暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

肩こりの薬とサプリメントの口コミは?

肩こりの薬とサプリメントのおすすめ品を、口コミも合わせてご紹介します。

その前にまず、肩こりが起こる原因はなんでしょうか。肩こりの起こる原因は、何かがきっかけで血行不良になることです。

だから、血行促進や血管拡張のサプリメントや薬が良く効くというわけですね。

貧血気味の人で、そもそも血の量が少ない体質の場合はまずその体質改善をするのも効果的です。

その辺は漢方の出番で、漢方では血の量が少ない体質を「血虚」と呼んでいます。

特に貧血でもないという人は、血行促進の肩こりの薬やサプリメントを飲めばそれで充分肩こり改善に役立つでしょう。

スポンサード リンク

肩こりに効く薬とサプリメント

なごみ美人の特徴

なごみ美人というのは、女性向けににおいや見た目が飲みやすい錠剤になっていたり、冷えの改善にも効果的な成分を配合しています。

しかし、男性でも飲んでいる人はいますし、肩こり体質を改善するのに効果的です。

なごみ美人に配合された特筆すべき成分の効果をご紹介します。

■ヒハツ

ヒハツは、血管を修復します。正確には、直接作用を及ぼすというよりは血管を修復している細胞を活性化させるのです。

肩こりは血管が丈夫で血行が良くないと、起こりやすすなりますね。動脈硬化は肩こりの敵。ヒハツは、血管を修復して血行の良い体作りをサポートしてくれるのです。 ■生姜麹

生姜は、ただでさえ血行促進に良い効果がありますが、さらに生姜を発酵させて効果を増し、嬉しい酵素などの成分も加わっているのが生姜麹です。

麹菌というのは健康や美容に人気の微生物ですね。生姜は発効させるのが難しい食材だといわれていますが、麹菌で見事発酵させるのに成功したそうです。

高麗人参

高麗人参は、漢方の生薬ですね。高麗人参は、貧血や疲れ、虚弱など虚証の人におすすめの漢方薬です。

ローヤルゼリー

女王蜂の食べている食べ物で、ローヤルゼリーは働き蜂たちが作り出します。女王蜂は、働き蜂よりも長生きでたくさんの卵を産みますからそもそも体の構造が働き蜂と違い強いですね。そんな女王蜂と働き蜂の違いを生むのは何かというと、食べているものの違いです。ローヤルゼリーは、女王蜂の強さの源といえるでしょう。

なごみ美人の口コミ

「なごみ美人を妻の勧めで飲んで、一ヶ月で肩こり改善に効果が出始めました。手足もいつもよりポカポカです。このまま飲み続けていけば肩こりとは無縁になれそうです。」

「パソコン作業を一日中しているので肩こりや体のこわばる感じに悩んでいましたが、なごみ美人を飲んだらだんだんと改善してきて体調よくなってきました。本当に感謝です!」

「体が固まっているような重たい感じがしていましたが、なごみ美人を飲み始めて体が軽くなった感じがします。家事をこなすのが大変だったのですが家事をしっかりできるようになりました。」

そんななごみ美人の製品情報とご注文画面はこちらです。

疲れ気味なあなたへ!内側から巡る『なごみ美人』

スポンサード リンク

ビタトレールの特徴

ビタトレールというのは、ビタミンB12とかビタミンEなどの血行促進に効果的なビタミンを配合している第三類医薬品です。

ビタミンB12は、血行を促進するということで、ドラッグストアとかで売っている薬によく配合されていますよね。

それから、ビタミンEも血行促進効果があります。というより、血管を広げる、拡張するという働きがあるのです。

女性の方で、冷え性の人にはビタミンEがおすすめで、手足もポカポカすると言う人もいます。

しかしビタミンEは過剰症があるので、くれぐれも過剰摂取はしないように気をつけましょう。

他にも、ビタトレールはビタミンB群などを配合しています。

また、γ-オリザノールという米ぬか由来の成分も配合しています。抗酸化作用や血行促進作用があるので、神経痛に最適です。

ビタトレールの口コミ

「動作が軽快になりました。」

「ビタトレールにはデイトナEXゴールドもありますが、ビタトレールEXPの方が痛みが改善して良かったです。」

「首からくる肩こりが、改善して快適に過ごせるようになりました。」

そんなビタトレールの製品情報とご注文画面はこちら。 【ビタトレールEXP363錠】(第3類医薬品)

スポンサード リンク

最後に。肩こりの薬とサプリメント

肩こりに効くといわれる薬やサプリメントをご紹介しました。

肩こりというのは、血行が悪い人に起こりやすく、また血管が細いとかキューティクルが剥がれて漏れやすい…つまり老化しているとかそのような場合も肩こりが起こりやすいと思われます。

なので血管を修復して、血管を丈夫にして血行を良くするというのが大切ですよね。

あと、もし血液自体が少ない体質、つまり血虚の人なら血の量を増やして体の血液の循環を良くするというのも大切でしょう。

漢方薬を用いる場合は漢方専門医による体質診断を受けた上で体質に最適な漢方薬を受け取りましょう。以上、肩こりのお薬やサプリメントについてでした。

スポンサード リンク