暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

糖尿病で痩せるメカニズムとは

糖尿病で痩せるのはなぜかという話題です。

糖尿病で急に痩せるというのは、どのようなメカニズムなのでしょうか。

糖尿病はむしろ栄養過剰、糖分の摂りすぎというイメージがあるので痩せるというのが意外な感じもしますね。

しかし糖尿病は甘いものを食べない人でもなることがあります。糖尿病で痩せる原因について確認していきましょう。

スポンサード リンク

糖尿病で痩せる原因

糖をエネルギーにできない

糖尿病というのは、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込めない病気です。

ブドウ糖は、細胞内に取り込まれてミトコンドリアによってエネルギーに変換されます。これが、正常に糖代謝されているということなのです。炭水化物の代謝が上手く行っている状態ですね。

しかし、活性酸素の影響により、細胞膜の脂質が酸化してドロドロになると、ブドウ糖が細胞の中には入れません。

なので高血糖になり糖尿病ということになるのです。そして血中には余るほどのブドウ糖が細胞には不足して痩せます。

糖尿病になる原因はいくつかあります。インスリンというホルモン不足もその一つです。インスリンは、ブドウ糖が細胞に入るために使う鍵みたいなものです。

そして、細胞膜の受容体つまり鍵穴もきちんとしていないと糖尿病になってしまいます。さらに、そこまで条件が揃っていたとしても細胞の内側にいる警備員さん…GTFというのが開けてくれないとブドウ糖は細胞内に入れません。

この、GTFが不足していて糖尿病になっている人が 意外と多いんだとか。それで、GTFを増やすには必須ミネラルのクロムが必要で現代人はクロム不足が多いということのようです。

サプリメントで摂取しても、ほとんど吸収されていません。ミネラルは吸収されにくいのです。吸収を高めるのがタンパク質やクエン酸ということで、クロムにミルクのタンパク質を結合したクロムミルクというのがあります。

とある病院では糖尿病患者にクロムを摂取してもらったら90パーセント以上もの人が改善したとか言われています。クロム不足によるGTF(警備員さん)不足の糖尿病の人が多いんですね。

スポンサード リンク

活性酸素対策も

クロムミルクは通販で購入できますので必要な方は注文しましょう。

活性酸素対策も必要ですよね。糖尿病の合併症を防ぐためにも大切です。糖尿病は、細胞膜の酸化によっても起こりうるんでした。

合併症も実は高血糖直接というより高血糖により活性酸素が発生すると血管が潰れて合併症が起こるんでした。

なので、活性酸素対策は大切にしましょう。活性酸素対策は、ビタミンCやポリフェノールや水素がおすすめです。

ビタミンC大量については賛否両論あります。下痢にもなりやすいですしね。なのでビタミンCは必要量摂取して後は水素やポリフェノールを積極的に摂取して活性酸素対策に努めれば良いと思います。

スポンサード リンク

最後に。糖尿病で痩せる原因

糖尿病で痩せる原因についてご紹介しました。

糖尿病は、痩せるのはブドウ糖を使えずにエネルギー不足になるということでした。

痩せるのは糖尿病が原因である他、そもそも癌とかが原因のこともありますからもし急に痩せたらなぜ痩せたのか病院で検査してもらったほうが良いです。

もし癌でもその後、癌治療を受けるかどうかはまた別の話ですが…。

また、家族や同僚など他人が急に痩せたら摂食障害やダイエットに成功したということも考えられますね。しかしあまり健康そうに見えなかったら診察を勧めたほうがいいかもしれませんね。

スポンサード リンク