読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしと心

暮らしに役に立つ情報、心、体、などについて書いています!

洗濯物、洗濯槽がカビ臭いときの対策法はこれ!

掃除・洗濯

洗濯物や洗濯槽がカビ臭いというとき、どのように対策したらよいのでしょうか?自動洗濯機は、どうしても使っているとカビが生えてくるので、定期的にお手入れをして、カビを落とさないといけません。

洗濯槽を覗いてみても、カビなんて見えないけど...?と思っても、洗濯槽の裏側にびっしりとカビがついている可能性があります。そのため、お手入れをすると「どこからこんなに!?」というくらい、黒カビがわんさかと浮いてくるのです。

せっかくの洗濯物、カビだらけの洗濯機で洗いたくないですよね。かび臭いのは嫌ですし、体にも悪いです。

そこで、黒カビを退治して洗濯槽をキレイにさっぱりさせる方法をご紹介します!

まず、用意するもの

洗濯槽のお掃除には、カビを浮き上がらせる洗浄剤が必要不可欠です。では、どのような洗浄剤を使えばいいのでしょうか?

・酸素系漂白剤
重曹クエン酸

このどちらかを使うのが、カビが良く取れると評判です。

衣服にとっては、酸素系漂白剤よりも塩素系漂白剤の方が強力に効く!というイメージではありますが、洗濯槽のカビ退治には、塩素系漂白剤はあまり効果を発揮しないといわれています。

ところが、なんと市販の洗濯槽クリーナーは、塩素系の商品が多く、黒カビがわずかに溶け出てくるだけで、カビ臭さが解決しないといわれています。

酸素系漂白剤では、塊と化した黒い物体がたくさん浮いてきて、カビ臭さもサッパリと取り除けます。


では、酸素系漂白剤と、より体にやさしい重曹クエン酸を使ったお手入れ方法を、それぞれご紹介します!


酸素系漂白剤の場合

酸素系漂白剤は、500g以上用意します。粉末の方が、液体よりもカビがよく取れます。粉末タイプを使ったほうがいいでしょう。

それから、浮いてきたカビを掬うゴミ取りネットも用意しましょう。

お風呂の垢取りとかでも良いですね。百円ショップなどで入手しましょう。もしくは、いらない新聞紙をちぎって、水面に乗せると、カビがくっついてくるので、そのようにして繰り返し新聞紙を浮かべてカビを取り除いても良いでしょう。

それから、バケツを用意して、バケツで酸素系漂白剤を45度から50度くらいのお湯で溶かします。

お湯は、あんまり熱いと洗濯槽が変質してしまう可能性があるので、洗濯機の説明書を読んでから、耐熱温度を越えない程度に熱いお湯を使いましょう。

45度から50度が、一番酸素系漂白剤の効果が高い温度です。

冷たい水よりも、温かいお湯を使って浸け置きしたほうが、よひカビ汚れが浮き上がりやすくなります。

お風呂の残り湯を追い焚きして使うと丁度無駄がなくて、温度も適温ですね。

バケツで汲み入れるのも良いですが、給水ポンプでお湯を入れれば楽です。

バケツの酸素系漂白剤のお湯を入れて、一番水位の高いところまでお湯を入れます。

洗濯機の洗いモードで、5分くらい洗濯機を運転して、一晩放置します。

そうしたら、浮いているカビを取り除き、さらに洗いコースだけ繰り返して、2時間放置します。

そして、まだ結構なカビが浮いているようなら、同じ行程を繰り返しましょう。

すすぎまで進んだら、脱水の前に一度洗濯槽を見てみましょう。すすぎの時に、カビが浮いてくる可能性があります。


脱水したら、洗濯槽の底をのぞくと、黒カビがくっついていることがあるので、絞った濡れ雑巾で拭き取りましょう。

それから、洗濯をする前に、もう一度全自動で洗いから脱水まで一通り行いましょう。

重曹クエン酸を使う場合

重曹クエン酸は、酸素系漂白剤より安心して使えます。しかも、実際行ってみると、酸素系漂白剤と効果はほとんど同じだという人もいます。

用意するのは、

重曹300g
クエン酸100g

で、3:1の割合です。

洗濯槽に先ほどと同じ温度のお湯を入れて、重曹クエン酸を入れると、炭酸がシュワシュワ発生し、汚れを浮かしてくれます。

洗濯機の洗いコースをしたら、一晩放置します。

黒カビ汚れが浮いているのを、掬ってから、洗いコースを繰り返し、黒カビ汚れを取り除きます。

汚れが浮いてこなくなるまで、洗いコースを繰り返しましょう。


すすぎコースも行い、黒カビが浮いていたら取り除きます。脱水し、洗濯槽の底に残っている黒カビを雑巾で拭き取り、もう一度全自動コースを洗いからすすぎ、脱水まで行います。

以上で完了です!仕上げに全自動コースをするときも、ふたを開けて汚れが出てこないか見ていた方が良いでしょう。

人によっては、まだまだ汚れが浮いてくるという人もいます。その状態でお洗濯すると、服が黒カビだらけになってしまいますので、黒カビが出てこなくなるまで洗浄したほうが良いでしょう。


まとめ

さて、いかがでしたか?時間と手間はかかりますが、洗濯物を衛生的に仕上げるためです。カビ臭さを解決するためにも頑張りましょう。

ポイントをまとめると、
・塩素系でなく、酸素系漂白剤を使う。

・酸素系漂白剤は、粉末タイプ。

重曹クエン酸は、1:3の割合。

・お湯の温度は45度以上、50度以下。

・浸け置き時間を充分取る。

・黒カビが浮いてこなくなるまで、洗浄と黒カビを掬うのを繰り返す。


以上です。カビとり頑張りましょうね!