暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

肉割れを消す方法は?評判のクリーム「ノコア」も紹介

今回は、肉割れを消すには何が必要なのか、ポイントを押さえた話をします。

肉割れというのは、そもそもなにかというと妊娠や太ったなどで皮膚がすごいスピードで伸びることでターンオーバーが追いつかずに肉割れ、または妊娠線と呼ばれるものができてしまいます。

f:id:mitarash1ko:20170906102940p:plain 成長期にも肉割れが起こることがありますね。しかし一般的に多いのはやはりマタニティーラインと呼ばれる妊娠線や、肥満による肉割れでしょう。

肉割れを予防するには保湿が大切だというのが知られています。

妊娠中から肉割れクリームでマッサージして予防に努める人は多いですね。しかしそれでも防ぎきれずできてしまう妊娠線、肉割れ。

その跡を消すにはどうしたらよいのかについて確認して行きましょう。

スポンサード リンク

肉割れを消す方法

保湿

まずは保湿です。ターンオーバーは保湿がおろそかだと正常に行われません。

美肌に必要なのは第一に保湿、第二に保湿というくらい保湿が大切だといわれていますね。

脱脂力の強い洗顔料を使わないようにとか、ゴシゴシ顔をこすらないようにとか、化粧水だけでは乾くので必ず乳液、クリームも使うようにとか言われているのも、乾燥を防ぎ保湿するためです。

保湿が行われないとどうなるかというと、ターンオーバーが滞ってしまうのでシミやニキビ跡やら古い角質も溜まりがちになってしまいます。

そして、どこかくすんだような冴えない肌になります。化粧ノリも悪くなるでしょう。

なのでターンオーバーには保湿が決め手ということになります。

ターンオーバーを促して、古い傷跡の細胞を押し出して元のような普通の肌にするには保湿が大切ということです。

肉割れを消すためには、まず保湿をするという方法が一番ですね。

スポンサード リンク

血行促進

肉割れを消すためにターンオーバーを促す方法といったら、あとは血行を良くすることですね。

ダイエットも、血行を良くすると代謝がアップして痩せやすくなるといわれていますね。そのため運動したりお風呂やサウナに入ったり、血行を良くするハーブとかスパイスなどのサプリメントを飲んだりするわけです。

肉割れを消すには、血行を促進するクリームを塗るのも良いでしょう。また、肉割れを消すために湯船に浸かる習慣とか、運動して汗を流す習慣もよいでしょう。

湯船に浸かるというのは、毎日だと面倒くさかったり、思春期で家族の入る浴槽に浸かるのが嫌という場合は、足湯でもいいと思います。足湯おすすめです。

足湯は、ふくらはぎまで浸かる足湯バケツを使いましょう。ふくらはぎというのは、全身の血行を良くするのに役立ちます。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるらしいです。なのでふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるだけあって、ふくらはぎをマッサージすると全身の血行がアップするのが医師(ふくらはぎマッサージを提唱する医師)により確認されています。

そして、実際にふくらはぎまで熱めのお湯に浸かると、体から汗がだらだら流れてきますよ。

汗をしっかりかけるので、ちょっと熱めのお湯にふくらはぎまで足湯で浸かると血行促進できます。

血行促進できれば、ターンオーバー促進になり、肉割れも消すことが用意になるでしょう。

さらに、血行促進によって細胞に必要な栄養が届けばなおさら良いですね。

栄養は、タンパク質とかビタミンBとか亜鉛とかビタミンAとかビタミンCとかでしょうか。これらが肌のターンオーバーを促します。

そういえば、分子栄養学を提唱している三石巌先生は、ケロイドを分子栄養療法で治したと言っていました。

本で読んだのを思い出してしまいました。ケロイドも傷跡ですよね。大量のタンパク質とかビタミンとかで治したのでしょう。

しかしタンパク質もビタミンも過剰症はあります。不足のないように摂取することは大切だと思いますが、過剰摂取も肝臓や腎臓に負担をかけると思うので、やっぱり保湿と血行促進と、適度な栄養素というので地道に治していくのが良いと思いますが、いかがでしょうか。

スポンサード リンク

まとめ!肉割れを消す方法

肉割れを消す方法についてご紹介しました。

そうだ、忘れていましたがノコアというクリームについてご紹介します。

ノコアは、妊娠線や肉割れを消すクリームです。皮膚科医と開発したクリームだそうで、評判も良いので、気になる人はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイトはこちら。

使用感は、ベタつかず保湿できて、香りもネロリで爽やかな良い香り。何ヶ月か使うことで肉割れを改善する効果があるそうです。口コミについてはこちらでまとめていますので参考に。

スポンサード リンク