暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

ダイエットの朝ごはんに、アボカドはあり?太る?

ダイエットの朝ごはんに、アボカドはありなんでしょうか。太るのでしょうか。 アボカドは、森のバターと呼ばれるほどとっても脂質が豊富な野菜ですよね。脂質といえば、ダイエットの敵というイメージがあります。

 

とにかく高カロリーです。 しかし、脂質は消化されにくいので、すなわち腹持ちがいいということなので、お腹が空きにくくて、少量をダイエットに活用するというダイエット方法もあります。

 

では、アボカドはどうなのか?調べてみたところ、なんとアボカドを食事の前に食べて痩せるというアボカドダイエットというものが存在するみたいです! そんなアボカドダイエットについてご紹介します。

スポンサード リンク
 

アボカドダイエットはなぜ痩せる?

アボカドは、カロリー自体は高いです。1つあたり223キロカロリーという高カロリー。 でも、アボカドには代謝をアップさせてくれる「オレイン酸」という脂肪酸が含まれています。

 

また、利尿作用があるので塩分によるむくみ太り、水太りにも効果が期待できます。 また、意外と食物繊維がとっても豊富なんです!なので、便秘解消、便秘予防にも効果的で、それがデトックスになりダイエットにつながります。

 

毒素を溜め込むと、脂肪燃焼が妨げられてしまい痩せにくくなりますからね。 また、食物繊維が豊富なので、食事で食べる白いご飯やパンなどのGI値の高い食品も、糖が吸収されにくくなり血糖値の急上昇を防ぐことができます。

 

スポンサード リンク
 

それがダイエットや健康、美容になるんです。 血糖値が急に上がると、膵臓が慌ててインスリンを大量放出しますが、インスリンは脂肪を溜め込む働きもあるので太りやすいのです。

 

また、血糖値が上がりすぎると、余分な糖が体のあちこちにくっついて、細胞のタンパク質が劣化して「糖化」という現象がおこります。これによって、骨がもろくなったり肌が黄色くくすんだり、その他老化現象が起こるのです。

 

でも、食前にアボカドを食べると、それらが起こりにくくなります。血糖値のコントロールに、アボカドが一役買っているんですね。

アボカドダイエットのやり方は?

アボカドダイエットは、食事の前に1個食べるというダイエット方法です。バターの代わりにお料理に使ったりもできます。 ただし、アボカドを食べるときにマヨネーズを使うとカロリーが高くなりすぎてしまいます。

 

スポンサード リンク
 

なのでお醤油やワサビ、あるいは塩など低カロリーなものと合わせて食べるといいでしょう。 なんにでも合う(?)柚子胡椒で食べるのもいいかもしれません。ピリ辛です。 そして、朝ごはんでパンを食べるときは、バターを塗るのではなくてアボカドを塗るといいです。

 

目玉焼きを乗せてボリューム満点のアボカドパンを作ってはいかがでしょうか。 パンで挟んでアボカドサンドにしたほうが、食べやすいかも。目玉焼きも乗せると、ボリューム満点でとても見た目にも満足感があります。

まとめ

さて、いかがでしょうか。 アボカドを食前に食べるだけ!というこのお手軽さ。 そして、大好きだけど高カロリーでどうしようかと迷っていたアボカドで、ダイエットもできてしまうという至福!

 

アボカドでダイエットできるというのは、アボカド好きなダイエッターには嬉しいお知らせですね♪ しかしくれぐれも食べ過ぎないようにしましょう。アボカドを単品で食べるダイエットは、リバウンドします。

スポンサード リンク
 

 

それから、アボカドの分の摂取カロリーは、食事のどこかからマイナスしないとカロリーオーバーで痩せにくくなります。 かといって、炭水化物を全く食べないというのは、体調を崩すのでやめましょう。

 

ある程度は炭水化物も食べないと、どれだけ食べても満腹感を感じなくなってしまうという症状が出てしまう可能性があります。 また、脳のエネルギー源のぶどう糖が長期に渡って補給されないと、過食の引き金になることもあります。バランスよく食べて、健康を維持しつつダイエットしましょう。

スポンサード リンク