暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

化粧ノリが悪い時に、飲んで内側から保湿する

化粧ノリが悪い時は、保湿することが何より大切だというのはご存知ですか?

化粧ノリが悪いのは肌の乾燥が原因です。肌が乾燥すると肌のキメが悪くなりファンデーションがなめらかに付きませんね。もさもさと粉を吹いたようになります。

また、乾燥肌になると余計な皮脂が分泌されるのでファンデーションが崩れやすくなります。

化粧ノリが良い状態というのは、ファンデーションが顔にピッタリとくっついているの状態です。ファンデーションと顔の間に皮脂の層ができないように、乾燥肌を改善することが大切です。しっかり保湿しましょう。

前回の記事では化粧の前に下地として使うと良い保湿ジェルや化粧水をご紹介しました。ベタつきなくしっとり保湿できるという評判なのでおすすめです。

普段から保湿効果の高い化粧水を使うことで肌のコンディションを保てます。シミもシワも黒ずみも毛穴も、化粧ノリの悪さも、すべての肌トラブルは保湿不足の影響が大きいのです。

ところで加齢によって肌の保湿因子というのはどんどん少なくなっていきます。

「塗る」という外側からのケアでは不安という人におすすめなのは飲む保湿ケアも行うことです。体の内側から潤いのある肌にするということですね。

保湿に役立つ成分というのは、どんな成分があるのか確認していきましょう。

スポンサード リンク

化粧ノリが悪い!に内側からの保湿ケア

コラーゲン

コラーゲンは、タンパク質の一種で真皮や軟骨を構成しています。

もともと人の肌でも作られる成分ですが歳を取ると減っていきます。

コラーゲンは、これまではあまり効果がないのではないかと疑問を持たれていました。しかし最近分かったことによると、アミノ酸に分解される前段階、コラーゲンペプチドとして吸収されたものが肌によい作用をします。

飲んだコラーゲンのうち、何割かはペプチドとして吸収されます。それが肌の保湿やハリに貢献するんですね。

コラーゲンというと弾力アップのイメージですが、保湿にも一役買っています。その仕組みは、コラーゲンが水分を離さない性質があるので、コラーゲンが増えると乾燥肌が改善して肌が保湿されるのです。

スポンサード リンク

コラーゲンを摂取するには

そんなコラーゲンですが、何から摂取すれば良いのでしょうか。

コラーゲンは食事からなら、手羽先やフカヒレなどに多く含まれています。

しかし、このような食品は毎日手軽にというわけにもいきませんから、充分な量を補うとなるとコラーゲンサプリメントやコラーゲンドリンクが便利ですね。

ではコラーゲン製品ならなんでもいいのかというと、味の点で飲みにくくて続けるのが嫌になるということもあります。

そこで飲みやすいコラーゲンドリンクを探してみました。

おすすめコラーゲンドリンク

おすすめなのは、森永製菓の販売するコラーゲンドリンクです。「おいしいコラーゲンドリンク」というのですが、フレッシュなピーチ味、レモン味になっています。

森永製菓 おいしいコラーゲンドリンク

コラーゲンの独特のとろみや臭みが軽減され、すっきりと飲めるコラーゲンドリンクです。

気になるおいしいコラーゲンドリンクの口コミを調べてみました。

「2年くらい飲んでいますが、定期的に配達してくれることと、飲み終わった後のゴミが捨てやすいのがいいです。コラーゲンの配合量が多いのもいいですね。肌のハリと弾力を美容部員さんに驚かれます。一時的に1ヶ月飲むのをやめてみたら、肌の弾力は低下して乾燥が気になりました。以来飲み続けていますが、肘や踵などいつも乾燥せずツルツルでいられるのもこのコラーゲンドリンクを飲んでいるからかと思います。」

「瓶じゃないのでごみ捨てが楽です。10本飲んで、まだ効果ありませんが美味しいです。ちょっとしたおやつみたいな。ジュースみたいに飲めます。でも毎日となると甘さに飽きてきました。」

甘さが嫌だという人もいるようですね。そのような人はピーチ味よりレモン味のほうがすっきり飲めるかもしれません。

また、コラーゲンドリンクは瓶入りでごみ捨てが面倒なことが多いですがこれはそのままポイと捨てることができ楽ですね。

製品情報はこちらからご確認いただけます。

森永製菓 おいしいコラーゲンドリンク

まとめ!化粧ノリが悪い時は保湿!

まとめますが、化粧ノリが悪い時は、保湿が大切です。

コラーゲンドリンクのようなのは、即効性はないですが週間として飲み続けることによって肌質を確実に向上させることができます。

肌の保水力が高まると、肌の透明感も増します。塗るスキンケアだと顔へのスキンケアに集中しがちですが、コラーゲンを飲んでいると肘や踵など含めた全身の保湿に役立つのでぜひ習慣にしていきたいですね。

スポンサード リンク