読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしと心

暮らしに役に立つ情報、心、体、などについて書いています!

チョウセンアサガオ(ダチュラ)の【花言葉】【種類】【色】

チョウセンアサガオは、学名をダチュラといい、白色や紫色、黄色など色とりどりの花を咲かせ、種類もたくさんあるナス科の植物です。

チョウセンアサガオは毒があり幻覚なども引き起こすということでも知られている花ですが、はたしてどんな花言葉があるのでしょうか。

今回はチョウセンアサガオ花言葉や花の種類、色についてご紹介します。   

スポンサード リンク

チョウセンアサガオダチュラ)の花言葉

チョウセンアサガオダチュラ)の花言葉は、「偽りの魅力」「変装」「あなたを酔わせる」「夢の中」「愛嬌」「愛敬」という、なんだか怪しいムードいっぱいの花言葉が多いですね。

幻覚作用のある毒があることを想起させる花言葉が並んでいます。チョウセンアサガオの葉には有毒なアルカロイドがたくさんあるので、誤って食べないように、また葉や木の汁が着ず気を付けましょう。ハーブと間違えて食べてしまい、中毒を起こすというのが毎年何件か報告されています。

チョウセンアサガオダチュラ)の種類、色

チョウセンアサガオダチュラ)というのは、インド原産の一年草アサガオに似ている花を咲かせることからチョウセンアサガオと名づけられました。

ダチュラ属には8種類ほどあります。その一つがチョウセンアサガオで、白い漏斗状の花を上向きに咲かせます。似たものにキダチチョウセンアサガオというのがありますが、キダチチョウセンアサガオは下向きに花を咲かせます。

スポンサード リンク

【パープルクイーン】 ダチュラにはパープルクイーンという種類もあり、ひらひらとした紫色の花を咲かせます。内側は白く、淵の方が濃い紫色の花になります。

【ブラックカラントスワール】 ブラックカラントスワールという種類もあってこちらは八重咲きです。漏斗状の紫色の花が、二段に咲きます。ただし、内側に咲く花は栄養状態によって程度が変わります。花の内側は白く、外側が紫に咲きます。

【ゴールデンクィーン】 ダチュラにはゴールデンクィーンという種類もあり、花が淡い黄色の八重咲きに咲きます。漏斗状の花が二段、あるいは三段にもなって咲きます。栄養状態によって花びらの数は変わります。

【アメリカチョウセンアサガオダチュラには、北米~メキシコ原産の帰化植物となっている種類もあります。白い漏斗状の花を咲かせます。

キダチチョウセンアサガオの種類、色

以前はチョウセンアサガオ属に含まれていたキダチチョウセンアサガオは、ブラジル中部原産の常緑低木で、学名をブルグマンシアといい下向きに花を咲かせます。

その姿がトランペットにも見えることから園芸名ではエンジェルトランペット、エンジェルストランペットなどと呼ばれることも多いです。ブルグマンシアという名前で花が売れずに困った人が、「エンジェルトランペット」として売ったところとても売れたことからこの通称で呼ばれるようになったといわれています。

黄色、オレンジ、白、紫などいろんな色の花を咲かせます。

スポンサード リンク

【ブルグマンシア・スアウェオレンス】 ブルグマンシア・スアウェオレンスは、白色の花を咲かせる原種で花は香りが強いといわれています。

【ブルグマンシア・ウェルシコロル】 ブルグマンシア・ウェルシコロルというのはエクアドル原産でバーシカラーとも呼ばれ、淡いオレンジ色から咲き進むうちにあんず色に変化する原種です。

【フロリダ・ピーチ(モモイロキダチチョウセンアサガオ)】 アメリカでフロリダ・ピーチと呼ばれているモモイロキダチチョウセンアサガオは、綺麗なピンクの花を咲かせます。原産地も学名も不明ですが、スアウェオレンスとウォルコシルの交配種ではないかと考えられています。

まとめ

いかがでしたか。チョウセンアサガオにはいろいろな種類のいろんな花を咲かせるものがあるんですね。

園芸で育てる際は、葉や花、木などに含まれる毒に注意して育てましょう。

スポンサード リンク