暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

洋梨体型の原因は?対策法とおすすめアイテム

洋梨体型の対策方法をご紹介します。

上は痩せてるのに下が太っているという洋梨体型は、なぜ起こるのかというとむくみや骨盤のズレなどが原因です。

むくみや骨盤のズレにはどう対応したら良いのでしょうか。詳しく確認していきましょう。

スポンサード リンク

洋梨体型、どう対策する?

むくみやすい体質

むくみやすくて洋梨体型になっているなら、むくみの原因を解決しなければなりません。

むくみの原因というのは、塩分過剰もありますが別に普通の人の範囲内の塩分摂取量なのにむくみやすい。

そんな場合は血管の老化が原因でむくみが起きている可能性があります。

老化によって血管はキューティクルが剥がれてきます。何層かでできている血管のキューティクルが剥がれてしまってそこから血液の成分が漏れ出しやすくなります。

そうすると足にその水分が溜まって洋梨体型になるのです。

血管を修復するには、ヒハツとかハスの胚芽エキスとかが効果的です。これらは、血管を修復する「タイツー」という細胞を活性化させます。

血管を修復する成分を配合しているむくみ対策サプリメントは、こちらとこちらの2つを見つけました。 TVでも話題のヒハツ配合サプリメント【美建めぐりんぱ】

ドクターズタイツー

ドクターズタイツーというサプリメントは、ドクターズサプリメントなので品質に安心感があります。また、4種類のタイツー活性化成分を配合とのことで血管の修復に気合が入っています。それにプラスしてすでにむくんでしまった水分を排出する成分も一つ配合しています。

ただ、お値段は少しお高めです。それより続けやすい価格のサプリメントが美健めぐりんぱというサプリメントです。

血管の修復成分はヒハツのみですが、他にむくみ解消成分を配合しています。

むくみによる洋梨体型にお悩みの方で根本的にむくみ体質を改善したい人は、ぜひ活用してみてください。

スポンサード リンク

骨盤の開き

骨盤の開きというのは、下半身だけ特に太っているという洋梨体型の原因になりますよね。産後特に骨盤が開くので産後ガードルを付けたりしている人も多いみたいです。

骨盤の開きは、素人で矯正するなら骨盤ベルトはやめたほうが良いです。骨盤を変に矯正してしまうのでやめたほうが良いと専門の整体の人が言っていました。

なので骨盤ガードルとか、履くタイプなら安全かもしれません。また、骨盤を閉じる体操もあります。

その方法とは、仰向けに寝て足の裏を合わせ、蛙のような感じの格好になるように膝を立てて、腰を浮かせて数秒そのまま。下ろして何度か繰り返しましょう。

ぜひ毎日寝起きや眠る前にでも体操してみてください。

スポンサード リンク

最後に。洋梨体型の原因

洋梨体型の原因についてご紹介しました。

洋梨体型はむくみや骨盤の歪みを治せば解決するんですね。

歩き方とかも変だと下半身に筋肉が付きやすくて筋肉太りしてしまうので気を付けましょう。ヒールを履いたり自転車漕いだりすると筋肉が余計なところに付きやすいです。

以上、洋梨体型の原因と対策法についてご紹介しました。

スポンサード リンク