暮らしと心

暮らしに役に立つ情報、心、体、などについて書いています!

鼻の毛穴の黒ずみ、角栓の原因は?乾燥を防ぎ保湿ケアで対策!

鼻の毛穴の黒ずみや角栓は、何が原因だと思いますか。いつの間にか鼻に角栓ができるようになってしまっていた、いつの間にか頑固な黒ずみがこびりついていたという人は少なくありません。

鼻の黒ずみや角栓は、パックをしてごっそり取りたくなってしまいますが、そのようなケアをしても黒ずみは取れなかったり、角栓もすぐに再発してしまうことがっ後おいんですよね。しかも、鼻に刺激が強くてパックをすると逆に角栓や黒ずみをひどくしてしまうのだといいます。

ではどうしたらいいのかというと、それは黒ずみと角栓が作られる原因を知り、正しくやさしくケアを続けていくことです。

今回は、黒ずみと角栓の原因と、対策法、予防方法をご紹介します。

スポンサード リンク

鼻の毛穴の黒ずみは、角栓が原因

鼻の毛穴に見える黒ずみというのは、角栓ができることがそもそもの原因なのです。角質のたんぱく質と皮脂が混じって角栓が作られます。

角栓は空気にさらされて酸化します。角栓が酸化することで黒ずみが作られるのです。鼻は顔の中でも皮脂が多く分泌されるところなので、皮脂づまりが起こりやすいといえます。

では角栓の原因は?角栓を防ぐ対策方法は?

黒ずみが角栓によるものだとわかったら、角栓を作らないように対策すればいいですよね。

では角栓はどうして作られてしまうのでしょうか。毎日洗顔しているのに、気づいたら、触ってみるとざらざらしています。いつのまに角栓が作られたのでしょう。

角栓が作られる原因は、主に3つの理由があるのです。

スポンサード リンク

【角栓の原因1.皮脂分泌が多い】 角栓は角質(たんぱく質)と皮脂が混ざってできたもの。オイリー肌だと毛穴づまりを起こしやすくなります。しかし、皮脂自体は液体ですから単にオイリーというだけでは毛穴が詰まることは少ないようです。

【角栓の原因2.乾燥】 実は、角栓が詰まってしまう最大の原因は乾燥なのです。乾燥肌とうるおい肌を比べてみると、乾燥肌は肌が硬く柔軟性がないですね。毛穴にも伸縮性がなくなるので、毛穴が詰まりやすくなるんです。

鼻の周りや口元は摩擦によってカサカサ乾燥しやすく、肌が硬くなって毛穴が詰まりやすいので角栓が作られやすいのですね。

しかも、乾燥していると乾燥から肌を守ろうとして余分に皮脂分泌をしようとする働きがあり、オイリーになってしまうことも多いのです。

【角栓の原因3.古い角質、メイク、汚れ】

年齢に伴って、自然とターンオーバーが遅くなってきます。若いころは新陳代謝が活発で、新しい細胞が次々に作られるので古い細胞は表皮から剥がれ落ちていきます。しかしターンオーバーが衰えると古い角質がたまりやすくなり皮脂と混ざって角栓ができやすくなってしまうのです。また、メイクが実は落としきれていないというのも角栓の原因です。

スポンサード リンク

角栓を予防する対策で鼻の黒ずみも解消!

角栓を作らないためには、クレンジング選びや洗顔料選びが大切です。あまり脱脂力の強いものは避けましょう。オイルやゲルのクレンジングが推奨されています。

そして、あまり高い温度のお湯は使わずにぬるま湯で洗顔しましょう。高めのお湯は皮脂を奪ってしまいます。

肌にやさしく、でも汚れはしっかり吸着したいという場合は粘土が配合された洗顔フォームを使うといいでしょう。

モンモリロナイトやカオリンなど粘土が汚れをしっかり吸着してくれます。

それから、洗顔の際にごしごし擦ったり刺激を与えると肌がダメージを受けてセラミドなどの保水成分が減ってしまうといわれています。

角質対策には保湿が大切ですから、乾燥しないようなケアをすることと、セラミドヒアルロン酸など保水の役割を担っている成分を化粧水などで補給するのもいいでしょう。

それから、普段から脂取り紙を使っている場合は皮脂を取り除きすぎて逆にオイリーになっている可能性があるので、ティッシュで軽く抑えるくらいにしましょう。

そして週に2回くらいピーリングを行うと、古い角質をオフできて角栓ができにくくなります。ピーリングといっても肌に刺激になるようだと逆効果になるかもしれないので、肌にやさしいピーリングができる製品を探すと完璧ですね。

