暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

サビトルウォーターの口コミ・効果・最安値

サビトルウォーターの口コミについてご紹介します。

サビトルウォーターというのは水素サプリメントですが、水素水よりも水素が逃げにくくてしっかり水素を摂取することができるというのがサプリメントタイプの水素のメリットですね。

そんはサビトルウォーターの特徴や口コミ、最安値で買えるショップについて確認していきましょう。

スポンサード リンク

サビトルウォーターの口コミと効果

口コミ

・おしっこがよく出るようになりました。

・シワやシミが薄くなりました。

・肌荒れが改善しました。

・むくみが改善しました。

・眠りが良くなりました。

効果

水素は活性酸素を取り除くので老化予防にいいというのは知られていますね。

水素によって腎臓も良くなるのか、おしっこがよく出るようになったという口コミも。

シワやニキビやシミなどの肌トラブルも、活性酸素によって肌の細胞が破壊されたり炎症を起こすことによって起こります。

メラニン色素が増殖したり、コラーゲンが破壊されたりコラーゲン繊維が変になってシワができたり。

活性酸素は万病の元と言われるくらいですから、しっかり水素でケアしていきましょう。

サビトルウォーターの特徴

サビトルウォーターは、体内で水素を発生させるサプリメントです。使用者の満足度93.8%でプロもおすすめ。

水に反応して水素を発生させるため、湿気にも反応します。水素が湿気によって発生すると袋が膨らむためガス抜きも袋についています。

なるべく開封したら空気を抜いて湿気を追い出して密封し保存しましょう。

サビトルウォーターというのは、品質も安心感が持てるGMP認定工場で作られています。

また、副作用についてですが水素は地球に存在している原子で副作用もなく安心して飲めます。

使い方としてはお風呂に錠剤を入れて水素風呂にしても良いです。皮膚や呼吸から水素を取り込めます。

使い方など気になる質問と解答についてはこちらからご確認ください。

話題の水素水サプリ【サビトルウォーター】

スポンサード リンク

水素ならではの良さ

脳の血液関門というところを、水素のような細かな原子は通り抜けることが可能です。ビタミンCなどは通れないので、脳で発生する活性酸素を除去できるのはサビトルウォーターならではとなりますね。

血液関門は、脳を守るために余計なものをブロックする機能です。水素は認知症の予防や改善にも注目を集めています。

最安値

サビトルウォーターは楽天Amazonでも取り扱っていて、値段は8,424円くらいです。

公式サイトの価格と比べると、かなり値上げしていますね。

公式サイトなら初回4,980円です。

3回まで注文という縛りはありますが、それでも2回目以降の注文もかなりお得な6,480円。10%オフにしてくれます。

1日あたりに換算すると、初回価格なら166円ですね。2回目以降の価格なら、1日あたり216円になります。

ということで公式サイトがサビトルウォーターの最安値ということになりますね。

サビトルウォーターの公式サイトはこちらです。

話題の水素水サプリ【サビトルウォーター】

スポンサード リンク

最後に。サビトルウォーターの口コミ

サビトルウォーターの口コミについてご紹介しました。

サビトルウォーターというのは体内の活性酸素を効率よく除去できる水素を、確実に体内で発生させることができるというわけですね。

水素水を飲むよりも、水素が抜け出しにくく保存にも場所を取りません。鞄に入れておいてもかさばらないでしょう。

活性酸素はスポーツやストレス、電磁波、紫外線などによってたくさん発生するものです。

スポーツ後や、職場でぜひサビトルウォーターを飲む習慣を付けましょう。

話題の水素水サプリ【サビトルウォーター】

スポンサード リンク

盲腸は年齢関係ない。食事内容が主な原因

盲腸は年齢に関係あるの?というお話です。

盲腸は、年齢関係なくなりますね。子どもでも盲腸になり手術した人もいます。

進行しないうちに発見されれば、盲腸を切り取る手術はしないで済みます。

盲腸は炎症病なので、炎症を鎮めるような食事や軽い断食をすると軽快することもあります。

里芋湿布や、ゴボウの汁で治す民間療法も伝わっていますね。

ここでは、年齢に関係なく盲腸になるのはどんな行動や食事が原因なのか、普段からどんなことに気をつければ盲腸になるってしまうのを防げるのかについてご紹介したいと思います。

