暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

肩こりが痛い!血行促進して肩こり解消する方法

痛い肩こり、どう対策していますか?ただ凝るだけでなくて、肩を動かすのすら痛いなーと感じるツライ肩こりになることもありますね。

そもそなぜ痛い肩こりが起こるのでしょうか。その発症メカニズムは、デスクワークなどで肩の筋肉にまず負担がかかることから始まります。

重ーい頭を支えている首、肩。頭のバランスを取るために、首や肩に変に力がかかります。

次第に肩の筋肉に疲労物質が溜まってくると、筋肉がこわばって血行が悪くなります。血行が悪くなると、疲労物質も流せないという肩こりの悪循環に…。

それで、痛い肩こりになってしまうのです。では、肩こりを解消するにはどうするかというと、血行を促進すればいいのです。

血行促進のおすすめ方法についてご紹介します。

スポンサード リンク

痛い肩こりに血行促進する方法

血行促進サプリメント

まず、肩こりしやすい体質を整えるという肩こり解消サプリメントがあります。

年を取ると、若い頃はすぐ治っていた肩こりもだんだん治りにくくなってきます。長引く肩こりは、やはり年のせいでしょうか。

年を取ると、血管の老化によって血液の水分や老廃物が漏れやすくなってきます。

毛細血管も、だいぶ減少してきますね。肩こりの疲労物質や、老廃物をしっかり血液に乗せて流していくためにも、血管を健康に保つことは大切です。

そんな血管の修復を促す、ヒハツという植物成分があります。そのヒハツに、血行促進成分を併せて配合しているサプリメントが「なごみ美人」というサプリメントです。

初回半額!『なごみ美人』

このサプリメントは、男性でも飲んでいる人はいますが、手足の冷えに悩んでいる、冷え症の女性には特におすすめです。

口コミでは、「一ヶ月飲み続けたあたりから効果が出始め、肩こりが軽くなりこのまま飲んでいれば肩こりに悩まなくなりそう。手足はもともと冷えは気にならなかったが以前より温かくなった」などの口コミが見られます。

肩こりに悩みやすい体質を改善するためにはサプリメントも良さそうですね。

スポンサード リンク

血行促進の運動

肩を動かす運動も、肩の血行を促進します。肩こりをすると思わずぐるぐると肩や肩甲骨周りを回したくなりますね。

しかし、ふくらはぎも動かしたほうが全身の血行が良くなりますよ。ふくらはぎには、重力によって血液が滞って溜まりがちです。

ふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせて、ポンプのように働かせると血行が良くなります。「ふくらはぎマッサージ」を提唱している医師がいますが、ふくらはぎをマッサージすると全身の血行が改善することが確認されているそうです。

なので、肩回しもですがふくらはぎも刺激しましょう。ふくらはぎは、どのようにするといいかというとかかとを上げて爪先立ちをしてかかとを下ろすのを何度か繰り返しているとふくらはぎの筋肉を動かせます。

階段上りも良いですし、椅子に座って足を組むようにして、空中にある方の足首をぐるぐると回してみるのもいいです。

しかし、ハードな運動をしたあとはストレッチを必ず行いましょう。クールダウンというやつです。柔軟運動を行わないと、筋肉に溜まった疲労物質によって逆に筋肉がこわばりふくらはぎが固くなったり、肩こりがひどくなってしまいます。

肩こりが痛くてそもそも肩回しすらできない…という人は、ふくらはぎを刺激する運動をすると良いでしょう。全身の血行が良くなるそうですからね。

それから、肩に蒸しタオルを乗せてそのまま冷えるのを待つのもおすすめです。温める→ゆっくり冷えるの繰り返しによって、筋肉の血行がよくなります。温めっぱなしでなく、蒸しタオルが自然に冷えて冷たくなるのを感じるのが大切です。

スポンサード リンク

まとめ!痛い肩こりの解消方法

痛い肩こりの解消方法についてご紹介しました。

痛い肩こりは、血行を促進することと、血管を修復する力を高めて丈夫にすることが大切です。

血行促進サプリメントも、飲む習慣を付けたら一ヶ月ほどで肩こりの改善を実感できることでしょう。

以上、痛い肩こりの改善方法についてご紹介しました。

スポンサード リンク