スポンサード リンク

まとめ

いかがでしたか。鼻の毛穴の黒ずみ、角栓は過剰な皮脂分泌や乾燥、古い角質、落ち切れていないメイクなどが原因ということがわかりました。

なるべく肌を乾燥から守り、保湿を心がけて角栓を予防しましょう。そして肌の新陳代謝を促す食べ物や、化粧水、クリームなども探してみるといいでしょう。ターンオーバーを促す系のコスメは美容効果も高く、シミを押し出して透明感のある肌に導いたりシワも軽減するという効果も同時にあるので毛穴や黒ずみの悩みだけでなく肌全体がきれいになります。

肌にやさしい無添加のコスメを選ぶというのもポイントになるので、ザ エッセンス セラムとかラ・ミューテ 美肌セットなどがおすすめです。

毛穴の黒ずみ、角栓はごそっと取ってしまいたくなりますが、それをぐっと抑えて保湿ケアを根気よく心がけていきましょう。

スポンサード リンク

透明感のある肌になる方法とは、ズバリ「水分保持量」をアップさせること!

透明感のある肌になる方法、それは角質の水分保持量を高めることです。肌はすりガラスのようなものだと表現されます。

すりガラスに水をかけると透けて見えるようになりますね。肌は、何枚ものすりガラスが重なって構成されているようなものと考えてみてください。

表面のすりガラスだけに水をかけても、透明感はそれほどありません。一枚一枚、すべての層のすりガラスに水をかけることで透明感が高まります。

肌の表面に対しては、保湿ケアをしている人が多いことでしょう。しかしそれでも透明感のある肌にならないのは、肌の表面から奥の方まですべての角質層の水分保持量が高くなっていないからだと考えられます。

肌の美しさの条件は、人それぞれ違うかもしれませんがただ色が白いというよりは、肌が黄色っぽくても地黒でも、透明感があると美しく見えるものですよね。これは、肌の水分保持量が高いため透明感があるように見えるのです。

では、肌の水分保持量を高めて肌の透明感を増す方法は、具体的にどんなお手入れの方法があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。 スポンサード リンク

肌の透明感を高める方法・・・セラミドを守る、増やす

肌の水分保持量を高めるということが肌の透明感を高める方法だというのが明らかになりましたね。

では、肌の水分保持量を高めるにはどのようなケアをしたらいいのかというと、「セラミド」を守り増やしていくことです。

肌を乾燥から守っているものは、セラミドのような「細胞間脂質」と「天然保湿因子」、「皮脂膜」という3つがありますが、その中でもセラミドは角質層における水分保持の80パーセントもを担っているのです。

なので、セラミドをいかに減らさないように守り、増やしていくかというのが透明感のある肌を作る方法のカギになります。 スポンサード リンク

肌の透明感を高める方法。セラミドを減らさないためには?

セラミドは加齢とともに失われていくといわれています。セラミドは、「洗いすぎ」「触りすぎ」など肌への刺激によって失われていくといわれています。

洗顔料を見直すこともセラミドを守るために必要です。オイルクレンジングや合成界面活性剤など洗浄力の強いものは、脂質であるセラミドを洗い落してしまうのです。

脱脂力の強いクレンジングや洗顔料はなるべく避けて、肌に穏やかな製品を使うようにしましょう。

また、肌をこすったりグリグリマッサージしたり、過剰にマッサージしたり、美顔器のローラーをコロコロしたり、肌をパッティングして叩いたりというのも肌の内側に弱い炎症を起こさせてしまいます。

