暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

コンロの掃除に酢・重曹で泡パック!焦げ付き、油汚れを簡単オフ!

コンロのお掃除には何を使っていますか?洗剤なんて使わなくても、体に優しいお酢と重曹で焦げ付き汚れやべっとりしつこい油汚れをオフできるんです。

コンロは毎日使う場所ですから、気が付いたら汚れが頑固にこびりついていて、一筋縄ではお掃除できないということも多いですよね。こまめにお掃除するにも、お酢が役に立ちますよ。

今回は、コンロのお掃除に重曹とお酢を使ってコンロをピカピカにお掃除する方法をご紹介します!

スポンサード リンク

軽いコンロの汚れにはお酢でお掃除!

コンロ周りの軽い油汚れなら、お酢と水を1:3くらいに希釈したものをスプレー容器に詰めて、コンロ全体にスプレーしてからしばらくの間放置して、布でふき取ります。

体に優しいお酢ですが、除菌効果もあるのでフライパンの淵からぽとりと食材が落ちやすいコンロ周りのお掃除に最適です。

頑固なコンロの汚れには重曹&お酢で泡パック!

頑固な汚れには、重曹ペーストにお酢を大匙1くらい混ぜて泡を発生させてパックするのが効果的です。

さらに強力にするなら重曹にキッチン用の洗剤を混ぜてペースト状にしてからお酢を大匙1くらい加えて泡を発生させたものをコンロ周りの頑固な汚れのところに塗って、1時間くらい置いておきます。それからふき取るときれいさっぱりお掃除できます。

スポンサード リンク

それでも取れない頑固な焦げ付き汚れはマイナスドライバーで!

コンロ周りはだいたい拭き掃除できれいになりますが、コンロの五徳となると焦げ付き汚れが頑固にこびりついてしまっていて、いくら浸け置きしてもなかなか汚れが取れないことが多いですよね。

こまめにお掃除していれば、重曹ペーストや重曹での浸け置きでもどうにかなることもありますがずっと放置してかピカピにこびりついた焦げ付き汚れはドライバーなどを使ってこそげ落とさないときれいにはなりません。

その際は、なるべく重曹水に長時間漬け込んで汚れを浮かせることが大切なポイントになります。

できれば一晩くらい浸け置きしてふやかしておいてから、マイナスドライバーなどを使って五徳の焦げ付き汚れを削り取りましょう。

これで、あきらめていた五徳の頑固な汚れが見事に落ちましたので、同じように五徳の汚れで悩んでいる場合はぜひ試してみてください。

材質によっては塗装が剥げてしまったり傷がついてしまうこともあるかもしれないので、自己責任になりますが私は焦げ付き汚れよりはましだろうと思ってマイナスドライバーで削り取ってしまいました。結果、問題なくきれいに汚れだけ落ちましたよ。

スポンサード リンク

まとめ

いかがでしたか。コンロの焦げ付き汚れ、頑固な油汚れもお酢と重曹で落とすことができるんですね。

洗剤はよく水拭きしないと体に悪い成分が残るので、食材を扱う台所では体に優しいお酢や重曹を使ってお掃除したいという人は多いのではないでしょうか?

コストパフォーマンスもよいお酢と重曹、ぜひお掃除や暮らしに役立ててくださいね。

スポンサード リンク