暮らしと心

暮らしに役に立つ情報、心、体、などについて書いています!

洗濯槽から下水の臭い!タイプ別3つの対策法!

洗濯槽のあたりから、なにやら下水みたいな臭いがしてくるというとき、どのように対策したらいいのでしょうか?

ここでは、3つの排水口のタイプ別に、対策法をご紹介しています。

ご家庭の排水口の状態を調べて、3つのうちから、対策法を選んでお試しください。 スポンサード リンク

1.防水パンに排水口がある場合

洗濯機の下に隠れている、排水口を確認する必要があります。排水口には、いくつか種類があるのでご家庭によって違うと思いますが、一番多いのは、四角い防水パンの中に排水口があるタイプです。

防水パンに排水口がある場合は、排水トラップという仕組みによって、本来は、下水のような臭いがするはずはないのです。このタイプでも下水のにおいがする場合は、排水トラップのコップの中に、水が入っていないのかもしれません。洗濯機を使っていなかったりすると、水が蒸発してしまうことがあります。水によって臭いが上がってくるのを防いでいるので、排水トラップに水が入っているのか、いないのかを確認して、もし入っていなかったら水を入れる必要があります。また、防水パンなのに、排水トラップがないという場合もあるようで、その場合は排水トラップを購入して取り付けましょう。

水口は、フタと管みたいなのを外したら、排水トラップが出てきます。排水トラップは、時計回りに回して、上に持ち上げて外します。その下に、コップのようなのがありますよね。そに、水が入っていなかったら水を入れましょう!

その後、排水トラップを元に戻しますが、4箇所凹んでいるところをフィットさせて右に回し、カチッと音がしたらOKです。ここをしっかり元に戻さないと、下水の臭いが上がってきてしまう原因になってしまうので気を付けてください。

水口のフタと、管も戻して終了です。水漏れしないように、しっかり管を元に戻しましょう。

2.排水管に排水ホースを直接差し込んである場合

アパートでよく見られるタイプですが、隙間ができてしまっているためどうしても下水の臭いが上がってきやすいのです。

この場合、排水トラップを設置するか、ふたをするというどちらかの対策法がありますが、ふたをする方が費用がかかりません。

ふたをするのは、排水エルボというのと、防臭ゴムというのを用意して、排水管のところに防臭ゴムを付けて、排水エルボを取り付けるという簡単さです。

防臭ゴムは、小さすぎると使えないので、排水管の穴の大きさを測って防臭ゴムを買いましょう。 スポンサード リンク

3.排水口に排水ホースを差し込んである場合

こちらのタイプも、隙間から下水の臭いが上がってきてしまうので、隙間をパテで埋めてしまいましょう。

よく、エアコンの管を通す時にも使われたりしますが、効果がある方法です。

まとめ

さて、いかがでしたか?3つの排水口のタイプごとに、それぞれ適切な対策方法があるということが分かりましたよね。

あなたのご家庭は、どのタイプでしょうか?早速確認して、必要なものを揃えて対策しましょう!

まとめると、 ・防水パンに排水口があるなら、防水トラップの水があるか確認し、防水トラップをカチッとしっかり閉める。

・排水ホースが排水管に直接差し込んである場合、防臭ゴムと排水エルボで埋める。

・排水ホースに排水口が直接差し込んである場合、隙間をパテで埋める。

以上です。 スポンサード リンク