるといろんな合併症が出るのですが、うつ病も糖尿病と併発しやすい症状だといわれていますね。

糖尿病とうつ病が併発するメカニズムと、糖尿病治療に良い成分についてご紹介します。

スポンサード リンク

糖尿病とうつ病の関連性

脳の血行

うつ病は、脳の血行不良によって起こりやすくなりますね。

そして糖尿病による合併症というのは、ほとんど血行不良で起こります。

高血糖になるとブドウ糖のうち何割かが活性酸素を発生させて、血管を潰してしまうのです。

血管といっても毛細血管みたいな細い血管ですが。毛細血管は減ったり増えたりします。老化で減りますが新しく毛細血管が生成されることもあります。

脳の血管が減り、脳の機能低下を起こしてうつ病になってしまうのです。

スポンサード リンク

対策法

糖尿病による合併症…うつ病の対策ですが、ビタミンCやポリフェノールや水素など活性酸素を除去する成分の摂取によって予防できます。

糖尿病による高血糖というのは、うつ病などの糖尿病の合併症を引き起こすきっかけの一つでしかありません。

本当は高血糖ではなく、活性酸素が原因なのです。なので活性酸素対策さえすれば、取り敢えず合併症については予防できるでしょう。

もし活性酸素について詳しくない人がいたら、活性酸素は老化の原因で万病の原因だと言われていることも言っておきたいと思います。

ガンなどもそうです。放射能の恐ろしさが高まっていますが(一部の人の間で、と言うべきかもしれませんが)それも放射線活性酸素を発生させて細胞を傷付けるからです。抗酸化対策が病気予防と老化予防(美容的な意味も込めて)にとても大切だということです。

合併症を活性酸素対策で予防できるというのは、分子栄養学の先生である三石巌先生が提唱しています。この先生の本で知りました。

もちろん、血糖コントロールも大切です。糖尿病は、クロムの不足によって糖の代謝が滞るのが原因の一つですからね。

インスリンそのものが少ない人もいるかもしれませんが、実際にはインスリンが受容体にくっつき、さらにGTFというのが充分に生産されてないと糖の代謝が上手く行きません。

イメージするなら、ブドウ糖が細胞の中に入るためにはインスリンという鍵が必要で、インスリンという鍵を差し込む細胞の受容体つまり鍵穴がしっかりしていないといけません。活性酸素によってこの鍵穴がゆがんで細胞にブドウ糖が入れなくなってしまうというのも一因です。なので活性酸素対策はちゃんとしましょう。

さらに、ブドウ糖がインスリンを使って細胞に入ろうとしても細胞の内側から警備員さん的な存在のGTFが居てくれないと、結局ブドウ糖は血管に留まっているしかありません。

GTFを作るにはクロムが必要です。サプリメントのクロムは吸収されにくいので、吸収しやすくしたクロムミルクとかいうのがおすすめらしいです。

クロムは、臨床研究でも効果が高いことが明らかになっています。90%以上もの人に改善が見られたとか。

あとはビタミンB1も糖の代謝に必要ですよね。栄養に気をつけてみてください。

スポンサード リンク

最後に。糖尿病とうつ病の関係

糖尿病とうつ病の関係についてご紹介しました。

高血糖によって、活性酸素が発生し、活性酸素によって血管が潰れて血行不良でうつ病などの様々な合併症が起こってくるということでしたね。

糖尿病は、クロム不足もありますが、活性酸素により細胞膜が酸化してブドウ糖がすんなりと細胞内に入れないというのも原因です。

インスリン不足の原因とかはちょっと詳しくありませんが、これも何かインスリンを生成する栄養の不足が考えられるのかもしれないなーと思います。

膵臓はビタミンCが関わりが深い栄養でしたっけ。

栄養とか活性酸素対策とかをしっかり行いましょう。

以上、糖尿病とうつ病との関係についてでした。

スポンサード リンク