暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

ダニの掃除機、安くて効果的なのは?布団ノズルなら1000円代でOK!

布団やベッド、掃除機かけていますか?ダニの糞や死骸は、掃除機で吸い取らないとどんどん溜まっていってしまいますよね。その溜まったダニの死骸や糞は、寝返りをうつたびに舞い上がって、気づかない内に吸い込んでいます。

たかがダニと甘くみるのは、危険かもしれません。ダニによるアレルギー、そして喘息などは命の危険もあるといわれています。それに、ダニの死骸は生きているダニのエサになりダニが増えてしまう原因にもなります。

掃除機で一週間に一度くらいの頻度で、布団やベッド、そして毛布などの掛け布団にも掃除機をかけるといいのですが、床を滑らせているノズルで、そのままベッドや布団に掃除機がけするのはあまり衛生的ではありません。布団や毛布を巻き込んでしまって、上手く吸引できないということもあり、お掃除がスムーズに行かないのも悩みどころですね。

となると、布団用の掃除機が必要なのではないかと思ったりもしますが、なにしろ値段が高くて購入をためらってしまいませんか?

実は、ダニの糞や死骸をを吸い取るだけなら、そんなに高性能な布団用掃除機でなくても良いんです。

そこで、この記事では、安くて効果的にお布団やベッドに掃除機をかけるグッズをご紹介します。また、ダニは生きたままだと布団の繊維にしがみついて掃除機で吸うことはあまりできないので、布団乾燥機を利用してダニを死滅させる方法もご紹介します。

併せて行うとダニ退治にとても効果を発揮することでしょう!

スポンサード リンク

布団用ノズルを使う

掃除機に付けられる布団用のノズルというのがあって、1000円代でも購入できます。

しかも効果はバッチリで、使用した人の感想をみると、白い粉のようなものがたくさん取れた、かゆみなどのアレルギー症状が出なくなったなどの感想が見られます。

そして、軽い操作感で、ほんとに吸引しているの?と感じるくらいスイスイお掃除ができます。この布団用のノズルは、たいてい、どの掃除機にも取り付け可能です。

もしピッタリと設置できなかったり、掃除機を使っている途中で外れたりしてしまう場合は、ビニールテープなどを巻いて固定して使うと良いと推奨されています。

Amazonで調べてみると、パナソニックのノズルが評判が良いです。日立とかの掃除機に付けて使っている人もいて、違うメーカーでもちゃんと使えているようです。

実際に、どんなノズルがどのくらいの値段で販売されているのか、またそれを使った人の感想は?などご紹介しますね。

まずご紹介するのはこちら。

Amazonで、お値段は1,354円です。ローラーで叩いてダニを吸い取ります。布団がくっつきにくくお掃除しやすいです。27センチで幅が広いので、広い面積のお布団やベッドも手早くお掃除できます。

ほとんどの掃除機に使えますが、一部使えない掃除機もあります。こちらを使った人の感想では、白い奇怪な粉のようなものがたくさん取れたというのがいくつかみられます。

埃じゃないの?と思いますが、よく見ると埃ではないそうな。目のかゆみや鼻水などのアレルギー症状が収まった人もいるのでこれは良い商品ではないかと思います。

しかし、叩いて吸い取るローラーでないと効果はないのでしょうか?実は、もっとシンプルな仕様の、ただ布団などがくっつきにくいような仕様になっているだけのノズルも売られているのです。

こちらの方がもっと安いのですが、それでもダニの死骸はちゃんと取れるのでしょうか?

粉のようなのが取れたというレビューは見つかりませんでしたが、布団はくっつかずに楽ーに掃除機をかけられるようです。

楽天では100円代で売ってます。

Amazonでも200円代です。

スポンサード リンク

100均ダイソーにも売っている

さらに、100円ショップのダイソーにある掃除機ノズルもあるんです。

叩き出すような高性能なモードは付いていませんが、布団が掃除機にひっつきにくくなるので、スイスイ楽に掃除機をかけることができます。

ダイソーに行くことがあったら、ついでに探してみてはいかがでしょうか?少し横幅が狭い感じな印象なので、楽にお掃除するならパナソニックのを購入した方がいいかもしれません。

スポンサード リンク

布団用ノズルはいらない?ストッキングで代用できる!