そのような肌へのダメージはターンオーバーを乱れさせる原因になり、セラミドの生成にも悪影響が及んでしまうので、あまり肌の触りすぎや刺激のし過ぎは良くありません。

ジェルやクリームなどを手に取って滑りをよくした状態で軽いタッチでリンパを流す程度にとどめておいた方がいいでしょう。

また、紫外線によるダメージや睡眠不足もターンオーバーを乱れさせる原因になってしまうのでなるべく避けましょう。 スポンサード リンク

セラミドを外から補う

セラミドを配合している化粧水やクリームなどを日々のスキンケアに使用するというのもセラミドを増やして肌の透明感をアップさせる方法です。

人の肌に存在するセラミドには11種類が確認されていますが、それぞれ役割が異なるようです。セラミド2が特に高い水分保持機能を持っていて、さらに皮膚に最もおおく存在するセラミドセラミド2なので、セラミド2が配合されている化粧水やクリームを使うといいでしょう。 スポンサード リンク

まとめ

いかがでしたか?肌の透明感を得る方法は、肌の水分保持量を高めることだというのがわかりましたね。セラミドは角質層に多く存在し、水分保持機能にとって重要なポジションの成分です。

まずはセラミドを洗い流さないようにクレンジングや洗顔料を見直し、さらに紫外線や睡眠などターンオーバーを正常に整えてセラミドを生成させることを心がけてみましょう。

そして効果を早く得るためにはセラミド、特にセラミド2の配合されているコスメでケアしてみましょう。 スポンサード リンク

コンロの掃除に酢・重曹で泡パック!焦げ付き、油汚れを簡単オフ!

コンロのお掃除には何を使っていますか?洗剤なんて使わなくても、体に優しいお酢と重曹で焦げ付き汚れやべっとりしつこい油汚れをオフできるんです。

コンロは毎日使う場所ですから、気が付いたら汚れが頑固にこびりついていて、一筋縄ではお掃除できないということも多いですよね。こまめにお掃除するにも、お酢が役に立ちますよ。

今回は、コンロのお掃除に重曹とお酢を使ってコンロをピカピカにお掃除する方法をご紹介します! スポンサード リンク

軽いコンロの汚れにはお酢でお掃除!

コンロ周りの軽い油汚れなら、お酢と水を1:3くらいに希釈したものをスプレー容器に詰めて、コンロ全体にスプレーしてからしばらくの間放置して、布でふき取ります。

体に優しいお酢ですが、除菌効果もあるのでフライパンの淵からぽとりと食材が落ちやすいコンロ周りのお掃除に最適です。

頑固なコンロの汚れには重曹&お酢で泡パック!

頑固な汚れには、重曹ペーストにお酢を大匙1くらい混ぜて泡を発生させてパックするのが効果的です。

さらに強力にするなら重曹にキッチン用の洗剤を混ぜてペースト状にしてからお酢を大匙1くらい加えて泡を発生させたものをコンロ周りの頑固な汚れのところに塗って、1時間くらい置いておきます。それからふき取るときれいさっぱりお掃除できます。

スポンサード リンク

それでも取れない頑固な焦げ付き汚れはマイナスドライバーで!

コンロ周りはだいたい拭き掃除できれいになりますが、コンロの五徳となると焦げ付き汚れが頑固にこびりついてしまっていて、いくら浸け置きしてもなかなか汚れが取れないことが多いですよね。

こまめにお掃除していれば、重曹ペーストや重曹での浸け置きでもどうにかなることもありますがずっと放置してかピカピにこびりついた焦げ付き汚れはドライバーなどを使ってこそげ落とさないときれいにはなりません。

その際は、なるべく重曹水に長時間漬け込んで汚れを浮かせることが大切なポイントになります。

できれば一晩くらい浸け置きしてふやかしておいてから、マイナスドライバーなどを使って五徳の焦げ付き汚れを削り取りましょう。

これで、あきらめていた五徳の頑固な汚れが見事に落ちましたので、同じように五徳の汚れで悩んでいる場合はぜひ試してみてください。

材質によっては塗装が剥げてしまったり傷がついてしまうこともあるかもしれないので、自己責任になりますが私は焦げ付き汚れよりはましだろうと思ってマイナスドライバーで削り取ってしまいました。結果、問題なくきれいに汚れだけ落ちましたよ。 スポンサード リンク

まとめ

いかがでしたか。コンロの焦げ付き汚れ、頑固な油汚れもお酢と重曹で落とすことができるんですね。

洗剤はよく水拭きしないと体に悪い成分が残るので、食材を扱う台所では体に優しいお酢や重曹を使ってお掃除したいという人は多いのではないでしょうか?

