暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

ダイエットにこんにゃくご飯を活用する方法と効果

ダイエットにこんにゃくご飯を活用してみませんか? こんにゃくを加工して、ご飯粒みたいに炊けるという「こんにゃくご飯」を知っていますか? 正しくは、「こんにゃく米」という名前で通販などで売っていますね。

 

こんにゃく米を活用するメリットは?ダイエット効果は?炊き方は?値段は?など、こんにゃく米の疑問について調べてみました!

スポンサード リンク
 

こんにゃく米のメリット、ダイエット効果は?

こんにゃく米は、低カロリーで食物繊維が豊富です。 食物繊維は、血糖値の上昇を抑えて、緩やかな上昇になるようにしてくれます。 お腹が空いて、いきなり白米を食べると、血糖値の急上昇が起こりやすいです。

 

血糖値の急上昇は、太りやすいだけでなく、糖化や低血糖症にもなりやすいです。 なので、食物繊維の多いこんにゃくや野菜を食前、食中に食べることによって、ダイエット効果と健康効果があるのですね。

 

「食べる順番ダイエット」という、野菜から食べて、お肉、最後にごはんを食べるというダイエット方法がありますが、つい忘れてごはんをパクリとやってしまうという時、こんにゃくご飯入りなら血糖値の上昇も緩やかになり、ダイエット効果が期待できますね。

スポンサード リンク
 

こんにゃく米の味、炊き方は?

こんにゃく米だけで、というのはもちろんNGです。 炭水化物はたしかに太りやすいですが、でも最低限は摂らないと健康に支障が出るといわれています。 なので、ご飯に混ぜて炊くのですが、これが結構美味しいと評判みたいですね!

 

こんにゃく米を混ぜて炊いた時のほうが美味しい、と感じる人もいます。 においも気にならないみたいです。こんにゃく臭いのでは?と心配な人も、安心できますね(これは、マンナンヒカリという商品の口コミなので、商品によっては匂いや味が違うものなのかもしれませんが)。

 

また、水で洗ってからお米に混ぜる商品と、水洗い不要で、押し麦みたいにそのまま混ぜられる商品があるみたいです。 毎日のことだと、水洗い面倒くさい!となることもあるので、水洗い不要のほうがおすすめです。

 

ところで、どのくらいの分量炊けばいいのでしょうか? 1袋分を一度に炊くのがいいでしょう。パッケージに書いてあると思いますが、1袋と、白米1合半で、2合分の水を入れ炊飯します。

 

でも、お箸でご飯をつまむと、コンニャク米だけが粘りがないので、お箸の間からすり抜けてしまうみたいで、スプーンのほうが食べやすいみたいです。

スポンサード リンク
 

こんにゃく米の値段、種類

生こんにゃくを混ぜて炊くと、普通にしっかりした固めのご飯に炊くこともできるようですが、マンナンヒカリのような乾燥こんにゃく米は、柔らかくベチャッとしたご飯に炊けてしまうようで、水加減を調整してもダメみたいです。

 

なので、固めご飯が好きな人は生こんにゃく米がおすすめ! でも、ご飯を冷凍する習慣のある人には、乾燥こんにゃく米がおすすめです。 解凍した時、生こんにゃく米だと水分が出てきてしまって味が落ちてしまいます。

 

乾燥こんにゃく米は、冷凍しても品質が落ちないので大丈夫です。 また、こんにゃく臭さが嫌な人も、乾燥こんにゃく米がおすすめです。 生こんにゃく米だと、シラタキをお米のように形を整えただけなので、どうしてもこんにゃく臭さが残ります。

 

スポンサード リンク
 

こんにゃく米の値段は、商品によっていろいろですが、1袋100円くらいです。 無農薬のこんにゃく米というのもあります。お米とかも無農薬にこだわるなら、こんにゃく米も無農薬のがおすすめです。

 

ただ、こんにゃく米は原料に貝カルシウムを使ってるのが気になります。悪玉カルシウムといわれていますよね。 気になる人はやめたほうがいいかもしれません。代わりに、「麦ごはんダイエット」なんていかがですか?

まとめ

さて、こんにゃく米についてご紹介しました! こんにゃくでなくてもいいのですが、食事の時は食物繊維から食べましょう!

スポンサード リンク