暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

チューリップの栽培方法・開花時期について

今回は、チューリップの栽培方法や開花時期についてご紹介します。

チューリップは春の代表的なお花ですね。多くの人が子どもの頃から親しんできた花ではないでしょうか。

そんなチューリップは球根を植えればとりあえず育つイメージがありましたが、いざ植えてみるとなかなか花が咲かない…ということもあります。

春にチューリップの花がちゃんと咲くように、正しい栽培方法について確認して行きましょう。

スポンサード リンク

チューリップの栽培方法

開花時期

まず、チューリップの開花時期など基本的な情報ですが、開花時期はチューリップの種類によって多少早かったり遅かったりします。

早咲きのチューリップは、3月の終わり頃〜4月にかけて咲きます。

普通咲きは、4月〜5月に開花時期を迎えます。

遅咲きのチューリップは、4月の終わり〜5月が開花時期になります。

このように、ただチューリップといっても種類によっては1ヶ月くらい前後するので、花が咲かないといって焦ることはありません。

スポンサード リンク

球根の植え付け

チューリップの球根は、秋になったら植え付けましょう。

球根を植える深さは球根3個分の深さ。基本ですが、とんがった頭を上にして植えないと芽が出てきません。

最後に土をかぶせたらたっぷり水やりしてください。たっぷりといっても、一気にではなく数分かけて何回かにわたり水やりしてください。

土が水を吸えるようにです。管理は、温かい室内ではなくて、冬の間も外で管理しましょう。

霜には当てないように注意が必要ですが、雨や雪に当てても大丈夫。

寒さを経験しないと花が咲きません。

水やり

冬の間も水やりしてください。しかし基本的には外に置いているので雨に任せれば大丈夫です。

雨があまり降らず乾き気味なら水やりしてください。ベランダなら特に雨も当たりにくいですからね。冬に水やりを忘れると、春に花が咲きません。

チューリップの花が咲かないと悩んでいる人は、もしかしたら冬の水やりを忘れてしまった人かもしれませんね。

チューリップの花が咲くには、土しかない葉もない殺風景な冬の間も忘れずに水やりする必要があります。

ただし、水やりしすぎは流石に球根が腐ります。土が乾いてから水やりをしましょう。プランターの底から水が流れ出るまでしっかり水やりしてください。

余談ですが、オランダはチューリップのとても綺麗な国で知られていますよね。オランダは地形が特殊でとても水の豊富な土地です。なのでチューリップが美しく咲くのかもしれませんね。

スポンサード リンク

まとめ〜チューリップの栽培方法〜

チューリップの栽培方法についてご紹介しました。

チューリップにも色々な種類があって、花の形や色もバリエーションが豊富ですね。

チューリップというと赤、白、黄色。のような単純なイメージがあった人も、きっとお好みの種類が見つかると思いますよ。

チューリップの色々な種類についてはこちらの記事でご紹介しています。

lifestyleheart.hatenablog.com

スポンサード リンク