読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしと心

暮らしに役に立つ情報、心、体、などについて書いています!

重曹でも洗剤でも落ちない!コンロの焦げ付き汚れを落とすポイントとは!

コンロの五徳のところにいつの間にかこびりついている、焦げ付き汚れ。

重曹できれいに落ちるという人もいますが、我が家の焦げ付き汚れは重曹では全く落ちず、頑固にこびりついたままです。

そこで、焦げ付き汚れを何とかしたい!と思い、焦げ付き汚れ(特に頑固な)を落とすポイントを調べたところ、浸け置き時間が短かったり、金ブラシを使っていなかったことが敗因だったのかな?と思いました。

そこで、調べて分かった、頑固な焦げ付き汚れを落とすポイントと、プロ用の強力洗剤をご紹介します!

スポンサード リンク


食器用洗剤+金ブラシ

重曹でも落ちなかった汚れは、食器用洗剤をお湯で薄めたものに一時間から二時間くらい浸け置きをします。

それから、金ブラシで焦げ付き汚れをこすり落とします。

もし、金ブラシで落とせない汚れは、ドライバーなどでこすっても大丈夫です。

汚れがひどいときは、食器用洗剤とお湯で煮洗いしてから、そのまま一晩浸けておき、金ブラシでこすると汚れが落ちやすいです。

浸け置き時間を長くするほど落ちやすいみたいですね!

もし食器用洗剤よりも、重曹のほうが肌に優しいから...という場合は、重曹を使っても良さそうです。ポイントは、どの洗剤を使うかというよりは、充分に浸け置きして汚れをふやかせているか?というところにあるようです。

重曹で煮洗いしてから、一晩浸け置きして、金ブラシでこする、というのでも良いかもしれません。

何度か繰り返す

基本的には、浸け置きして焦げ付き汚れを浮き上がらせてからこすり落とすというのが必要みたいです。

でないと、力任せにこそげ落とすのはかなり力がいるので筋肉痛になってしまうことでしょう。

一晩浸け置きして、金ブラシでこする。

これで落ちなくても、何度か繰り返すことで落ちていくようです。

もし一度で落ちない焦げ付き汚れでも、繰り返すことが大切なんですね。

スポンサード リンク


ワイドマジックリン

重曹よりも、短時間で汚れが浮き上がるといわれているのが、花王のワイドマジックリンという洗剤です。

ワイドマジックリンは、油汚れを強力に落とす洗剤で、粉末タイプの浸け置き用の洗剤です。

他にも、マジックリンは拭き掃除に便利なスプレータイプとかいろいろあります。

浸け置きなら、ワイドマジックリンを購入すると良いでしょう。

油汚れ用の合成洗剤なので、体に悪いです。触ると、肌のバリアゾーンが壊れるとか、肝臓や子宮に溜まるとか、恐ろしい噂もあります。使用するときはゴム手袋やビニール手袋を装備して、皮膚を保護してお掃除してください。


さらに強力!プロ用の焦げ付き洗剤

ごげとりぱっとピカ
という洗剤が、プロ用の洗剤で、素材を傷めず焦げを取り除けるというので評判です。

市販には売っていないでしょうが、楽天などで購入できます。

この洗剤の販売ページによると、キッチンの油汚れ洗剤などは、浸け置きによって五徳の塗装をはげさせたり、素材を傷めてしまうこともあるのだとか。

また、金ブラシや研磨作用のあるスポンジなどでこすると、傷が付き、焦げが再びくっつきやすくなり、しかも頑固な焦げ付き汚れが付きやすいのだといいます。

でも、この洗剤はそのように素材を傷めず、塗装をはがしたりする心配もないそうですね。


これを使った人の感想では、一回ではキレイにならなくても、だいぶ汚れは落ちるので、もう一度浸け置きして完全にキレイにしたいという人もいました。

焦げ付き汚れは、結構キレイに落ちるようです。

ただし、もし万が一皮膚についてしまうと、一瞬で手がふやけるという感想もあり、ゴム手袋装備は必須だと思われます。目に入らないように、理科の実験とかで使う保護用のゴーグルを付けると安心だと思います。

お掃除業者に頼まなくて良くなった、つるつるになるという感想もあります。

なので、効果は高いのでしょうが、取り扱いに注意が必要という感じです。

私は取り敢えず、洗剤と金ブラシで試してみます。

塗装が剥げたり傷ついたりなどは、あまり気にしないことにします。ドライバーでこすっても傷が付かないといっている人もいましたし、素人から見たら気にならないレベルの傷なのかな?と思います。

スポンサード リンク


まとめ

さて、いかがでしたか?頑固な焦げ付き汚れは、もう落ちない!と諦めていましたが...もしかしたら、ポイントを外したお掃除方法だったのかもしれません。

頑固な焦げ付き汚れでも、以下のポイントを押さえて掃除すれば落ちていくかもしれいことが分かりましたね!

・とにかく浸け置きが大事。頑固な焦げ付きは、その分長時間浸け置きする。

・金ブラシでこすり落とす。ドライバーなどを使っても◎。

・一度で落ちなくても、何度か浸け置き→金ブラシを繰り返してみると、だんだん落ちてくる。

・プロ用の浸け置き洗剤を使うと、より素材を傷めず落とすことができる。しかし、取り扱いに注意!

以上です。私も早速この方法で、浸け置き時間を長めに試してみようと思います!もし焦げ付き汚れがキレイに落ちたら、また報告します。

スポンサード リンク