暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

オジギソウの育て方!花も可愛い〜土・種まき・肥料・水やり〜

今回は、オジギソウの育て方についてご紹介します。

オジギソウは、葉を触るとお辞儀することからオジギソウと呼ばれますね。

オジギソウの葉っぱも楽しいのですが、花もピンク色の丸い花で、とても可愛いですよ。

そんなオジギソウの育て方について確認して行きましょう。

スポンサード リンク

オジギソウの育て方

土は赤玉土腐葉土などで水はけよくしましょう。野菜用や、お花用の配合土でも良いでしょう。

お庭に植える場合は土壌が酸性になっているといけないので、適度に苦土石灰などを混ぜて耕し、土作りをしてください。

肥料も、ゆっくり効くタイプの肥料を少し混ぜておくと良いでしょう。

基本的に肥料が熟成する頃に種まきしましょう。肥料を混ぜて2週間以上はしてからでないと、種まきしないほうが良いといわれていますね。

肥料については後で詳しく確認しましょう。

種まき

オジギソウの種まきは、気温が20度くらいの時期に行いましょう。地域によって時期はずれるでしょうね。

種まきは、育苗ポットに3粒ずつ蒔いて苗を作ります。それから本葉が3枚くらい出たらプランターや鉢や庭に植え付けましょう。

株と株は20センチ開けてください。

スポンサード リンク

肥料

肥料は基本的にはあまり必要ありません。液体肥料を1回与えるか、緩効性の肥料を少し置いておくだけで良いでしょう。

窒素の多い肥料は、葉はたくさん茂りますが花が咲かなくなってしまいます。花を咲かせるにはリン酸の多い肥料が良いでしょう。

ピンクの花で、黄色い花粉みたいなのが散っている綺麗な可愛い花を咲かせますよ。

オジギソウ独特の葉っぱの形も相まってとっても可愛い花です。

水やり

オジギソウの水やりは、土の表面が乾いた色になったらたっぷり水やりしましょう。プランターや鉢植えの底の方から水が流れ出るまで与えましょう。

受け皿に溜まった水は捨てましょう。オジギソウの根が出す老廃物を流すためには底から流れ出るまでしっかり水やりする必要があります。

夏は、朝方と日が沈んで涼しくなってきてから水やりしましょう。昼間の暑い時間帯に水やりすると、根がムシムシしてしまって傷んでしまいますし、オジギソウが気温と冷たい水の温度差でショックを受けてしまうといわれています。

スポンサード リンク

病害虫

オジギソウの病害虫は、ハダニやコナジラミなどです。見つけたら薬剤散布で治療しましょう。ハダニは乾燥するとやってきてしまうので、土が乾いたら水やりするのを忘れないように注意しましょう。

まとめ〜オジギソウの育て方〜

オジギソウの育て方についてご紹介しました。

オジギソウは、寒さには弱いので冬は越せずに基本的に一年で終わりです。また来年種を撒いて育てましょう。

寒くなってくるとオジギソウの葉が落ちるので、「おや?」と思う人もいるみたいですが、冬は枯れてしまうのが普通なんですね。

しかしプランターや鉢植えのオジギソウなら、冬の間は室内に入れておけば冬越しできます。

葉っぱを触るとお辞儀するのが楽しいオジギソウは夏休みの自由研究や植物観察にも良さそうですね。

スポンサード リンク

</div