スポンサード リンク

盲腸は年齢関係なく気を付けよう

砂糖

砂糖を食べると、盲腸炎になりやすくなります。

子どもは甘いお菓子を食べ過ぎてしまうこともあることでしょう。

大人でも人によっては甘い物好きで食べ過ぎてしまう人もいますね。ですから甘いお菓子が好きな人はセーブするようにしましょう。

どうしても甘いお菓子が食べたい時は、除菌ハーブを飲んで様子を見てみてください。

砂糖を餌にしてたくさん腸内に増えた悪玉菌が、もっと自分たちの餌になるものを寄越させようとして「甘いものが食べたくな〜る〜☆*゜」と宿主に信号を送るのです。

だから、自分の意志で甘いものを我慢するのが難しくなるのです。

除菌ハーブのサプリメントは、サプリンクスというショップなどのアメリカサプリメント通販サイトで販売しています。

スポンサード リンク

リノール酸

下手な油を摂取すると、体内に炎症を起こします。

油は酸化しやすいですね。オメガ6系のリノール酸を摂取すると特に、体内に炎症をもたらします。

油は、新鮮な油を使い、あまり高温で加熱せずにいただくのが良いです。

そしてリノール酸は、摂り過ぎに注意しましょう。ごま油とか大豆油とかに多いです。

少なくとも、盲腸炎の兆候が現れたらしばらく砂糖と油は食べないようにして、痛みが収まるのを待ちましょう。

ビタミンCが効いた

炎症を鎮めるビタミンCは、摂取することで盲腸炎の痛みを和らげ自然に治ることに役立ちます。

ビタミンCは、活性酸素を除去することに役立ちますよね。

案外、ストレスとかでビタミンC不足になることで、盲腸炎が出てきたりするものです。私の経験上、ビタミンC不足の時に甘いものを食べたりすると盲腸あたりがシクシク痛むことがありましたがビタミンCを摂取すると割とすぐに治っていました。

甘いものはなるべく食べないようにしたいですが、食べるときはビタミンCとかしっかり摂取すると盲腸炎にかかりにくいと思いますよ。

スポンサード リンク

最後に。盲腸に年齢は関係なし!

腸炎には、年齢関係なくかかるということについてご紹介しました。

子どもでも、甘いものを食べ過ぎると危ないですが、それに限らず他の要因もいろいろ重なって盲腸が起こるのでしょう。

体に良い食事を心がけて、ビタミンやミネラルが不足のないような生活を送っていれば盲腸にもかかりにくくなります。

そして、もし盲腸を切るのが嫌なら…嫌でない人は少ないと思いますが、里芋パスター(湿布)や、ゴボウの絞り汁というのも試してみてはいかがでしょうか。

私としては、ゴボウの生のしぼり汁なんて土が多く付いたゴボウのしぼり汁ですからどんな細菌がいるかと思うと飲まないほうが良さそうにも思えますから、もし心配な人が同じようにいたら、里芋パスターのみ試してみれば良いでしょう。

里芋の粉でもいいそうなので、里芋の粉を買って水と小麦で練ってガーゼに伸ばしてお腹の痛いところに貼ると盲腸が治りやすくなるでしょう。

スポンサード リンク

血糖値高い症状は?早めに気付いて対策しよう!

血糖値が高い症状はなんでしょうか。糖尿病は、早めに気付いて対策することが大切です。

血糖値が高い状態が続くと、糖尿病の合併症の症状が出てきます。壊疽とかになったら、気付いたら手遅れで切断しなければならないということもあるみたいですから早めに血糖値の高い兆候に気付くことが大切です。

