読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしと心

暮らしに役に立つ情報、心、体、などについて書いています!

アルプスマーモットの生態。アルプスの珍獣マーモットは人間そっくり!?

アルプスに生息するマーモットという珍獣をご存知ですか? 動く姿が可愛らしく、また人懐っこいことで人気のあるマーモットは、実はリスの仲間なんです。 マーモットは「ジリス」という地上で生活するリスに分類され、ジリスの中では体格は最大といわれてい…

ミミズは鳴く?ミミズの鳴き声といわれているものの真相

ミミズが鳴くといわれているのはご存知ですか?梅雨や夏の夜などに「ジーーーー」と鳴く鳴き声を聞いたことはありませんか? あれがミミズの鳴き声ではないかと一部の人に考えられているのですが、あのミミズからあんな鳴き声が出るなんて信じがたいですね。…

ハリネズミとハリモグラの違いは?実は全然違った!

ハリネズミとハリモグラの違いは、パッと見色が白いか黒いかというくらいですよね。 しかし、実はハリネズミとハリモグラは体の大きさも、出産方法も全く違う別の生き物だということが調べてみてわかりました。 今回は、ハリネズミとハリモグラそれぞれの特…

イヌワシ【最強の猛禽】生息地、生態、特徴とは?

イヌワシの狩りを見たことありますか?イヌワシは最強の猛禽の一つでハンティング能力が素晴らしく高く、オオカミやシカなどの大型の動物まで仕留めます。 そんなイヌワシの姿に感動して、俄然興味がわいたのでイヌワシについて調べてみました。まずそもそも…

カケスの種類・鳴き声・知能・生態~青カケス・ルリカケス・ミヤマカケス~

カケスは羽の色が綺麗な野鳥で、体長33センチほどのカラス科。カラスの仲間です。青カケスは特に羽の色が鮮やかな青でとても美しく、しかも人懐っこいことで知られています。 そんなカケスにはいろいろと種類があります。北海道に生息しているミヤマカケスや…

セミは人を刺すこともある!ケーブルもよく刺す。セミを素手で触るときは注意

セミは口吻を木に刺すことで樹液を吸いますが、まれに人を口吻で刺すこともあるので注意が必要です。セミに刺されたという人は激痛だったと感想を挙げているので、セミを手に止まらせたりを素手で行うのは危険を伴うということを頭に入れておいて、夏は注意…

セミは蛍光灯に集まってくる!LEDに換えるのがセミ対策に効果的!

セミに限らずですが、虫は蛍光灯に集まってくるので、LEDに変えたほうがセミや虫が寄ってこなくなりますよ。セミが苦手な人にとって、夏の夜は玄関のライトなどにセミが集まっていて帰宅するのに一苦労ということもあるのではないでしょうか。蛍光灯など明る…

渡り鳥の種類〜夏鳥、冬鳥、旅鳥〜

渡り鳥の種類は、夏鳥と冬鳥、旅鳥の3種類に大まかに分けることができます。 今回は、渡り鳥の種類と生態についてご紹介します。 スポンサード リンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 渡り鳥〜夏鳥〜 夏鳥は南の方の国から、春〜夏にか…

セミのエサは?セミの幼虫、成虫は何を食べるの?

セミのエサは樹液だといわれていますが、幼虫は何を食べて土の中で生きるのでしょうか。セミの成虫は樹液だけで、他には何かエサとして食べているものはあるのでしょうか? セミのエサについて調べて分かったことをご紹介します。 セミの幼虫のエサ セミの幼…

セミは食べると美味しい!?天ぷら、素揚げ、燻製でセミを食べる調理法

セミを食べる地域もあるといわれています。沖縄が代表的ですが、東京でも「セミを捕まえて食べてやろう」という目的で活動している会がありますよ。 セミを食べるというのは結構インパクトが強いですが、イナゴの佃煮のように昔から虫を食べてきた風習がある…

セミの羽化の時間帯、かかる時間は何時間?セミの羽化についてご紹介!

セミの羽化は夕方から夜にかけての時間帯に行われます。昼間に羽化をしているセミは見たことがありませんよね。そのため、普段はセミの羽化に遭遇することも少なく、セミの羽化に立ち会えた時はなんだか神秘的で感動します。 セミはなぜ夕方から夜にかけての…

セミの一生って?〜卵から幼虫、羽化から成虫まで〜

セミの一生はどんなのか、気になりますよね。セミの命は一夏の短い命ですが、土から出てくるまではどんなふうにして暮らしているのでしょう。 また、土から出てきたセミはどのようにして羽化して大人のセミになり、何を食べてどんな1日を過ごしているのでし…