コストパフォーマンスもよいお酢と重曹、ぜひお掃除や暮らしに役立ててくださいね。 スポンサード リンク

カサカサのかかと、原因はひょっとして水虫!?対策方法とは!

カサカサのかかとは、いったい何が原因でカサカサになってしまうのでしょう。原因として考えられることは、いくつかあります。

カサカサのかかとは水虫が原因になっていることもありますし、角質のケアをしすぎて逆効果になりカサカサかかとになっていることもあります。

かかとを見てみてください。白い粉が付いたように見えていませんか?その場合は水虫が原因の可能性があります。

今回は、カサカサのかかとの原因を知り、適切に対策するための方法をご紹介します。

スポンサード リンク

カサカサかかとの原因【かかとに過度な刺激がある】

仕事がら、立ち仕事が多い人、あるいは趣味でスポーツを日課としている人など、かかとに刺激が多いと足裏を守ろうとして角質が厚く丈夫になります。

ペンだこができるのと同じように、同じ部分に繰り返し摩擦や圧力がかかる状態では皮膚が分厚く固くなるのです。

靴が足に合っていなくてかかとが圧迫されるような状態でもかかとが厚くなりカサカサになる原因になります。また、角質を削るような足裏のケアをしている場合も、過ぎたるは猶及ばざるが如しで足裏を守ろうとする働きによってかえって角質が厚く固くなるのでカサカサになってしまいます。

ちょうど、オイリー肌の人が顔の皮脂を取ろうと念入りにケアした結果、肌を乾燥から守ろうと余計に皮脂が分泌されてしまう悪循環と似ていますね。

とにかく、このような原因でかかとがカサカサしてしまっている場合にはまずかかとへの刺激や負担を和らげてあげることが一番の解決方法です。

足に合った靴の見直しや、かかとサポーター、かかとクッションなどを使ってかかとへの衝撃を和らげるのもいいでしょう。 スポンサード リンク

カサカサかかとの原因【乾燥肌】

カサカサかかとの原因は、血行が悪くなったり加齢によって毛細血管が減り、栄養分が行き届かないことも原因の一つです。

血行が悪くうなるとターンオーバーが正常に行われず、古い細胞がなかなか剥がれ落ちずに蓄積していくことになります。

その結果かかとがカサカサに乾燥して分厚く角質がたまった状態になってしまうのです。

対策方法としては、血行を良くする食材を食べるとか、漢方を使って血虚やお血を治していくということがあります。

また、新陳代謝に必要なたんぱく質やビタミン、亜鉛などのミネラル類を摂取したり、新陳代謝に必要な甲状腺ホルモンが少なくないかなどもチェックしたいポイントです。

また、血行を改善して新陳代謝を改善するのが根治する方法ですが、それまでは保湿クリームなどを使ってかかとをケアするのもいいでしょう。

保湿クリームはなるべく無添加や自然のオイルがいいでしょう。皮膚から吸収された毒素は排出しにくいといわれていますし、徐々に蓄積した経皮毒キャパシティーオーバーになったときに一気に症状として噴出するといわれているので体に良いものを使うにこしたことはありませんからね。 スポンサード リンク

カサカサかかとの原因【水虫】

白い粉がついたような状態になっていたら、そのカサカサかかとの原因は水虫も考えられます。

水虫というとかゆみがあるイメージですが、かゆみがないタイプの水虫というのもあるので検査を受けてみて、もし水虫だったら治療しましょう。

薬を使うのが嫌だという人は、食事や自然療法で治したという人をお手本にしてみてください。

例えば炭水化物の過剰摂取や砂糖は水虫の原因である真菌を増やしてしまう原因になりますから食習慣を見直すというのも根本的に治し再発させない一つの方法です。

まとめ

いかがでしたか。かかとのカサカサの原因は一つではなくて、かかとへの過剰な刺激や乾燥、水虫などいくつかあるということですね。

原因に対して的確に対策が取れるように、まず普段の生活を見直して、原因を探ってみましょう。そしてしっとりやわらかいかかとに戻れるように対策を実行に移していってくださいね。

スポンサード リンク

洗濯物で毛玉ができるのを防ぐ方法5選!

