暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

ダニを確実に退治する方法&グッズ!

ダニ退治に効果的なグッズっていろいろ販売されていますよね。だに捕りシートとか、だに除けスプレーとか、布団用の掃除機とか。でも、使った人の感想を見てみると、効果がないと言っている人もいて、本当に効くのかな?と疑念が湧いてしまいます。

そこで、確実にダニを死滅させる方法をご紹介したいと思いますが、その前に定番のダニ捕りグッズの問題点や、後悔しない購入のポイントをご紹介いたします。

スポンサード リンク


ダニ捕りシート

だに捕りシートはメーカーによっても品質や値段が様々ですね。ダニの好む匂いでおびき寄せて粘着シートでキャッチするという仕組みなので、比較的人の体にも安全性が高いのはメリットです。

しかし、実際粘着シートを拡大して見てみると、ベタベタしている粘着シートの上を、なんとダニが自由自在に歩き回っている=あんまりダニをキャッチできていないという現実も明らかになっています。

ダニ除けシートを購入する際は、ダニを実際何匹捕獲できたのかデータを公開しているメーカーのを購入すると安心です。また、公式サイトで買ったほうが、偽物を掴まされる可能性がなく安心ですよ。

そうなんです。ダニ捕りシートには、名前までおんなじで販売している偽物もあるので、そちらを購入してしまった場合には効果が劣るなど問題があります。引っかからないためには、ある程度ダニ捕獲効果が明らかにされているメーカーの、公式サイトから購入すると安心ですし、失敗がないでしょう。

スポンサード リンク


ダニ除けスプレー

ダニ除けスプレーは、人の体にも悪影響がある可能性がありますから、化学物質に敏感な人は使用しない方が賢明です。

布団用掃除機

高額ですから敷居が高いですね。それに、ダニ捕りシートがポンと置くだけ、ダニ除けスプレーがシュッシュとスプレーするだけなのに対して、布団や毛布など隈無く掃除機掛けるのは、なかなかの労力要りますよね。

せっかく掃除機を買っても、効果があまりなかったらがっかりです。とはいっても、やっぱりダニの死骸とか糞とかは、アレルギーの原因にもなるので掃除機で吸い取った方が良いんです。

普通の掃除機だと上手くダニを吸い込めないと思うので、掃除機を試したい人は、ノズルだけ布団用のノズルを購入して装着して使うという製品もあるので、そちらを試してみると良いでしょう。

普通の掃除機のノズルで吸うのとは違って、叩き出しながら吸うのが特徴です。これからダニを確実に退治する方法をご紹介しますが、ダニの死骸は残るので、このように掃除機で吸い取ることも考えなければいけないでしょうね。

スポンサード リンク


布団乾燥機

布団乾燥機で、50度、60度くらいに布団全体を温めることで、ダニが確実に死滅します。ためしてガッテンで紹介されていた方法ですね。よく日向に干しておけばダニが死滅するのではと期待して、カンカン照りの日に布団を干しても、布団の裏の涼しいところにダニが逃げてしまい、あまり意味はないといわれているのです。

しかし、ダニもタンパク質で出来ていますから、高温によってタンパク質は変質して死滅させることができます。生卵が熱せられてゆで卵になるみたいに、変質するんですね。50度なら30分くらい、60度なら一瞬で死滅するといわれています。

ただし、布団乾燥機にも善し悪しがありますから、口コミを見て決める必要がありますね。ダニ除去と謳いながら、あんまり高温にならない乾燥機とかもあるようなので、注意してください。

それから、ベッドマットや布団の裏側から熱が逃げるので、ダニもそちらに避難してしまうのを避けるために、アルミシートなど敷いて、断熱してベッドマットやふとん全体が50度以上になるように使わないと、せっかくの布団乾燥機もダニ除去効果がないでしょう。

強アルカリで洗濯

さて、もう一つが、強アルカリによるダニ除去です。普通に洗濯しても、ダニは水の中でも生きていますし、繊維にしっかりしがみついているのであまりダニ除去効果は期待できません。

それどころか、素早くしっかり乾かさないと、湿気によってなおさらダニが増えてしまうという失敗談もあるのです。そこで、強アルカリの出番です。アルカリ性は、タンパク質を溶かしますよね。

塩素系漂白剤などを触るとその部分の皮膚がぬるぬるすると思いますが、これも皮膚が溶けている証拠です。ダニの身体もタンパク質で出来ているので、強アルカリで溶けてくれるのでしょう。

ともかく、布団クリーニングの業者さんも、強アルカリ水によってダニを除去するといわれています。布団クリーニング業者さんに、布団や毛布を預けてみるというのが確実な手段です。

もし家で試したい場合は、色物でない白い生地なら塩素系漂白剤でダニ除去できます。 ダニを捕まえて、塩素系漂白剤に浸したら見事全滅したという実験をした人がいます。

目に入ると危険なので気を付けて扱いましょう。肌に付くと肌荒れする可能性があるのでビニール手袋やゴム手袋をしたり、付いたらすぐ洗い流しましょう。それから、他の洗剤などと混ざると有毒ガスが発生するので気を付けましょう。

重曹も、アルカリ性ですね。そのままだと弱アルカリ性ですが、水に溶かして沸騰させると強アルカリになります。それを洗濯に使うというのも効果があるかもしれませんね。

重曹は油汚れとか強力に落とすので、お掃除に是非活用すると良いですよ。安くて環境にも人体にも優しく、湿気取りにも使えますし、臭い取りにも使えます。重曹風呂はデトックスにも良いんですよ。

スポンサード リンク


バルサ

さて、寝具だけでなくて、部屋中のダニを退治したい!というときはバルサン焚きましょう。化学物質に敏感な人は注意が必要ですが、カーテンやフローリングなどからもダニを一掃できます。

ネットで見つけた話なのですが、中国製のラグを買ったらそのラグに付いていたのか、ダニが大繁殖してしまい手に負えなくなってしまったそうで、そんな場合でもバルサンで無事に除去できたようです。バルサンでなくても、部屋全体に殺虫剤が広がるタイプのダニ除去グッズなら頑固なダニにも効果が見られるようです。

さて、いかがでしたか?ダニ除去にはいろいろなグッズがありますが、買ってみてもいまいち効果が現れないということもあります。確実にダニ除去するためにも、布団乾燥機、布団クリーニング業者、バルサンなどを検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク