暮らしと心

暮らしに役に立つ情報、心、体、などについて書いています!

エアコンなしで夏を乗り切るには?扇風機の上手な使い方。

エアコンなしで夏を乗り切れたらいいと思いませんか。エアコンは扇風機に比べておよそ10倍も電気代がかかるといわれています。それに、エアコンは内部がカビの温床になりやすく、定期的にクリーニング業者に依頼するとなると料金も結構かかってきますよね。カビに気付かずエアコンをつけていたら、カビの胞子を取り込んでしまって体にも悪いです。

そこで、エアコンなしで夏を乗り切るためにはどのような知恵があるのかと調べてみた結果、かつて夏の定番だった「扇風機」を上手に活用することで部屋の温度を下げることができるということが分かりました。

扇風機を上手に使って、エアコンなしで夏を過ごす方法をご紹介します。

部屋にこもった暑さを逃がす方法

部屋に暑い空気がこもってしまっている場合、部屋の窓を開けて涼しい風を取り込もうとするのが一般的ですが、夏だとなかなか風が吹いてこなくて部屋が涼しくならないということもありますよね。

そんなとき、扇風機を窓の外に向けて運転させると、部屋にこもった熱を追い出すことができます。追い出した熱気の分だけ外の空気が入ってくるので部屋の温度が少し下がるというわけですね。

とくに夜は夏でも結構涼しい外の空気ですが、日中の熱気がこもった部屋では暑くてなかなか寝付かれないということもありがちですよね。そんな時も、部屋にこもっている熱を扇風機で外に追い出してやれば、部屋の温度が下がるのでエアコンなしでも過ごしやすくなるということです。

具体的なやり方としては、扇風機を窓の網戸にくっつけてスイッチを押します。反対向きの空気の流れが発生しないように、窓は細めに開けましょう。あとは、根気よく運転させておくことです。すぐには室温が下がらなくても、数時間運転させているとだんだん外の気温に近づいてきます。

ただし、一階など防犯的に危なそうなところでは試さないほうがいいかもしれません。防犯に気を付けて下さい。

天井に扇風機を向ける

暑い空気は、天井の方に溜まっています。なので天井に扇風機を向けて気流を作ってあげて外に暑い空気を押し出していくことで、室温を下げることができます。

天井に暑い空気があると、部屋の気温が平均的に押し上げられてしまうので時々扇風機を天井に向けて空気をかき混ぜましょう。

家具の熱を冷ます

クローゼットや本棚も、天井の空気と同じくらい熱を持っている場合、クローゼットや本棚に向けて外気を当てて熱を冷ますというのも効果的です。クローゼットを開け放したりして扇風機を当て、先ほど部屋に取り込んだ外気で熱を冷まします。するとにわかに部屋の気温が下がるといわれています。

氷と冷水を使う

扇風機の前に、氷の張った冷水を置いておくと部屋が涼しくなるといわれています。氷がだんだん溶けてしまうので、クーラーボックスのなかに保冷剤を入れて置いておくというのが推奨されています。使わないときはクーラーボックスのふたを閉めておけばいいので保冷剤が長持ちしやすくて楽です。

ちなみに、扇風機の前に置いておくよりも扇風機の後ろに置いておいた方が効果を実感できたという感想が見られます。

扇風機、エアコン以外の冷房器具

・トヨトミのスポットクーラー  狭い部屋なら、除湿だけでもよく冷えると好評です。

・コロナ 冷風機 音が扇風機の「中」くらいの音なので夜でもぐっすり眠れると好評です。 排気ダクトで外に温風を逃がしているので室温が上がらずに冷たい風が出て快適とのことです。

まとめ~エアコンなしで夏を乗り切る方法~

いかがでしたか。扇風機だけでも部屋を涼しくする方法はいくつかあるということが分かりましたね。早速今年の夏から試してみてはいかがでしょうか。しかし扇風機だけではどうしても役不足だという時にはスポットクーラーなどもいかがでしょう。