洗濯物は、摩擦によっていつの間にか毛玉がたくさんできてしまいますよね。特に、袖口やお尻の部分、内股部分などよく擦れる部分は毛玉ができやすいです。

洗濯の際にいくつかのポイントに気を付けるだけでも、洗濯によって毛玉ができるのを防ぐことができます。

洗濯の際、どんなことに気を付ければ毛玉ができにくくなるのか、その方法を5つご紹介します!

スポンサード リンク

毛玉を防ぐ洗濯方法【裏返す】

お気に入りの衣類は、裏返して洗濯することで表に毛玉ができるのを防ぐことができます。毛玉は摩擦によって発生するので、洗濯機の中でほかの衣類とこすれるのを防げるというわけですね。簡単なのでぜひお試しください。

毛玉を防ぐ洗濯方法【ネットに余裕を持たせない】

ネットに衣類を詰め込むとき、あまりぎゅうぎゅうに詰め込むと汚れ落ちが悪くなるのでこれは推奨されていないですよね。

なのでネットには余裕を持たせて入れて洗濯しているかもしれませんが、そうすると衣類の可動範囲が広くなってしまいますので衣類同士が動くスペースがあると摩擦が大きくなり毛玉が発生しやすくなってしまいます。

なので、ほどほどにキツめにネットに詰めて洗濯するようにしましょう。

手洗いで洗う

やっぱり、洗濯機だとどうしても衣類がガラガラ回されてダメージが大きくなり毛玉ができやすくなります。

なので、なるべく手洗いで洗ったほうが毛玉ができづらいです。普段使いの服だとどうしても面倒くさくて洗濯機に入れてしまいがちですが、毛玉ができやすい素材のものやお気に入りのお洋服はぜひ洗面所を使って手洗いで洗ってみてください。 スポンサード リンク

柔軟剤を使う

柔軟剤は、静電気を防いでくれます。なので、静電気による摩擦を防ぎ毛玉ができるのを予防することができます。柔軟剤は肌が敏感な人は使えない人もいるので無理にお勧めしませんが、もし柔軟剤を使いたくない人は、クエン酸グリセリンを柔軟剤代わりにすれば静電気が起こりにくいといわれています。

クエン酸60グラムに対し、グリセリン大匙1を500mlの水に入れて混ぜてペットボトルなどに保管しておき、それを一回の洗濯で30mlほど柔軟剤として使います。

毛玉ができにくい洗剤を使う

アクロンなど、毛玉ができにくい洗剤が販売されています。アクロンのシルキータッチ成分は衣類を着ている間のこすれ毛玉から守ってくれます。

すでにできてしまった毛玉を取る方法

すでに毛玉ができてしまったお洋服、どうしていますか?外に来ていくのにはなんだか抵抗がありますし、かといって捨ててしまうにはもったいない。部屋着になっているという服も多いのではないでしょうか。

特に綿素材と化繊の混合された素材は毛玉ができやすく、しかも取れにくいですよね。

お気に入りの服に毛玉ができてしまったら、なるべく毛玉を取って長く着ていきたいものです。しかし毛玉取りをすると生地が薄くなってしまうのにお気づきでしょうか。

だんだん薄っぺらくなってしまうなんて嫌ですよね。そこでお勧めしたいのがキッチンスポンジを使って毛玉を取る方法です。この方法はクリーニング店も推奨している取り方で、簡単なのにきれいに毛玉が取れるんです。しかも生地を傷めにくい!

やり方は、ただキッチンスポンジのごわごわした面の方で軽く毛玉のところをなでるだけできれいに毛玉が取れます。

衣類だけではなく、ソファのカバーや布製のソファなどにも使えますので毛玉の木になるところにいろいろと試してみてくださいね。 スポンサード リンク

まとめ

いかがでしたか。毛玉は洗濯の際にも衣類がこすれるのでできやすいですが、ちょっとした工夫で防ぐことができますのでぜひお試しください。

洗濯が臭い原因と対策法3選!洗ったのに臭い原因と対策法は?

洗濯が臭い原因は、雑菌やカビが原因です。洗ったばかりなのに臭いとほんとに残念な気持ちになりますし、どうしていいかと途方にくれますよね。

でも雑菌やカビが原因ですから、除菌すれば洗濯物の嫌な臭いも一掃できます。では、除菌にはどのような方法があるのでしょうか?

