暮らしと心

暮らしに役に立つ情報、心、体、などについて書いています!

唇がカサカサ、皮が厚くなる、固くなる、唇の皮がむける。原因と対策は?

唇が、カサカサで皮が厚くなる、固くなる、唇の皮がむけるという場合、原因と対策はどのようにしたらいいのでしょうか。

ついつい、厚く固くなった皮が鬱陶しくてむきたくなってしまいますが、痛みがあったり血が滲んでしまったり、ツライですね。

しかも、唇の皮を向いても、しばらくするとまた唇がカサカサで、皮が厚く固くなっていて、むけそうになっている。

こんなことの繰り返しで、これは体質を改善して根本的に治さなきゃ!治したい!と思い、原因と対策法を調べてみました。

また、最近漢方の効果がすごいんだ・・・と知ってしまったので、漢方で言うところの証判定では、唇の乾燥はどの証でどんな漢方薬や食事が良いのか、そんなことも気になって調べてみましたよ!

スポンサード リンク

唇カサカサ、固い皮ができる原因

唇がカサカサなのは、もちろん乾燥が原因です。そして、分厚い皮ができてしまい、皮が固くなってむけてしまうのも、乾燥が原因のようです。

これを書いている今は冬なので、どうしても乾燥しやすいというのはあるんだろうと思いますが、それだけではここまでひどく唇あれしないでしょう。

やっぱり、他にも原因があるようです。

ビタミン不足

ビタミンB群、ビタミンCは、不足すると皮膚や粘膜があれやすくなります。

ビタミンB群は、炭水化物や、たんぱく質や、脂質の代謝に使われる上に、食事からでは満足に摂取しにくいため、おそらく私も今不足気味なのでしょう。

ビタミンB群って、心の調子にも一役買うので、前向きになりたい、ちょっと沈んでいる、うつっぽいときにサプリメントに頼っています。

ビタミンB群って、イーストとかビール酵母が使われてるサプリメントも多いですけど、イーストで私はすごく具合が悪くなって、それ以来怖くて酵母菌のビタミンBは飲みません。

今は、DHCのビタミンBを飲んでますが、結構効くんですよねぇ(^o^)v

でも、やっぱりサプリメントって添加物とかが体に悪いイメージがあって、あんまり積極的に飲めていません。

自然にビタミンBを補給するには、やっぱりレバーとか卵とかが良いみたいですね。

ビタミンBは、チームで働くのでバランス良く摂取しないと、具合が悪くなったときもあります。

ビタミンB12が脳血管とか脳にいいというんで、ビタミンB12のサプリメントを少し多めに飲んだら具合が悪くなりまして、ビタミンB群のサプリメントを追加で飲んだらバランスが取れたみたいで治りました。

そんなことがあって、やっぱりビタミンB群はバランスが大事だと思いました。

ビタミンBに限らずですが、ミネラルでも、どれかを摂り過ぎると別のミネラルが不足しやすかったりなど、バランスが絶妙に影響しあっている栄養もあるんですよね。

サプリメントは、気をつけて飲まないといけませんね。

さて、では唇が荒れる原因の次にいきましょう。

スポンサード リンク

胃腸の不調、荒れ

唇は、胃が上唇に反映されて、腸が下唇に反映されて、という風にできているそうです。

胃腸が具合が悪いと、栄養の吸収も悪くなって、ビタミンやミネラルが不足気味になりやすいのも原因かもしれないなーと思いました。

ちなみに、足裏の反射区というのがありまして、足裏のどこに痛みがあるか、しこりがあるかなどで、体の臓器のどこに不具合があるかなどもわかるそうです。

これが、結構本当に足裏に現れるものなんですよ。

漢方薬を飲んだときにそれが分かりました。

地黄という胃腸に負担のかかる生薬が含まれている漢方薬を飲んでいたのですが、左の足裏の、胃に相当する反射区のところが急に痛くなったんですね。

漢方薬を中止すると、それもピタリと治りました。

地黄が胃腸に負担になるとは知らずに飲んでいたので、後で調べて地黄が原因だったのかもーと納得しました。

漢方薬は、それほど飲んだわけではなくて、規定の量の3分の1くらいを飲んだだけなのですが、かなり体に現れたので、漢方ってすごいんだ〜(*゚∀゚)と、感心しました。

これまでは、あんまり漢方薬って信じていなかったんです。

漢方薬の話が出たので、この流れで唇のカサカサ、皮むけを漢方的に解決する方法を調べてみましたよ。

スポンサード リンク

唇カサカサの証とは?

