暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

カサカサのかかと、原因はひょっとして水虫!?対策方法とは!

カサカサのかかとは、いったい何が原因でカサカサになってしまうのでしょう。原因として考えられることは、いくつかあります。

カサカサのかかとは水虫が原因になっていることもありますし、角質のケアをしすぎて逆効果になりカサカサかかとになっていることもあります。

かかとを見てみてください。白い粉が付いたように見えていませんか?その場合は水虫が原因の可能性があります。

今回は、カサカサのかかとの原因を知り、適切に対策するための方法をご紹介します。

スポンサード リンク

カサカサかかとの原因【かかとに過度な刺激がある】

仕事がら、立ち仕事が多い人、あるいは趣味でスポーツを日課としている人など、かかとに刺激が多いと足裏を守ろうとして角質が厚く丈夫になります。

ペンだこができるのと同じように、同じ部分に繰り返し摩擦や圧力がかかる状態では皮膚が分厚く固くなるのです。

靴が足に合っていなくてかかとが圧迫されるような状態でもかかとが厚くなりカサカサになる原因になります。また、角質を削るような足裏のケアをしている場合も、過ぎたるは猶及ばざるが如しで足裏を守ろうとする働きによってかえって角質が厚く固くなるのでカサカサになってしまいます。

ちょうど、オイリー肌の人が顔の皮脂を取ろうと念入りにケアした結果、肌を乾燥から守ろうと余計に皮脂が分泌されてしまう悪循環と似ていますね。

とにかく、このような原因でかかとがカサカサしてしまっている場合にはまずかかとへの刺激や負担を和らげてあげることが一番の解決方法です。

足に合った靴の見直しや、かかとサポーター、かかとクッションなどを使ってかかとへの衝撃を和らげるのもいいでしょう。 スポンサード リンク

カサカサかかとの原因【乾燥肌】

カサカサかかとの原因は、血行が悪くなったり加齢によって毛細血管が減り、栄養分が行き届かないことも原因の一つです。

血行が悪くうなるとターンオーバーが正常に行われず、古い細胞がなかなか剥がれ落ちずに蓄積していくことになります。

その結果かかとがカサカサに乾燥して分厚く角質がたまった状態になってしまうのです。

対策方法としては、血行を良くする食材を食べるとか、漢方を使って血虚やお血を治していくということがあります。

また、新陳代謝に必要なたんぱく質やビタミン、亜鉛などのミネラル類を摂取したり、新陳代謝に必要な甲状腺ホルモンが少なくないかなどもチェックしたいポイントです。

また、血行を改善して新陳代謝を改善するのが根治する方法ですが、それまでは保湿クリームなどを使ってかかとをケアするのもいいでしょう。

保湿クリームはなるべく無添加や自然のオイルがいいでしょう。皮膚から吸収された毒素は排出しにくいといわれていますし、徐々に蓄積した経皮毒キャパシティーオーバーになったときに一気に症状として噴出するといわれているので体に良いものを使うにこしたことはありませんからね。 スポンサード リンク

カサカサかかとの原因【水虫】

白い粉がついたような状態になっていたら、そのカサカサかかとの原因は水虫も考えられます。

水虫というとかゆみがあるイメージですが、かゆみがないタイプの水虫というのもあるので検査を受けてみて、もし水虫だったら治療しましょう。

薬を使うのが嫌だという人は、食事や自然療法で治したという人をお手本にしてみてください。

例えば炭水化物の過剰摂取や砂糖は水虫の原因である真菌を増やしてしまう原因になりますから食習慣を見直すというのも根本的に治し再発させない一つの方法です。

まとめ

いかがでしたか。かかとのカサカサの原因は一つではなくて、かかとへの過剰な刺激や乾燥、水虫などいくつかあるということですね。

原因に対して的確に対策が取れるように、まず普段の生活を見直して、原因を探ってみましょう。そしてしっとりやわらかいかかとに戻れるように対策を実行に移していってくださいね。

スポンサード リンク