洗濯物を除菌して嫌な臭いを解消する3つの対策法をご紹介します!

スポンサード リンク

洗濯物が臭い!【高温乾燥機で除菌】

洗濯物が臭い時、おうちに衣類乾燥機があれば加熱乾燥させれば雑菌は除菌できます。高温の熱風で、雑菌を一気に簡単に死滅させられます。

しかし、高温に強い素材の服でないと衣類も傷んでしまいますから注意しましょう。綿素材は熱に強いので乾燥機で高温で乾燥させても大丈夫ですが、絹やナイロンは熱に弱いので注意が必要です。

しかし、ナイロンは綿に比べて雑菌が繁殖しやすいので、臭いが付きやすい素材でもあるんですよね。でも大丈夫です。ナイロンは、高温には弱いですが「薬品に強い」という性質を持っています。なので、酸素系漂白剤を使って除菌すれば臭いもすっきりすることでしょう。

洗濯物が臭い!【酸素系漂白剤で浸け置きして洗濯】

酸素系漂白剤に浸けて大丈夫な素材は、綿素材、ナイロンをはじめとする化繊、麻などです。アルカリ性の酸素系漂白剤によって、菌のたんぱく質が溶かされて死滅し、除菌できます。

ただし、アルカリ性のためウールや絹など動物性の素材には向きません。たんぱく質なのでアルカリによって変質してしまう可能性があります。また、木製など自然素材のボタンがついていたり、金属の金具がついている服(ただし素材によっては大丈夫なこともあり)や草木染、生成りも酸素系漂白剤の使用は向きません。

一般的な洗濯物なら、だいたい酸素系漂白剤で浸け置きしておけばいやな雑菌臭いにおいも取れることでしょう。

では、酸素系漂白剤で嫌なにおいを落とす方法ですが、詰めた水よりも40 度から50度のお湯に酸素系漂白剤を「染み抜き」の記載されている分量を溶かし、1時間~2時間くらい浸け置きしてから洗い流して、洗濯機で普段通り洗濯します。

酸素系漂白剤を洗剤と一緒に洗濯機に入れて洗うというのは、雑菌の予防には使えますが、すでに臭くなってしまった洗濯物を除菌するだけの力はありません。なので、すでの臭くなってしまっている洗濯物は、高濃度の酸素系漂白剤で除菌した方がいいのです。

液体タイプの酸素系漂白剤よりは、粉末の酸素系漂白剤の方が効果が高いので粉末タイプを使いましょう。 スポンサード リンク

洗濯物が臭い!【熱湯で煮沸消毒】

洗濯物がバスタオルほど大きなものでない場合は、お鍋の中で煮洗いして煮沸消毒してしまいましょう。

高温になるので、綿や麻素材限定になります。化繊やシルク、おしゃれ着ウール、マイクロファイバーは煮洗いしない方がいいので注意しましょう。

付近や、綿素材のタオル、コットンTシャツなどが臭いというときにお試しください。色物と白いものは混ぜないで別々にしないと色移りするかもしれないので注意しましょう。また、鍋はアルミ鍋でなくステンレスやホーロー鍋を使いましょう。

まず、お鍋にお湯をたっぷり沸かして、お湯一リットルに対して小さじ一の粉せっけんを加えます。沸騰しているところに加えると吹きこぼれるので、いったん火を弱めて入れましょう。

弱火にして20分から30分くらい煮洗いします。トングで洗濯物をつかみ、バケツなどに移して水ですすぎます。あるいは衣類が落ちないように気を付けながらお湯を捨てて、水を入れてすすぎましょう。そして、Tシャツなどの衣類の場合はさらに洗濯機に入れて洗剤は入れずに洗います。

これで嫌な臭いや皮脂汚れがすっきり除去できていることでしょう。粉せっけんは、皮脂汚れをよく落としてくれます。

煮洗いをすると、汚れもにおいもすっきり落ちるのでクセになるといっている人もいます。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。 スポンサード リンク

まとめ

いかがでしたか。洗濯物が洗っても臭いという場合は、雑菌が繁殖してしまっているのが原因なんですね。

この臭い雑菌は、皮脂汚れが残っていると繁殖しやすいということもわかっているので、衣類の汚れを日ごろからしっかり落とすということも大切です。皮脂汚れはアルカリ性で落ちやすいので、重曹や粉せっけんでの煮洗いも定期的に行うと予防になるでしょう。

スポンサード リンク

ダウンの洗濯で臭い!洗濯すると羽毛が臭い理由と対策方法!

