暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

足のむくみは腎臓の悪さも原因?腎臓病の原因とむくみ取り

足のむくみは腎臓が悪くて起きるのが原因の一つと言われています。

単に塩分をとり過ぎたとか立ち仕事とか、そのようなのが最も一般的な足のむくみの原因です。

足のむくみはなぜ腎臓が悪くて起こるのでしょうか。腎臓が悪くなる原因はなんなのでしょうか。

足のむくみを解消する方法も併せて、ご紹介します。

スポンサード リンク

足のむくみが腎臓悪くて起こる理由

腎臓は老廃物を濾す器官ですね。 腎臓が弱ると老廃物や水分が溜まりがちになりむくみが出るようになります。

腎臓が悪くなる原因というのは、にがりの害というのを聞いたことがあります。

にがりの害が腎臓を硬化させて腎臓のろ過機能を弱めるという話があるのです。

にがりはタンパク質を固める働きがあります。それで昔は豆腐を作りました。

タンパク質は、腎臓を始め体中の様々な臓器や肌などもタンパク質です。髪もタンパク質でできていますが髪にまで作用を及ぼすかは知りません。

にがりとはそもそも何かというと海水の塩に含まれるマグネシウムです。

マグネシウムといっても硫化マグネシウムとか塩化マグネシウムとかいろいろあります。酸化マグネシウムは安全です。

酸化マグネシウムは、にがりを使って豆腐を固めた後の豆腐に含まれるマグネシウムです。

豆腐になる前はにがりは硫化マグネシウムとか塩化マグネシウムですが、一度固める能力を使った後のマグネシウムは無害化されるということです。

なので豆腐に含まれるマグネシウムは摂取しても大丈夫です。

しかし醤油や粗塩や味噌などに含まれるにがり成分は過剰摂取によって腎臓を硬化させて足のむくみの原因になるということです。

そんなに過剰摂取したらそもそもお腹が下るので普通の摂取量なら大丈夫と思いますが、にがりを下剤代わりにしているようならそれは改めたほうがいいでしょう。

スポンサード リンク

足のむくみを改善するには

足のむくみを改善するには利尿剤を使うのが一般的です。

塩分つまりナトリウムによるむくみには、カリウムを使います。

そもそも腎臓が悪くて足のむくみがあるなら腎臓病にはカリウムは控えたほうがいいので別の利尿剤を使いましょう。

利尿剤のサプリメントには、このような製品もあります。

スッキリサポートサプリメント!美スラリッチ

こちらのサプリメントは、ヒハツとシトルリンという成分配合です。血管を丈夫にするヒハツと血行改善するシトルリンという成分によってむくみを解消できます。

それから脂肪燃焼成分もいくつか含まれています。

それから、履くだけでむくみを予防、改善する着圧ストッキングもあるので普段から履いていればむくみをオフすることができます。

着圧ストッキングは、医療でも用いられます。むくみのひどい人は活用すると良いでしょう。

医療用のほうがもちろん加圧加減が強くて効果は抜群ですが、普段用にはこちらでも充分でしょう。

キュットスリム!

それから、家の中で履くものとしては、磁石の磁気によってふくらはぎの結構を改善しむくみや冷えを解消するというものもあります。こちらもぜひ活用してみて下さい。

ふくらはぎの疲れ・むくみ・冷えを血行改善で解消、遠赤磁気サポーター

スポンサード リンク

まとめ!足のむくみが腎臓の悪さで起こる原因

足のむくみが腎臓の悪さでおこる原因についてご紹介しました。

ろ過能力の低下で老廃物などたまりやすくなるからなんですね。

それから、血管がもろくなると老廃物や水分が漏れ出しやすくなります。血管の外に漏れ出して足のむくみが出来上がります。

血管は、老化によってコーティングが剥がれてもろくなります。それを修復している細胞があるのですが、その細胞は年とともに不活性になっていきます。

なので、血管を修復しているその細胞を活性化する成分を摂取すればいいわけです。

その一つが、先程のサプリメントに配合されていたヒハツという成分です。それから、他にもハスの胚芽エキスとか4つあります。

それらを配合しているのがこちらのドクターズサプリメントです。

Dr'sタイツー

ドクターズサプリメントなので安全性や効果は高いでしょう。こちらもぜひチェックしてみてください。

スポンサード リンク