暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

お風呂場のカビを予防、退治するお掃除方法。実は逆効果なカビ対策、お掃除方法とは?

お風呂場のタイルやゴムパッキンのカビ、いつもどうやってお掃除していますか?

いつのまにか増えていて、放っておくと頑固に黒くこびり付いてしまいますよね。

でも、普段ゴシゴシお掃除すると、実は次のカビをより強固に生えやすくしているというのをご存知でしょうか?

また、お風呂場に冷水をかけたり、お酢を薄めて使うのも、実はカビを悪化させているのだといわれています。 


知らずに、カビを悪化させるお掃除方法をしていたらと思うと、コワいですよね。

そこで、カビの正しい予防方法と、ためしてガッテンで紹介された、カビを死滅させるシャワーの熱湯での対策方法をご紹介します!

換気扇を回す

カビは乾燥に弱く、湿度が高いと増えるので、お風呂上がりはしばらく換気扇を付けてお風呂場を乾燥させましょう。

お風呂上がりは、湯気で湿気と熱気が強いですからね。

湿気はカビの好む環境で、カビは湿気の多い日本ならではです。

海外ではなんとカビを見たこともない人がたくさんいるみたいですよ。

50度以上のお湯をお風呂場にかける

ためしてガッテンで紹介されていた方法です。

一週間に一度くらい、50度以上のお湯をシャワーで一カ所5秒以上、お風呂場全体にかけると、カビが死ぬのでカビの発生を抑えることができます。

カビが死ぬと、胞子を出さなくなるので新たなカビが発生するのを防ぐことができます。

また、空気中にすでに漂っているカビの胞子は、およそ一週間から10日でカビになります。

ただし、天井にお湯をかけるのはお湯が降ってきて危険なので、天井はアルコール除菌を付けた天井用のワイパーみたいなので、1ヶ月に、1度くらいの割合で拭き取るようにすると良いでしょう。

また、カビは死んでも黒い色はそのままなので、漂白してしまいましょう。

タワシなどでゴシゴシこすると、微細な傷が付き、カビの胞子が入り込みやすくなり、よけいにカビが取れにくくなってしまうので、研磨作用のあるものでゴシゴシ掃除するのは控えましょう。


拭き取れないものは、カビハイターで漂白して、そっと洗い流しまいましょう。




50度じゃ死なないという意見も

実際試してみて、効果あった!という人もいれば、効果なかったという人もいるようです。

お風呂場に生えるようなカビの種類は、60度の熱湯で3分はやらないと死滅しないという意見もあります。

アメリカのベンチャー企業は、カビだらけの家に対して、65度の熱風を吹き付けるという対策をとり、カビを撃退しました。

なので、ドライヤーの高温を使ってカビ退治すれば、確実なんじゃないでしょうか?

しかし、ためしてガッテンのサイトには、シャワー以外の加熱方法は危険だから行わないで!という記載があります。あまり高温を当てると、素材が傷んでしまうのかもしれません。

ゴムパッキンのカビ退治

ゴムパッキンに生えたカビを退治するには、90秒以上お湯をかけないと、ゴムパッキンの奥の方の温度が50度にならず、カビが死にません。

表面のカビを退治しても、ゴムパッキンの奥の方ではカビが生きていて増えていきます。

ところで、ゴムパッキンをゴシゴシこすって掃除をすると、凸凹に傷が付き、余計にカビが入り込みやすく頑固なカビになりやすいのです。

ツルツルの表面なら、カビの胞子が付いても洗い流すのが簡単です。

あまり、ゴシゴシと掃除しないようにしましょう。


間違ったカビ対策

・お酢を使うのは、原液で使う場合のみ効果を発揮しますが、薄めて使うと逆にカビを発生させる原因になってしまうので注意しましょう。

・冷水をかけるのは、逆にカビの胞子が飛んで散っていってしまいます。


まとめ

さて、いかがでしたか?カビは、湿気が大好物なのでなるべく換気につとめましょう。

そして、掃除の際にゴシゴシと細かい傷を付けるのもダメなんだということが分かりましたね。

布でやさしく拭き取るようにし、拭き取れないものは漂白してしまいましょう。

50度以上の熱湯で、カビを死滅させられるというのは目から鱗でしたね。

効果をかなり実感できている人もいるようなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?