暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

絨毯、カーペットを自宅で3ステップでクリーニングする方法。洗い方をご紹介します!

絨毯、ラグ、カーペットを洗いたい時、クリーニングやさんに出さなくてはいけないのか、それとも自宅でクリーニングできるのか、気になりますよね。

クリーニング業者に頼むと費用も掛かってしまいますし、持ち込むのも大変です。絨毯などは裸足で歩いて雑菌が溜まっていくところでもありますし、食べカスや髪の毛が落ちることによってダニも増えやすいところですから、なるべく定期的に洗ってきれいに保ちたいものですよね。

そこで、自宅で絨毯などをクリーニングする方法や、もし自宅で洗えない場合にクリーニング業者に頼むとき、とっても便利な宅配クリーニングサービスについてご紹介します。

スポンサード リンク

ウォッシャブルなら確実に洗える

あなたのお家で使っている絨毯やラグ、カーペットはウォッシャブル仕様ですか?最近はお家で丸洗いできる!ということを売りの一つにしている製品も数多くありますよね。購入した製品が、ウォッシャブルなら洗濯表示に従いながら、洗濯機で丸ごと手洗いできることでしょう。

しかし、到底洗濯機に入らないような絨毯の場合は、洗濯機に放り込むというわけにもいきませんよね。その場合は、絨毯、カーペットを敷いたまま、雑巾に薄めた中性洗剤を付けて、拭き掃除をすることになります。

では、まずは洗濯表示を見ていただいて、水洗いが大丈夫なようでしたら自宅でのクリーニングに移りましょう。もしも、水洗い不可なようでしたら、クリーニング業者でドライクリーニングをしてもらいましょう。

クリーニング業者では、有機溶剤を使って、水を使わずに汚れを落とす技術があります。水に触れると縮んでしまったりなど難しい素材の場合には、ドライクリーニングしてもらうと良いでしょう。

おすすめは、宅配クリーニングサービスの「リネット」や「リナビス」などです。自宅まで宅配やさんが引き取りにきてくれて、洗い終わったら届けてくれるので楽ですよ。

しかし、あらかじめ髪の毛やペットの毛があるならば、それらをキレイに掃除機などで吸い取ってからでないと、お断りされてしまう場合もあるのでまずは掃除機やコロコロでゴミを取り除きましょう。

では、もし水洗いできるようなら、自宅でどのようにお掃除するかを簡単3ステップでご紹介します。

スポンサード リンク

1.まずは髪の毛などを取り除く

洗濯機で洗う場合も、雑巾で拭き掃除する場合も、まずは掃除機などでゴミを取り除きましょう。犬や猫を飼っているご家庭では、落ちた毛がたくさんくっついているかもしれませんね。

特に、毛足の長いカーペットや絨毯の場合は、毛足に動物の毛や髪の毛が絡んで、たくさん潜んでいることもあるでしょう。掃除機で取れればよいのですが、もし取れにくい場合はコロコロを使うという手もあります。しかし、コロコロだとカーペットの毛が逆立ってしまい、傷んでしまう可能性もありますよね。

そんなときには、ゴム手袋を使うとカーペットを傷めずに簡単に髪の毛や動物の毛を取り除くことができます。ゴム手袋をはめて、カーペットや絨毯をこするだけで、毛が取れるのでお試しください。

2.洗剤で拭き掃除

普段使っている食器用の洗剤を用意して、桶やバケツに汲んだ水で希釈して使います。希釈の倍率は、洗剤の種類によって違いますので、洗剤の仕様をよく読んで、水で薄めましょう。

そして、その水に雑巾を浸して、しっかり固く絞ります。この時、絞り方が緩いと後で洗剤を落としにくくなってしまうので気を付けてください。絞れたら、その雑巾でカーペットの毛並みに沿うようにして毛の根本まで洗剤が行き渡るように拭いて、しばらくの間放置しておきましょう。

スポンサード リンク

色落ちに注意 カーペットの色や素材によっては色落ちしてしまうことがあるので、注意しましょう。素材がウールの場合は中性洗剤といえども、0.25%くらいに薄めて使うことをおすすめします。それ以外の素材なら、1%くらいで大丈夫でしょう。

しっかり汚れを落とすには、市販で販売されているカーペット用のクリーナーなどを使うと良いのですが、色落ちしてしまうこともあります。また、肌にやさしい万能な重曹クエン酸を使うという手もありますが、天然素材のカーペットや絨毯だと変色や変質のリスクがあるので、中性洗剤を使った方が無難です。

3.水拭きで洗剤を拭き取る

さっきのとは別の雑巾に、水だけを含ませてしっかりと固く絞り、水拭きしてカーペットの洗剤を落としましょう。雑巾をすすいで絞って、洗剤が落ちるまで繰り返し水拭きしましょう。

洗剤が残ると異臭が発生してしまう原因になりますし、裸足で歩いたときなどに、洗剤の合成界面活性剤が足に付いてしまうという問題があります。肝臓にも影響するといわれているので、赤ちゃん、お子さんのいるご家庭では特にしっかり水拭きしてあげた方が良いでしょう。

毛並みを傷めないように、あまりゴシゴシせずに洗剤を落としていきましょう。最後に乾いた雑巾で乾拭きしたら、クリーニング終了です!

スポンサード リンク

おまけ 毛並みをふわふわに復活させる方法

毛足の長いカーペットの場合は、毛並みがヘタってしまったり、家具をおいた場所がヘコんでいたりしますよね。カーペットを購入したときみたいに、ふわふわに戻したい!という場合、業者さんに頼まなくても、自分でふわふわに戻す方法があります。

カーペットの専用ブラシと、スチームアイロンかドライヤーを用意してください。まず、雑巾をぬるま湯で湿らせて絞り、カーペットを拭きます。水分を与えるわけですね。カーペットのクリーニングの後なら、すでに湿っていますからこの工程は不要です。

スチームアイロンなら低温で、ドライヤーなら温風毛並みに当てながら、専用ブラシでブラッシングしてあげましょう。アイロンの場合は、ぎゅっとしてしまってはダメなので、浮かせてスチームを当てながら、ブラシを掛けてあげましょう。やけどには気を付けて、注意して行ってください。

その後はドライヤーで乾かしたりして湿気を飛ばせば、カビやダニを防げます。カビもダニも嫌ですから、湿気はしっかり飛ばしましょう!外に干す場合は、日光に直接当たると日焼けして変色してしまうことがあるので、陰干しすると良いでしょう。

毛足が長いと、毛が絡まってふわふわでなくなってしまうとおもいますが、そのような時にもこの方法でブラッシングすれば、毛が一本一本しっかり立ってふわふわが戻りますよ。

スポンサード リンク

まとめ

さて、いかがでしたか?絨毯やカーペットの掃除は、意外と覚えるのは簡単そうですね。でも広範囲を掃除するのは、それなりに手間がかかりそうです。

大変でやってらんない!という場合はクリーニング業者に頼むか、こまめに自分でお掃除したい場合は、ウォッシャブルのに買い替えるという手もあります。

ともかく、汚れや雑菌が溜まりやすい絨毯は、定期的にクリーニングしたほうが良いといえますね。

スポンサード リンク