症状と対策について確認していきましょう。

スポンサード リンク

血糖値が高い症状

目が悪くなる

血糖値が高いと、目が悪くなるという症状が出ることも。高血糖によって毛細血管が潰れたり動脈硬化になったりしてしまうからですね。

糖尿病の合併症に網膜症がありますから気を付けないといけませんね

手や足が痛い

手や足に痛みやしびれを感じることがあります。血糖値が高いことによって、血管が老化してそのような症状が現れます。

手足の痛みは、先に神経がダメになってしまうとあまり痛みを感じず発見が遅れて壊疽になり手遅れになってしまうこともあるそうなので、他の症状が現れていないかどうかよく注意してみましょう。

歯周病になりやすい

歯周病になりやすいのも血糖値が高い症状です。歯周病は、血管が阻害されると起こりやすくなります。歯周病の菌に対抗する白血球とかが届かなくなった歯茎に歯周病菌が増殖してしまうからです。

歯茎自体、壊疽みたいになって腐ってきます。白くブヨブヨになったり、黒くなったりなど。

スポンサード リンク

多尿頻尿と体重減少

のどが渇いて、多飲多尿になります。おしっこの回数も増えますし、このような症状がみられたら血糖値が高い証拠かもしれません。

それから、糖尿病になると体重が減少します。血糖値が高いということは糖が細胞に取り込まれずにエネルギーにならず尿となって排出されてしまうということですから、エネルギー不足になって痩せてしまいます。

血糖値が高いのを防ぐ

血糖値が高い状態を回避するためにはどのようにしたらよいでしょうか。

活性酸素対策

活性酸素があると、細胞が酸化しますね。老化や万病の元として活性酸素は悪名高いです。

細胞膜が酸化すると、酸化した天ぷら油みたいにドロドロになります。インスリンが正常に分泌していても、細胞膜がドロドロだと感受性が悪くなってインスリンが効きにくくなり血糖値が高い状態になってしまいます。

ポリフェノールや水素やビタミンCなどで活性酸素対策しましょう。ビタミンEもいいですね。でもビタミンEはサプリメントで摂りすぎるとなぜか骨粗鬆症リスクがアップするそうですから過剰摂取は危険です。

■クロムの摂取

クロムというのは、必須ミネラルの一つです。これが不足すると、インスリンが足りていても、細胞膜が酸化していなくても結局ブドウ糖は細胞に入れてもらえず血糖値が高いままです。

GTFというものの生成に、クロムが必要で、GTFが細胞の内側からドアを開けてくれるみたいな役割です。最終的にGTFがないと糖尿病になってしまいます。

現代人は、このGTF不足の人が多いみたいである病院によると、糖尿病の患者さんたちにクロムを飲ませたら90パーセント以上の患者さんが糖尿病改善したらしいですよ。すごい割合ではないでしょうか?

クロム不足による糖尿病の人が多いんですね。普段からミネラル不足には注意しましょう。過剰摂取は害が出ていけませんが。

ビタミンD摂取もしくは適度な日光浴

ビタミンDは、自己免疫疾患の予防に効果的です。ビタミンDがあると、自分の免疫細胞が自分を攻撃するというのを防げます。

一型糖尿病は、この自己免疫疾患によって膵臓のインスリンを分泌する場所そのものが壊滅的になり、まったくインスリン分泌されないのでインスリン注射が欠かせなくなります。

ですから、毎日日光浴したりして紫外線によってビタミンDを合成しましょう。毎日30分位の日光浴が良いでしょう。あまり浴びすぎても活性酸素が発生するので。またはサプリメントビタミンDを補給しましょう。ビタミンDサプリメントは、ビタミンD3とかがありますがビタミンD3のほうが効果が強いのでとか。

ビタミンD2が植物由来でビタミンD3が動物由来みたいですよ。

スポンサード リンク

最後に。血糖値が高い症状

血糖値が高いと、このような症状が出てきてしまいます。しかし、血糖値が高いのを防ぐのは意外と簡単ですね。

普段から栄養や血糖値を急激に上げない食事方法を習慣化していきましょう。

そうすれば糖尿病を予防、改善できるでしょうからね。

ビタミンD

ビタミンC、ポリフェノール、水素など活性酸素を除去するもの。

クロムを始め、マグネシウム亜鉛などミネラル。

甘いものを食べる前には水溶性食物繊維。パウダーも売ってますから紅茶やコーヒーに混ぜて飲むと良いでしょう。

それから、油っこいものの食べ過ぎに注意。アルコールの飲み過ぎに注意。

以上、糖尿病についてご紹介しました。

スポンサード リンク

糖尿病は甘いもの関係ない!食べなくても糖尿病になる

糖尿病は甘いもの関係ないです。甘いものを食べない人も糖尿病になります。

糖尿病のことをよく知らないうちは、甘いものを食べないから糖尿病にはならないだろうと安心してしまったりしますが、実は糖尿病はミネラル不足とかビタミン不足とか活性酸素の影響で誰でもなってしまうかもしれないのです。