ダウンの洗濯で臭い!ということがありますね。ダウンの中身は羽毛です。羽毛はたびたび、洗うと臭くなるということがあります。

ダウンの洗濯で臭くなったら、まずは乾かしてみましょう。完全に乾かせば、臭いはかなりましになるといわれています。

もしそれでも臭い場合は、ダウンの中身の羽毛が日本製ではなくて海外製の場合があります。その場合はにおいが出なくなるまで繰り返し洗うしかありません。

あるいは、羽毛がなかなか乾かないためカビが発生してしまい臭くなっている場合もあります。

ダウンなど羽毛製品を洗濯すると臭いが出る原因と、防ぐ方法や対策方法についてご紹介します! スポンサード リンク

ダウンの洗濯はなぜ臭い?

ダウンの中身の羽毛は、水鳥からとれるものです。水鳥の羽には雑菌や油分がついていますね。それが溶け出して臭いにおいが発生するということです。

日本のものは、戦場の基準値があるので雑菌や油分が落とされているので洗濯しても臭いということはないといわれています。しかし海外製のものは、コストをカットするために充分に洗浄していないものもあります。

中国製やその他海外製のダウン、羽毛布団などを購入した際は、洗濯して水に濡らすと臭いにおいが発生する可能性が高いのですね。

ダウンの獣臭いにおいを消す方法

ダウンの洗濯で発生した獣のような臭いは、ひたすら洗濯を繰り返して雑菌や油分を落とすしかありません。

本来製造者側がしてくれるはずの洗浄を、自分で行うのです。コインランドリーを活用して洗濯と乾燥をすると楽でしょう。

ただし、ダウンの羽毛はたんぱく質でできているので高温には弱いです。変質してしまうかもしれないので、乾燥機は低温乾燥機だけにしましょう。高温乾燥器は使わない方がいいです。低温乾燥機か自然乾燥で乾かしましょう。

そして、羽毛の油分をなるべく早く落とすには、重曹が役に立ちます。重曹は弱アルカリ性ですよね。なので酸性の汚れである油汚れや皮脂汚れを中和して落としてくれる働きがあります。

たんぱく質はアルカリにも弱いので、洗濯の時は中性洗剤を使うのが基本ですが、臭いにおいがなかなか取れないというときは仕方がないので少し、スプーン1杯の重曹を入れて洗濯してみるといいでしょう。 スポンサード リンク

カビ臭、生乾き臭の対策

水鳥の羽毛の獣臭いにおいだけではなくて、なかなか乾かない状態が続くとカビが発生してしまったり、雑菌が繁殖して生乾き臭が発生してしまうことがあります。

ダウンは乾きにくいですから、なるべくお天気の良い日が続く時期に洗濯したり、低温乾燥機を使って短時間で乾かすのがお勧めです。

実際に、お天気の悪い日が続くときに羽毛布団を洗濯してしまった人で、カビ臭が発生してしまったという話を聞きます。

ちなみに、羽毛は乾かすときに羽毛をほぐさないと乾いたときに固まって団子状になったり、偏ってしまうことがあるので生乾きになるまでの間、2時間おきくらいに羽毛をほぐすようにしましょう。

もし乾いてから羽毛が固まってしまったり、偏ってしまっていたりしてぺしゃんこになってしまっているようなら、もう一度水に濡らして脱水して、生乾きになるまでの間ほぐすようにすれば復活するので試してみてください。 スポンサード リンク

まとめ

いかがでしたか。ダウンの羽毛が臭いにおいになってしまうのは、洗濯によって濡れて羽毛の雑菌や油分が溶け出してくるのが原因のようですね。

また、なかなか乾かない場合はカビが発生してしまってカビ臭いにおいになってしまうこともあります。

獣臭いにおいが取れない場合は、臭いが採れるまで洗濯を繰り返しましょう。それから、カビが発生しないようになるべくお天気の続く日に洗濯したり、低温乾燥機を使って短時間で乾かしましょう。 スポンサード リンク