唇が季節関係なくカサカサという人は多く、証では血の量が少な目の、「血虚」に相当するようです。

まさに、私は血虚なので、やっぱり血を補う漢方、食事を心がけるのがいいんだな。と分かりました。

また、気虚と陰虚が合わさった、気陰両虚、特に脾気陰両虚も唇のカサカサにつながります。

脾というのは、胃腸のことで、胃腸が潤い不足で、栄養の消化吸収能力が落ちている状態。

陰虚というのは、体の細胞を潤す津液が、不足した状態。

血も、津液から生成されるので、津液が足らないと血虚にもなりやすいのかな?

私は、血虚に効く漢方薬の四物湯を飲んでいたら、手足やまぶたのほてりや、多尿、空咳などの症状があらわれたんですよ。

なので、血が増えたのはいいけれど、津液が相対的に少なくなって、体を冷却する力が足らなくなったのかな。と感じています。

津液も増やして、血も増やすというのが私の目標です。

唇カサカサに効く漢方薬、食事とは?

漢方薬は、唇カサカサの症状は同じでも、人によって唇カサカサになった原因の体質が違うので、処方する漢方薬もちがうようです。

漢方薬局のサイトを見てみたら、唇カサカサには、「脾胃実熱」とかいう証の人もいるらしいですね。

自分で判断して飲む場合は、自己責任ですから、少しずつ試しましょう。

漢方薬は、飲んで数時間後に効果が出てきますからね。

体質に合わないものを飲んでしまうと、余計に具合が悪くなることも。

とはいえ、漢方薬って効果がすごいので、活用していきたいですね。

漢方相談をしたりして、プロに処方してもらうと確実でしょう。

漢方専門でない病院だと、漢方専門の先生からしたら、「なんだそりゃ!」って勘違いをして、間違った処方をされて具合が悪くなった人もいるとどこかのサイトで見ましたから、やっぱり漢方専門の先生に診てもらうと安心です。

高いのがネックですが(^.^;

ところで、具体的にはどの漢方薬がオススメ?ということですが、私が血虚に効果を感じたのは「四物湯」。

松浦漢方の四物湯を飲んでみました。

それから、津液不足の陰虚に良いのは、麦味参。

麦味参という名前では、あんまり販売していなかったのですが、別名を「生脈散」といいます。

生脈散は、リニューアルされて今は「生脈宝」として、生薬が1つ追加されています。

別に追加してくれなくても、麦味参と生脈散のままでいいのにーと思いましたが。

ともかく、松浦漢方で生脈宝を、楽天で注文しましたよ。これから届いて飲んでみます。 スポンサード リンク

血虚と陰虚と気虚の食事

さて、唇カサカサには、血虚、陰虚、気虚が関係してるのが分かりましたが、漢方薬に頼らずになるべく食事で対策もしたい。

というより、食事も整えなければ、漢方薬だけでは相殺されてしまって思うように効果が出ないでしょう。

ということで、それぞれに効く食事を調べました。

☆血虚 ・色の濃いもの。緑黄色野菜。くこの実、プルーン、黒ゴマ。ヒジキもオススメされてるけど、重金属汚染が気になるのでパス!

・レバー、鶏肉。たんぱく質をしっかり補給。

消化吸収が悪くて血が造られない人は、何回かに分けて、食事する。一度にたくさんは食べないで、小分けするといいそうです。

・夜更かししないように。

☆気虚 ・温かく、消化に良いものを食べ過ぎないように適度に食べる。

・鶏肉、鶏の卵

・かぼちゃ、生姜、ネギなど。

☆陰虚 ・油っこいのは避ける。油っこいのは、血管プラークも生成してしまうんですよ!真島クリニックというサイトで、オリーブオイルとかナッツとか体に良さそうな油でさえ、脳梗塞とかのリスクが上がるといっています。

血管のプラークの、最新的な検査ができるクリニックで、いろんな人で実験(?)して、データが取れたみたいで、血管プラークの食事法を載せてくれてますよ。

私は血管が人より細いので、真島クリニックの記事をつぶさに読んで、実践してますが、頭のもやーん感や頭重感は出なくなりましたね(^_^)v

・トマト、みかんなど。甘いのと酸っぱいのを合わせて摂ると、陰が湧いてきて、体が潤わされるそうです。

これ以外にも食材でオススメは書いてありましたが、省略してるので気になったら調べて下さい。

スポンサード リンク

まとめ

さて、今回は、いやに唇がむけるなー。という悩みを解決したくて、いろいろ調べてまとめてみましたが、やっぱり食事と、漢方と、ビタミン、ミネラルで解決するのが根本的な対策ということでまとまりました。

私は、ビタミン補給と、血虚と陰虚に良い食事・漢方薬に取り組みます!

では、あなたの参考にもなっていたら幸いです!