予防方法について確認していきましょう。

スポンサード リンク

糖尿病と甘いものの関係

甘いもの関係ない!

糖尿病になるのは、一型、二型とありますね。

一型糖尿病は、ウイルス性の膵炎や、自らの免疫細胞が膵臓を攻撃して破壊してしまう自己免疫疾患が原因です。

予防方法は、自己免疫疾患の予防に効果的なビタミンDを摂取すること、日に当たること。屋内にばかりいる人は、紫外線に適度にあたりビタミンD合成しましょう。

それから炎症のもとになるものを排除することです。活性酸素とか、オメガ6系リノール酸の過剰摂取とか。オメガ6は必要ですが摂り過ぎはいけません。

ウイルスに対抗するにはビタミンC。風邪の時やウイルスの流行る季節はビタミンCをこまめに補給しましょう。

ビタミンCで、致死性のウイルスと戦って生き残った海外の人もいます。帰宅して高熱がなかなか下がらないのでビタミンCを大量摂取していたら、ビタミンCは血液に飽和すると下痢になるのですがいつものように下痢にならず、結局その日でまるまる一瓶のビタミンCを飲んでしまって、次の日病院に行ったら実は男性と同じ場所で食事をした何人かはウイルス感染で亡くなっていたけどその男性はビタミンCによってウイルスと戦えたから助かったことが判明したというもの。

■二型糖尿病 二型糖尿病を予防するには、クロム不足に気を付けることと、活性酸素対策をすることです。

クロムは、ある病院では糖尿病患者の90%以上に改善効果があったそうです。

クロムはGTFという細胞を増やします。GTFは、ブドウ糖が血液から細胞へ移動するのに必要なものです。

インスリンにばかり注目が集まっていますが、たとえインスリンがあってもこのGTFがないと高血糖状態が続きます。糖尿病になってしまいますね。

それから、活性酸素によって細胞膜が酸化するとインスリンがあっても感受性が悪くなります。インスリンが効きにくくなるんです。

細胞膜は油ですから酸化するとドロドロになります。通過しにくくなりますね。ブドウ糖が細胞に入れず糖尿病になります。

スポンサード リンク

糖尿病なのに甘いものが食べたくなる

血糖値を上げない対策をすれば、甘いものを食べても被害が少なくなります。

■コーヒーをカップ半分飲んでから甘いものを食べる→クロロゲン酸によって血糖値の上がるのを抑えられる

■食物繊維、特に水溶性食物繊維を摂取してから甘いものを食べる。

しかし、甘いものがやめられないのは体内の悪玉菌が甘いものを餌にしていて、甘いものによって悪玉菌が増え、その悪玉菌が自分たちの餌をもっと宿主に摂らせようというので甘いものを食べたくなるように仕向ける脳内伝達物質を放出し、それに影響されて甘いものがつい食べたくなるという体質の完成です。

なので、悪玉菌を除菌するハーブ、オレガノオイルとかシナモンとかを摂取するとその甘いもの食べたいという衝動がピタリと収まることがあります。

シナモンは、肝臓に悪いクマリンという成分が含まれているので過剰摂取しないよう注意しましょう。しかし、血管を強くしてくれたりするシナモンは体に良い作用もありますから一日小さじ一杯くらいよシナモンがおすすめです。

しかし、セイロンとカシアシナモンなら、セイロンのほうがクマリン少ないのでそちらを買うと良いですよ。

ちなみにその悪玉菌というのはカンジダ菌という名前です。腸や果物野菜など普通に生息している菌ですが、善玉菌の多い人は善玉菌によってカンジダ菌は抑えられていますが抗生物質の投与などで善玉菌が壊滅状態の人はカンジダ菌が爆発的に増えたりします。

