暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

肩こりの薬おすすめ厳選!薬〜サプリメントまで

肩こりの薬はどんなのがおすすめなのか、薬からサプリメントまで厳選してご紹介します。

肩こりの原因は、血行不良ですよね。肩こりの薬といったら、血行不良を改善する成分が配合されている市販薬やサプリメントが主です。

どんなのがあるのか見てみましょう。

スポンサード リンク

肩こりの薬おすすめなど

ビタトレール

ビタトレールという市販薬は、第三類医薬品の肩こりの薬です。

肩こりのみならず、目の疲れや腰の痛みにも効果が期待できます。

ビタトレールには、まずビタミンB1誘導体が配合されています。炭水化物をエネルギーに変えるので神経や脳の疲れを取り疲労回復に導きます。

普通のビタミンB1よりも吸収が良い活性型のビタミンです。

また、神経の疲労回復のためにビタミンB6も配合されています。

ビタミンB12も配合されています。ビタミンB12は型や腰痛の特効薬と言われるビタミンBです。貧血改善にも欠かせないビタミンですよ。

それから、パントテン酸カルシウムも配合されています。パントテン酸カルシウムは、エネルギー生産に欠かせないビタミンです。

ビタミンEも配合されていて、体の隅々の血管を拡張して血行を良くしてくれます。

ビタミンEは、活性酸素を除去して体を酸化、つまり老化から守る働きもありますね。それから血管を拡張して血行不良を改善するので冷え症の女性にもおすすめのビタミンです。

これら肩こりに効く栄養素が配合されているビタトレール。

製品情報はこちらからご確認ください。 【ビタトレールEXP363錠】(第3類医薬品)

副作用はあるのかというと、女性の場合は生理が早く来たり血の量が多くなることがあります。血行が良くなるからですね。

スポンサード リンク

なごみ美人

なごみ美人というのは肩こり用のサプリメントで、血行促進成分や血管補強成分が配合されています。

名前が女性向きのサプリメントですが、男性の方も飲んでいます。女性でもツラくない錠剤のにおいや見た目に作られていて、美容成分のコラーゲンやヒアルロン酸も配合されています。

コラーゲンは肩の筋肉の材料にもなるのでそういう意味でも肩こり改善に良さそうですね。ヒアルロン酸は関節とかに存在する成分です。ヒアルロン酸は、肌への効果は高い保湿効果が期待できます。

ヒハツという成分が配合されているのですが、ヒハツは血管を補強する成分でもあります。血管が加齢によって脆くなり漏れやすくなってむくみとかになりやすくなりますね。血管が脆いと梗塞とかいろんな病気リスクがあって危ないです。

美容にも悪影響があります。血管が弱かったり毛細血管が老化で減ると、細胞に栄養が届きにくくなりますからシミやシワが増えたりくすみが出やすくなります。

血管を強くして、血行を良くすると健康にも美容にも良い効果がたくさんありますね。

そんな大切な血管を修復するサポートをするのがヒハツの働きです。

このなごみ美人を飲んだ人によると、一ヶ月くらいで効果が出始めて肩こりが軽くなったそうです。このまま飲んでいれば肩こりには悩まされなくなりそうとのことです。手足も前より温かくなったとか。

製品情報はこちらからご確認ください。

初回半額!『なごみ美人』

スポンサード リンク

まとめ!肩こりの薬

肩こりに効く薬についてご紹介しました。

二種類ですが、ビタミン系の薬と植物エキス系のサプリメントですね。

ビタミンも大切ですから体の材料となる基本のビタミンはしっかり補給しましょう。

しかし植物エキスも、血管を補強したりしてビタミンにはない良さがあります。

以上、肩こりに効く薬についてでした。

スポンサード リンク