暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

洗濯物が臭いときは酸素系漂白剤とお湯が確実!水じゃダメ

今回は、洗濯物が臭いときにどのようにして臭いを取り除くかということについてご紹介します。

酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤とは違って色物でも真っ白に漂白することなく、しかし除菌効果は高いので洗濯物の臭いをさっぱりと落とせます。

しかし、酸素系漂白剤も使い方を間違うとあまり効果を得られず、洗濯が仕上がってから「あれ、まだ臭い!」なんてことになってしまいます。

せっかくの酸素系漂白剤がもったいないですし、手間も時間も無駄にしてしまいますね。

酸素系漂白剤をうまく活用して洗濯物の嫌な臭いを確実に除去するための方法を確認していきましょう。

スポンサード リンク

洗濯物が臭い時は酸素系漂白剤

50度くらいのお湯

酸素系漂白剤は、水で浸け置きしても洗濯物の臭いを取ることはできません。

酸素系漂白剤の説明書にも、ちゃんと「お湯で浸け置きするように」という旨が記載されていますよね。

でも、洗濯槽の中には給水されるのは水だけで、お湯が出ません。

なのでつい面倒くさくて、洗濯槽の給水を使ってしまった…ということがありますか、結果洗濯物の臭いは取れませんでした。

なので、給湯器のお湯を50度くらいにセットして、洗面所にバケツを置いてお湯を溜めて隣にある洗濯機の中にザバーっと入れて洗濯槽にお湯を溜めます。

洗濯槽の耐熱温度は説明書で念のためチェックをした方がいいでしょう。

スポンサード リンク

酸素系漂白剤を入れる

酸素系漂白剤を、15リットルに対して大さじ1くらい入れます。45リットル容量なら、3杯ですね。でも、それだと少し洗濯物の臭い落ちが悪い気がしたので、プラス1杯〜2杯くらい酸素系漂白剤を入れます。

すると、洗濯物の臭いはバッチリ完璧に除去できましたよ!

酸素系漂白剤を入れ終わったら、洗濯槽のスイッチを入れて「洗い」だけをスタートして撹拌して洗濯物に行き渡らせます。

数時間浸け置きしたら、洗濯機のフルコースで脱水まで行い、洗濯物が仕上がったら早いうちに干して乾かします。

部屋干しなら、扇風機の風を当てると早く乾きますよ。

なかなか乾くのに時間がかかると、洗濯物がまた臭ってきてしまいますからね。でも、酸素系漂白剤で除菌した後の衣服は、乾くまでに時間がかかったり生乾きでも、嫌な臭いはしません。

やっぱり、身に着けることで肌の常在菌などが移り、湿気などによっていつの間にか爆発的に増えて嫌な臭いがするようになるんでしょうね。

スポンサード リンク

まとめ!洗濯物の嫌な臭いの対処法

洗濯物の嫌な臭いを取り除くための、酸素系漂白剤を活用した方法についてご紹介しました。

酸素系漂白剤は、お湯で浸け置きしないと意味なくなってしまうんですね。

これまで、なんとか楽に浸け置きできないかと洗濯槽の給水+ヤカンの沸騰したお湯で割って50度くらいにするなどのもくろみを試してきましたが、やっぱり洗濯槽の大量の水相手ではヤカン一杯分のお湯ではぬるくなりすぎてしまい、洗濯物の臭いはよく落ちませんでした。

給湯器の温度設定をして水道から出るお湯でバケツでザバーっお湯を溜めるのが一番楽でしたよ。

洗濯物の嫌な臭いに、ぜひ酸素系漂白剤とお湯で試してみてくださいね。

スポンサード リンク