そして、カンジダ菌が増えると腸壁はカンジダ菌の出す毒素によって傷付き、リーキーガットという状態になります。すると、食物アレルギーが出たり、花粉症になったりなど過敏性な体質になってしまいます。

実は日本人の7割がリーキーガット体質だと言われています。花粉症やアトピーの人多いですね。腸粘膜が薄い人はリーキーガットのみならず、肌も薄くてアトピーとかになりやすいと言われています。

これらの情報は、アメリカンビタミンショップというサイトを参照しました。

スポンサード リンク

最後に。糖尿病は甘いもの関係ない

糖尿病は甘いものに左右されるのかというのをご紹介しました。

糖尿病で困ってしまうリスクは、甘いものを食べない人にもあるわけですから、クロムや活性酸素対策やビタミンDで予防しましょう。

活性酸素対策には、水素とかがいいですよ。ポリフェノール、ビタミンCも。

スポンサード リンク

糖尿病には一型二型がある。それぞれの違いを説明

糖尿病には、一型と二型があるのはご存知でしょう。糖尿病の一型と二型、どう違うのでしょうか。

一型は、糖尿病でお馴染みインスリンの分泌をする膵臓が炎症を起こしたりして機能不全になり糖尿病になるのを指します。

二型は、一型ほど壊滅的ではありませんがインスリンの分泌するタイミングがズレていたりインスリンの感受性が悪くなる糖尿病です。

詳しく確認していきましょう。

スポンサード リンク

糖尿病の一型・二型

特徴

一型糖尿病は、若者に多いです。一型糖尿病の人は、痩せていることが多いです。急に発症し急に進行します。インスリン注射が欠かせないのが一型糖尿病です。

二型は、中年以降の人で肥満の人が多いです。発症も進行ものんびりしています。インスリン注射も取り入れることもありますが食事療法や運動療法で治します。

二型糖尿病の防ぎ方

二型糖尿病の防ぎ方は、以下の通り。

■インスリン分泌に必要な栄養をちゃんと摂る。 タンパク質、亜鉛マグネシウム、ビタミンB群、ビタミンC、などビタミンミネラル一通り。

膵臓の負担となる甘いものや油もの、アルコールを摂り過ぎない

活性酸素除去と、活性酸素を発生させないようにする →細胞膜を酸化させないため。酸化した細胞膜は、ブドウ糖が通りづらくなるのでつまりインスリンの受容体の感受性が悪くなる。

■クロムを摂取しGTFを増やす クロムというのはGTFに必要な必須ミネラルで、GTFというのはブドウ糖が細胞に入るための最終段階で必要なもの。

スポンサード リンク

糖尿病一型の防ぎ方

ビタミンDの摂取が良いそうです。ビタミンDというのは、自己免疫疾患の予防になります。

一型糖尿病というのは、自己免疫によって膵臓のインスリンを分泌する部分が破壊されてしまうことです。自己免疫でなくてウイルス性のこともあるみたいですが。

ですから、ビタミンDで自己免疫疾患の予防をすれば一型糖尿病も防げますね。

一型糖尿病は、二十歳以降にかかる人が半数以上占めています。ビタミンDというのは紫外線によって合成されますが、日焼けを気にしてあまり日光浴しない人はビタミンD不足で一型糖尿病になりやすいかもしれません。

膵臓は再生しないと考えられてきましたが、自己再生能力があることが近年明らかになっています。

それはステロイド投与によるものです。副作用など危険なイメージのあるステロイドですが、血流を阻害することによって好琉球?白血球?とか、細胞を攻撃する免疫細胞が届きにくくなって膵臓が再生するのかもしれません。

スポンサード リンク

最後に。糖尿病の二型一型

糖尿病の二型と一型についてご紹介しました。

どちらにしろ膵臓に負担をかけないようにしないといけませんが、一型の予防にはビタミンDを、二型の予防には活性酸素対策と各種ビタミンミネラルタンパク質、そして脂質ですね。ホルモンの材料には脂質が不可欠です。でも摂り過ぎは血管プラークの原因になるので注意ですが。詳しくは真島クリニックというサイトにて。

あと、GTF生産のためのクロムと、甘いもの、お酒、油っこいものの摂りすぎ注意といったところですね。

スポンサード リンク

糖尿病は遺伝する?それとも環境が似てるのが原因?

