読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしと心

暮らしに役に立つ情報、心、体、などについて書いています!

シュガーバインの株分け、植え替えは?

観葉植物 暮らし

シュガーバインは、濃いグリーンと手のひらのような形の、とても可愛い観葉植物で知られていますね。

そんなシュガーバイン、買ってからそのまま育てていても、成長してきて根づまりしてしまうようになるので、一回り大きな鉢に植え替えが必要だといわれています。

でも、私はトイレとか窓際に置きたいので、小さいまま保ちたいのですが、その場合は植え替えでなく株分けすればいいのだと知りました。

そこで、シュガーバインの株分け方法を調べたので、詳しくご紹介します。

また、土だと汚れやすいので、ハイドロボールなどに植え替えたいときは、時期はいつ、どのように植え替えたらいいのかも調べたので、まとめたいと思います!

 

スポンサード リンク

 

シュガーバインを土に植え替えする方法


まず、オーソドックスに土に植え替えする方法です。

一回り大きな鉢に、ゴロ石を敷きます。ゴロ石は、排水性を良くしてくれるアイテムです。

ゴロ石でなくても、発泡スチロールを砕いたものや、ヤシガラでも構いません。

底に敷くネットも、三角コーナーの水切りネットで代用できます。

培養土を軽く入れておき、シュガーバインの根を軽くほぐして、新しい鉢に置いて、培養土を埋めていきます。

鉢いっぱいではなく、鉢の上から3センチくらい余裕を残して土を入れ、上から軽く押さえて、完成です。

最後にたっぷり水やりをします。

 

シュガーバインを小さいまま保つ方法

 

シュガーバインを小さい鉢のまま保ちたいというときは、株分けをするのかな?と思い調べたら、あんまり根を切って株分けしている人はいないみたいですね。

でも、そのままの鉢で保ちたいという人は、根を1/3くらい切ってから、そのままの鉢で植え替えするようです。

伸びすぎた枝は、切って植木鉢に挿し木しておくと、簡単に伸びてくるみたいです!

下葉が減って、根本の方が寂しいとき挿し木をしてみましょう。

 

スポンサード リンク

 

シュガーバインをハイドロボールに植え替える方法

 

土が嫌な人は、ハイドロボールに植え替えましょう。

まず、シュガーバインの土を取ります。手でほぐして取り、最後は水洗いで土を取り除きます。

鉢にイオン交換樹脂剤(根腐れ防止)を入れて、ハイドロボールを鉢の1/3くらい入れて、シュガーバインの苗を置き、ハイドロボールを敷き詰めます。

必要に応じて、液肥も使います。でもシュガーバインは水だけで育つみたいですけどね。

水やりは、容器の15パーセントくらいまでにしないと、多いと根腐れして弱ってしまうみたいなので、気を付けましょう。

特に、シュガーバインは湿気に弱いみたいで、乾燥させたら調子が良くなったという例もあります。

それから、直射日光に当てると、蒸れて枯れてしまったり、透明な容器だと苔が生えたりするので、直射日光は避けましょう。

また、土で育ったシュガーバインをハイドロボールに植え替えると、弱ってしまうこともあるみたいなので、枝を切って水挿しをして、ハイドロボールに植えて増やすという方が安全かもしれませんね。


また、買ってきてそのまま育てると枯れてしまう可能性が高いみたいなので、植え替えるのはやはり大切らしいです。

植え替えるとちゃんと育つみたいですよ☆

 

まとめ


さて、いかがでしたか?
シュガーバインは、株分けもできるみたいですし、分けずに根だけ切って同じ鉢植えで育てることもできるようですね!

成長につれて、大きな鉢に植え替えしなければいけないのかな、とちょっと負担に思っていたので調べて良かったです。

また、ハイドロカルチャーで育てることもできて、土を使うより衛生的で洗って繰り返し使えて便利ですね。

 

スポンサード リンク