究極は、普段の掃除機のノズルに、ストッキングをかぶせることでも代用できるとのことです。

布団に直接ノズルが触れずに、さらに布団や毛布などを巻き込みにくく、スムーズに吸引できるのです。要らないストッキングがあれば、試してみるのもいいかもしれませんね。

ただし、私が試してみたところ、ストッキングを被せるとローラーが転がらないので、滑らせるのに結構力がいります。結局、パナソニックのノズルを購入しました。

生きたダニは吸い取れない!?

ダニは、生きたままだと布団の繊維にしっかりしがみついて、なかなか吸い取れないので、ダニをまず退治してから除去するという流れがポイントです。

ダニを退治するには駆虫スプレーを撒くのも一つの手ですが、体にも悪いのであんまりおすすめできません。

それに、布団全体にスプレーするとなると結構すぐになくなってしまいますし、コストの面でも健康の面でも定期的なダニ退治がしにくいです。

ダニを確実に退治するのは、「熱」です。ダニノカラダハタンパク質でできていて、タマゴや肉を熱すると固まるように、ダニの体も熱で変質して退治することができるのです。

でも、布団を日干しにするくらいの熱ではやっつけられません。

50度で20分~30分、60度なら一瞬で退治できるのですが、日干しにすると、裏側の日の当たらない涼しいところに逃げてしまうのでダニを退治できないのです。

そこで、おすすめなのが布団乾燥機や、アイロンを使ってダニ退治をすることです。

布団乾燥機は、ダニモードが付いているのもありますよね。でも、その割にはあんまり熱くならない、というかぬるい、という感想が見られるような、あまり性能が良くない商品もあるようです。

購入の際は、ネットで口コミやレビューを調べて、良さそうなのを購入しましょう。そして、使い方もポイントです。

つまり、日干しのときと同じ状態ではダニに逃げられてしまいます。なので、布団やベッドマットの下に、アルミシートなどを敷いて熱が逃げないようにし、掛け布団側にもアルミシートをかぶせて保温しとけば、バッチリでしょう。

ためしてガッテンでは、布団の場合だけですが、布団に垂直になるように布団乾燥機を置いて、布団を折りたたんで布団乾燥機を挟むようにすると、効率よくダニを退治することができるというのを紹介していました。

ベッドマットは折り曲げられないので、アルミなどの断熱シートを使いましょう。

スポンサード リンク

アイロンでダニ退治!

それから、布団乾燥機よりも手間はかかりますが確実なのが、アイロンを使ったダニ退治です。アイロンは結構高温ですよね。

家庭用のアイロンは、高温モードだと、180度から200度くらいでますから、ダニを一瞬のうちに退治することができます。

布団の中の方まで熱を届かせるのは難しいですが、少なくとも表面近くにいるダニを退治することはできますし、毛布くらいの厚みなら、裏も表もダニを退治できるでしょう。

布団乾燥機は高額なお買い物で当たり外れもあるようですから、取り敢えずはアイロンでダニ退治をためしてみて、ダニに刺されなくなるかとか、様子を見てみるといいかもしれません。

アイロンを使うときは、やけどしないように注意しながら、一カ所に数秒かけながら移動していきましょう。

スポンサード リンク

まとめ

さて、いかがでしたか?ダニは布団乾燥機やアイロンなどの高温で熱して、死滅させてから掃除機で吸い取ると、効果的に退治することができるんですね。

掃除機は、高い布団用の掃除機をわざわざ買わなくても、ノズルを変えれば充分ダニの死骸や糞を吸い取って除去してくれます。

ダニの卵は、一週間、二週間くらいで成虫になるので、お掃除も一週間に一度くらいは行うと、ダニの増えるのを防ぐことができるでしょう。

早速、Amazon楽天ダイソーなどで布団用ノズルを入手してみはいかがでしょうか?

スポンサード リンク