糖尿病が遺伝性があると考えられているのは確かですが、本当に遺伝するのでしょうか。

答えは、半分当たりで半分ハズレです。糖尿病になりやすい因子は遺伝しても、糖尿病自体が遺伝するわけではありません。

さらに言えば、糖尿病は環境的な要因も加わらなければ発症しないと言います。つまり栄養状態や食生活の内容などです。

糖尿病の遺伝との関係や防ぎ方、改善方法を確認していきましょう。

スポンサード リンク

糖尿病の遺伝性

日本人は2型にかかりやすい

日本人は、遺伝的に2型の糖尿病にかかりやすいと言われています。

日本人は古来から穀物や野菜など質素な食生活をしてきた民族で、腸が欧米人より長いことはよく知られていますね。

でも、近年は日常的に肉を食べるようになって脂肪の摂取量が格段に増えました。

インスリンを分泌する膵臓にとっては脂肪過多の食事は負担が大きいのです。

なので膵臓からのインスリンの分泌が悪くなってしまう原因になります。

スポンサード リンク

食生活の遺伝

そして、家庭間で糖尿病などが遺伝するというのは、食生活が似ているからというのもあります。

糖尿病の原因になるのは、まずビタミンとミネラル不足な食事。

それから、活性酸素の発生するような食事です。

そして甘いものや脂肪や、アルコールのとり過ぎ。これらは糖尿病の発生要因となります。

ですから大切なのはビタミンとミネラルの必要量の摂取。そして、活性酸素は水素やビタミンCやポリフェノールで対策しましょう。活性酸素対策さえすれば糖尿病の合併症は防げますし、インスリンの効きも良くなります。

細胞膜を活性酸素による酸化から守ることで、ブドウ糖が細胞内に入りやすくなるからです。ドロドロの油を想像してください。酸化するとブドウ糖が細胞膜を通り抜けにくくなります。

農薬や放射能や添加物はなるべく控えましょう。そして甘いものや脂肪やアルコールは控えめにしましょう。

もし甘いもの欲求が強いなら、シナモンなど除菌ハーブを摂取すると収まります。体内で糖を好む悪玉菌の影響により甘いものが食べたいと思わされている…操作されているからです。

シナモンはクマリンの害があるので過剰摂取は禁物。肝臓を害します。他のハーブも活用しましょう。

スポンサード リンク

ミネラルについて

糖尿病の予防と改善に、クロムやマグネシウムが特に重要であるというのが明らかになっています。

クロムは、GTFを増やします。不足するとブドウ糖が細胞に入れず高血糖になります。

GTFがないと、インスリンが足りていても細胞膜が酸化していなくても糖尿病になります。

クロム不足に気をつけましょう。サプリメントで摂取するのがおすすめです。

どこかの病院では、90%以上もの人が改善しているらしいですよ。

あと、マグネシウムは体内酵素の多くのサポート因子で補酵素と呼ばれるんですよね。なので体内の働きが高まり活性酸素とかもSOD酵素によって除去されて糖尿病が軽快すると思われます。

スポンサード リンク

最後に。糖尿病は遺伝する?

糖尿病は遺伝するのかどうかということについてご紹介しました。

糖尿病は、別に病気そのものが遺伝するわけではないですが糖尿病になりやすい体質や食事などの生活習慣などが遺伝しやすいということですね。

食生活に気をつけましょう。そうすれば糖尿病の予防と改善になります。

この記事ではご紹介できなかったさらに詳しいことも他の記事でご紹介していますのでぜひご参照ください。

スポンサード リンク

糖尿病のインスリン注射って痛くないの?インスリンを自然に増やすには?

