読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしと心

暮らしに役に立つ情報、心、体、などについて書いています!

観葉植物の水やり頻度は?春夏秋冬、季節では違う?

観葉植物の水やりはどのくらいの頻度で行えばよいのか迷いますね。水やりを間違ってしまうと、根腐れしたり枯らしてしまいますし、水やりは的確でないといけません。

水やりのタイミングや、水はどのくらいあげたらいいのか、観葉植物の正しい水やりの方法をご紹介致します!

土の表面が乾いたら

水やりをするタイミングは、基本は土の表面が乾いたらです。

ハイドロボールでも同じく、表面が乾いたら水やりします。

例外に、炭に植えられては販売されている観葉植物もありますが、このような観葉植物は、水やりの方法が鉢植えのところに書いてあるので、それに従って水やりしましょう。

また、乾燥を好む観葉植物や、湿気を好む観葉植物は、その植物に合った水やりをしましょう。

サボテンなどは、土の表面が乾いてから、何日かおいてから水やりをします。

水はどのくらいあげる?

水は、表面の土が乾いたら、鉢の底から水が流れてくるまでたっぷりあげましょう。そして、受け皿の水はそのままにせず、捨てましょう。

なぜ無駄のない量ではなくて、たっぷりあげなければならないのか、その理由はいくつかあります。

1.根っこの隅々に水を行き渡らせるため。

2.根が排出した毒素などをキレイに洗い流すため。

3.水に含まれている空気を通して根は呼吸しますから、空気を新鮮なものに入れ換えるため。

このような理由で、水はたっぷり上げると良いのですね。

次は、季節によって水やりの時間に注意が必要!というおはなしです。

夏は、日の弱い時間に水やりをする

夏は、直射日光のあたる時間帯に水やりをするのは、危険です。土の水分が蒸発して蒸れてしまい、観葉植物がダメになってしまうこともあるのだといわれています。

朝のうちか、日暮れに水やりをしましょう。

葉に霧吹きでよりイキイキ!

葉っぱにも、霧吹きで水を与えてあげるとより病気や虫に強い観葉植物になります。葉っぱだけではなく、幹にも、茎にも毎日スプレーしてあげると良いでしょう。

もし、スプレーするのが手が疲れてしまう場合は、加圧式の霧吹きを使うと楽です。

最初に加圧すると、圧力が低下するまで霧を出してくれます。

まとめ

さて、いかがでしたか?観葉植物の水やりは、まとめると、

・表面が乾いてから ・底から水が流れるまでたっぷり ・受け皿の水は捨てる

この3点が基本になっていることがわかりましたね。

以外と簡単ではないでしょうか?ぜひ参考にして、観葉植物を育ててみましょう!