暮らしと心

暮らしに役に立つ情報、心、体、などについて書いています!

毛布を洗濯するときの洗剤はどれがいい?NGな洗剤は?

毛布を洗濯するときに、いつも通りの服を洗うときの洗剤で洗ってしまっていませんか?毛布の素材によっては、素材が変質してしまう原因になるので、洗濯の表示を確認してから毛布の洗濯に最適な洗剤を選んで使いましょう。

毛布の洗濯では一般的に中性洗剤が良いといわれていますが、その理由はなぜなのか、また中性洗剤にはどのような商品があるのかなどをご紹介します。

スポンサード リンク

毛布に中性洗剤がいい理由とは?

毛布は、アクリル素材やウール、シルクなどでできていることがありますよね。

これらの素材は、アルカリ性に弱いという性質があります。なので毛布の風合いや肌触りが変わってしまわないためにも、中性洗剤で洗うのが一番いいといわれているのです。

中性表示のある洗濯ものに関しては、ウルトラアタックNeoなど一般の衣料用洗剤は使えません。蛍光剤が配合されているものも、配合されていないものも使えないので必ずおしゃれ着洗い用の中性洗剤を使用して毛布の洗濯をしましょう。

また、たとえ中性表示がない毛布だとしても、普通の洗剤で洗うよりも中性洗剤を使用して洗ったほうが毛布の風合いを保ったまま良い状態で長く使うことができます。

市販の中性洗剤はどんな商品がある?

市販の中性洗剤には、エマール、アクロンなどがあります。

【エマール】 エマールは、花王が販売している洗剤で、毛布だけでなくニット、シャツ、ワンピ、キャミソール、下着、タイツなどどのような衣類もまるごとお任せできる洗剤です。

エマールを使って洗うと、シャツはシャキッと仕上がりますしニットはふんわり仕上がります。「色褪せ防止成分」や「繊維潤滑成分」の働きで繊維に優しい洗濯ができるので、衣類の色とシルエットをキープしながら、汚れやにおいをすっきりと落としてくれるという洗剤です。香りは、ほのかなリフレッシュグリーンとアロマティックブーケの香りの2種類があります。

汗染みや皮脂汚れもすっきりと落とせるのがエマールの良いところです。ドライクリーニングでは有機溶剤を使うので脂溶性の汚れは落とせても、汗汚れのような水溶性の汚れが落とせないのでどうしても黄ばんできてしまうんですよね。

なのでドライクリーニング指定の洗濯表示でも、家でエマールなどの中性洗剤を使用してサッと手洗いしてしまうという人もいるみたいです。長時間水につけると縮むので時間勝負で終わらせるのがポイントです。

スポンサード リンク

【アクロン】 アクロンは、ライオンから販売されているおしゃれ着用洗剤です。洗っている間だけではなくて、着ている間も「シルキータッチ成分」配合により繊維がコーティングされて摩擦による毛羽立ち、毛玉の生成を防いでくれます。

また、一日着てできてしまった袖口の伸びやヨレなども整えてくれる効果が期待できます。色褪せと型崩れを防ぎながら優しく洗い、ドライコースなどの水流の弱いコースでも汗のにおいや皮脂汚れをしっかりと落としてくれます。フローラルブーケの香りです。

【プロ・ウォッシュ】 また、プロ・ウォッシュというプロ向けに開発された洗剤が万能ですごいと評判です。こちらは市販ではおそらく取り扱いがなく通販で購入できます。

レーヨンやウールやカシミヤやシルクなどなんでも洗えるということです。しかも、洗濯によって縮んでしまって着られなくなった服もこのプロ・ウォッシュで洗うと縮みが元に戻るという感想も見られます。

クリーニング店に依頼して、縮んでしまった、嫌なにおいがついて返ってきたなどのクリーニングトラブルもこの洗剤で解決したという人もいます。

お洗濯が難しい素材の服をたくさん持っている人は要チェックの洗剤といえるでしょう。また、水洗いのできない素材の毛布などもこちらの洗剤を使えばお家で洗濯できるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか。毛布の洗濯をするときは、洗濯表示を見て中性と書いてあるものは中性洗剤で洗いましょう。

市販ではエマールやアクロン、通販ではプロ・ウォッシュのような洗剤も販売されています。

風合いを損ねず、肌触りのよさを維持したまま長く使っていくためにも、洗濯の際は洗剤の選び方に気を付けていきましょう。

スポンサード リンク