糖尿病のインスリン注射についてです。糖尿病の人は自分でお腹とかにインスリン注射を刺していますね。

痛みに弱い、注射が嫌いという人はインスリン注射なんて特に嫌だと思います。

インスリン注射は痛みが少ないように設計されていますが、なるべく自分でインスリンを増やせたらいいですね。インスリンの生成と分泌を増やしたり、膵臓をケアする方法についてご紹介します。

スポンサード リンク

糖尿病のインスリン注射

インスリン注射痛くないの?

糖尿病の場合、インスリン注射が痛くないのかが気になりますが、インスリン注射の針は短く細いのが特徴です。

ですから普通の注射針よりも痛みは全然軽いんですね。ですから注射嫌いの人も安心してください。

インスリン注射は、お腹に刺すのが定番ですが腕や太ももに刺す人もいます。

それでも痛いと感じる人、痛くないと感じる人がいます。脂肪の多さも関係しているようですから体型にもよるかもしれません。

しかし、麻酔シートもあるのでそれで注射の痛みを和らげることはできます。また、注射液が冷たかったりすると温度刺激で痛みを感じやすくなります。

また、痛点と無痛点というのがあります。無痛点をなるべく探し当てて注射しましょう。お腹の脂肪をつまんで注射の針の先をそっと当ててみて痛くなさそうなところに注射しましょう。

ちなみに海外では、無痛のレーザーによる注射が行われています。日本では、テルモという会社から出ている極細の注射針がおすすめです。

また、テルモよりさらに細い針もあって、蚊の口吻の形状を真似して作られた針があります。蚊に刺されてもチクっとするのを感じる人もいれば気付かない人もいますね。蚊の場合チクっとしてもそんなに痛くないのは、口吻の針の先が細かくギザギザになっていて痛点に当たりにくい仕組みになっているからです。

スポンサード リンク

そもそもインスリンて何?

インスリンというのは膵臓から出るホルモンですね。膵臓をケアすることも大切です。

膵臓が疲れてしまうのは甘いものの食べ過ぎや油っぽいものの食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎなど。あとストレスも膵臓に良くありません。

甘いもの、油、お酒の過剰摂取をしないように気を付けましょう。

インスリンを自然に増やす

インスリンは、自然に増やすにはインスリンの材料となるビタミンやミネラルをしっかりと摂取することが大切です。

糖尿病の原因に、必須ミネラルのクロム不足がありますがこれもミネラル不足ですよね。

クロムの投与でなんと糖尿病の患者さんの90%以上もの人が改善しているそうなので、インスリン不足によると診断された人もクロム摂取はおすすめします。

クロムが糖尿病に効くのは、GTFという、ブドウ糖を細胞内に入れるための警備員さんみたいなものの不足を改善するからです。

GTFがないと、たとえインスリンが足りていてもブドウ糖が細胞に入れず糖尿病になります。GTFはクロムがないと生成されません。

インスリン不足も、インスリンというホルモンの材料になる何かが不足している可能性がありますよね。

インスリンの材料には、タンパク質、ビタミンB群、亜鉛ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC、カルシウム、マグネシウムも大切です。

詳しくはこちらのサイトが参考になります。マグネシウムは特に、糖尿病予防にいいみたいです。 https://dm.medimag.jp/column/107_3.html

スポンサード リンク

最後に。糖尿病とインスリン

糖尿病とインスリンについてご紹介しました。

糖尿病とインスリンは切っても切れない関係。しかし、クロム不足も原因になっているらしいんですね。

クロムも摂取に努めていきましょう。マグネシウムで改善するのは、もしかしたらマグネシウムが体内のたくさんの酵素の補助として働く因子だからかもしれません。SOD酵素活性酸素を除去して細胞膜を正常に保つことでインスリンの効きが良くなるのかもしれないと思いました。

活性酸素による細胞膜の油の酸化は、細胞膜が古くなった油みたいにドロドロすることによりたとえインスリンを持っているブドウ糖でもその鍵を(インスリンを)上手く細胞膜の受容体に差せない場合があります。

なので糖尿病の治療には、3つが大切です。

■インスリン対策

活性酸素対策

■クロム摂取(GTF対策)です。

以上、糖尿病についてでした。

スポンサード リンク