暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

ふくらはぎの足痩せ方法5つのポイント

ふくらはぎの足痩せ方法をご紹介します。

ふくらはぎの太りタイプは、脂肪太りと筋肉太りとむくみ太り。

自分がどのふくらはぎの太りタイプなのか、しっかり見極めて足痩せを行いましょう。

ふくらはぎの足痩せ方法を、5つのよくある原因ごとにご紹介します。

スポンサード リンク

ふくらはぎの足痩せ方法

血管の老化

血管の老化は足のむくみの原因になります。なぜなら血管のキューティクルが剥がれると、血液の成分が滲み出しやすくなるからです。

血管にもキューティクルがあるんだ?と初耳かもしれませんが、血管も幾つかの層で成り立っています。髪の毛のキューティクルみたいに。

なので血管が老化するとキューティクルが剥がれたところから水分などが漏れ出して、足のむくみになるのです。

血管を強化する成分は、足のむくみの根本対策としておすすめです。

血管を補強する植物成分を4種類配合したサプリメントに、こちらの製品があります。

ドクターズサプリメントということで品質も安心できるものですからぜひお試しください。

脂肪太り

足のむくみが脂肪太りの場合は、脂肪燃焼効果のあるスリミングジェルでふくらはぎをマッサージするとかもいいですが、全体的なダイエットも必要です。

ダイエットには、簡単に出来て効果の高いものですと、低GI値ダイエットとか、おやつ抜きダイエットがあります。

GI値ダイエットは、高血糖によってインスリンが大放出されて脂肪が蓄えられるのを防げるダイエット方法です。

もち麦を混ぜる麦ごはんダイエットとか、食べる順番ダイエットとかがあります。

それから、おやつ抜きダイエットも糖質や塩分を控えられるのでダイエットに良いです。

スポンサード リンク

筋肉太り

筋肉太りでふくらはぎが太い場合は、筋肉を発達させない歩き方などがポイントです。

普段歩くときに、ハイヒールとかを履いているとどうしても筋肉がつきやすくなってしまいます。

また、自転車とか速筋を鍛えられてしまうような運動もふくらはぎが筋肉太りする原因になります。

競輪選手の足を見ると、ゴツゴツした筋肉がついていますね。マラソン選手の足はスラッとしてますね。これが鍛える筋肉の違いです。

負荷の高い運動は、ふくらはぎに余計な筋肉を付けてしまいますから気を付けましょう。

筋肉は、使わなければ落ちていきます。運動を一旦中止することでふくらはぎの近日太り解消が期待できます。

また、筋肉太りの場合は昔鍛えた筋肉が脂肪と絡み合って霜降り状態になってしまっいることもあるとか。なのでふくらはぎの足痩せマッサージも心がけましょう。

塩分過剰

ふくらはぎが劇的に太くなるのはやはりむくみです。塩分の多い食事をするとふくらはぎがむくみます。

カリウムで塩分を排出しましょう。カリウムは、果物とか野菜とかに含まれています。

むくみを解消すると、劇的にふくらはぎも細くなるので塩分を適量にするようにしましょう。

スポンサード リンク

マッサージで足痩せ

マッサージでの足痩せも定番ですね。マッサージでは、足首から膝裏に向かって流し、膝裏から太もも付け根に向かって流します。

太ももは雑巾絞りをするようにねじったりしても良いです。ふくらはぎは、左右の手のひらを使って交互にさすりあげましょう。

マッサージの時は、肌を傷めないためにオイルとかを塗ってください。オイルは、スリミング効果のあるこちらのオイルがおすすめです。

するるのうるおいるというオイルで足痩せに効果が期待できます。

最後に。ふくらはぎの足痩せ

ふくらはぎの足痩せに効果的な5つの対策をご紹介しました。

ふくらはぎがむくんでいるという人は、ぜひふくらはぎのむくみ対策を試してください。

筋肉太りの場合、脂肪太りの場合もそれぞれ自分に合った方法で対策していきましょう。

スポンサード リンク