暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

糖尿病でお酒は蒸留酒なら飲める?お酒の種類と糖度

糖尿病では糖度の高いお酒は避けたほうが良いですね。

糖尿病になるとお酒を嗜む人は制限しなければならず付き合いにも支障をきたしそうですが、飲んでもそんなに響かないお酒もあります。

糖尿病でも飲んで比較的大丈夫なお酒について確認していきましょう。

スポンサード リンク

糖尿病でおすすめのお酒

お酒の種類

蒸留酒は糖度は低いけどアルコール度数が高いお酒です。蒸留酒にはブランデー、焼酎などがありますね。

避けたほうが良いお酒は醸造酒です。醸造酒は糖度が高いですね。ビールやワイン、日本酒、もち米を使った紹興酒などが当てはまります。

梅酒はもちろんお砂糖が多いので糖尿病なら控えたほうがいいです。お砂糖使わない梅酒の作り方もありますけど。

糖尿病の原因

ところで、糖尿病はなぜ起こるかご存知ですか?甘いものを食べなくても糖尿病になる時はなるんです。

その原因は、クロム不足とか活性酸素の害とか、インスリン不足にもこれらの原因があります。

糖尿病イコール、インスリン注射みたいなイメージありますが実はクロム不足の糖尿病の人がかなり多くて90%以上もの患者さんがクロムの投与で治ったといわれています。とある病院の臨床研究によると、です。

クロムを摂取することは糖尿病の予防にも改善にも役立つということです。

スポンサード リンク

活性酸素

活性酸素と糖尿病も関わりが深いです。活性酸素は、細胞を覆っている細胞膜という脂質を酸化させてドロドロにします。

そうすると、血中のブドウ糖がインスリンによって細胞内に入ろうとした時にドロドロを上手く通過できずに高血糖のままになってしまうのです。

なので、活性酸素対策も日頃から行いましょう。例えば、水素を摂取するとかビタミンCをこまめに摂取するとか、ポリフェノールを摂取するなど。

そして活性酸素対策は、糖尿病の予防にもなりますが糖尿病によっておこる合併症の予防にもなるのです。

合併症は、実は高血糖が起こすというよりは、高血糖によって発生する活性酸素によって血管が駄目になって壊死したり視力が落ちたりするのです。

さらには活性酸素はがんをはじめとする殆どの生活習慣病の原因になります。まさに万病の元といわれています。なので活性酸素対策が全てという感じなのです。

インスリンの材料とは

クロムによって、糖尿病が治る可能性が高いということですが、ではインスリン不足タイプの糖尿病はどうでしょうか。

クロムは必須ミネラルですが、インスリン不足もインスリンを作り出す材料となるビタミンやミネラルの不足によるものとは考えられないでしょうか。

インスリンの材料になる栄養というのはなんなのか、調べてみました。

亜鉛

インスリン合成には亜鉛というミネラルが必須です。亜鉛は傷を修復するミネラルでもあり、味覚を正常に保つミネラルでもあります。亜鉛細胞分裂に必須なビタミンです。細胞分裂はつまりターンオーバーということですね。

生きるための活動に必須の亜鉛です。そんな亜鉛は男性では精子に多く含まれているため不足しやすいという状況になりがちです。実際、亜鉛不足によりピロルリアという体臭が発生してしまうケースにお悩みの人もいます。

そんな場合は亜鉛サプリメントで補給すると良いでしょう。

■ビタミンB群

ビタミンB群は、何種類かありますがそのどれか一つでも不足すると体内で上手く働かないといいます。つまり、連係プレーをしているようなのです。

ビタミンB群は、特に3と6がインスリンには大切だと言われていますがB群として摂取しましょう。

ビタミンBサプリメントの摂取は、時に人に便秘をもたらします。なぜなら大量のビタミンによって体内のマグネシウムが不足してしまうので、便秘になるのです。

栄養はバランスでできています。亜鉛と拮抗する銅とか、カルシウムと対になるリン、ナトリウムと対になるカリウムなど。

そんな具合でビタミンB群によってマグネシウムが不足するのでマグネシウムも同時に摂取した方が便秘になる心配がありません。

マンガン

こちらも、必須ミネラルです。マンガンというのは、愛情ミネラルという別の呼び方で呼ばれていたりもします。不足するとイライラしやすくなったりします。マンガンもインスリンの合成に役立ちます。

ビタミンD

紫外線によって合成されるビタミンです。インスリンの、合成ではなくて分泌を促進します。先程ご紹介した3つの栄養は、インスリンの合成に大切な栄養素でこちらは分泌に大切な栄養素です。

紫外線には主にA波とB波がありますが、窓ガラスに遮られて室内にはあまり届かない紫外線B波も浴びないと合成されない説があります。セキセイインコの飼い方を調べていて、日光浴のさせ方について学んだ時に知りました。

窓越しに日光浴させても、セキセイインコは具合が悪くなります。曇りの日は特にぐったりしています。でも紫外線B波の出るライトを買って浴びさせたらたちまち復活して元気になったという飼い主さんがいます。

人間も同じかもしれません。窓を開けて網戸越しに日光浴したり、外にお散歩に出たり庭いじりをすると良いでしょう。

■ロイシン

ロイシンというのは必須アミノ酸の一つ、BCAAの一つです。ロイシンは必須アミノ酸の中でも必要量が一番多いアミノ酸です。

ちなみに、これ以外にも糖尿病に役立つ栄養はいろいろあるみたいで詳しくご覧になりたい人はこちらのサイトをどうぞ。ここから参照させていただきました。http://eiyou.hontonano.jp/2000kanri/075-insulin-bunpitu.html

スポンサード リンク

最後に。糖尿病とお酒

糖尿病とお酒についてご紹介しました。お酒は、蒸留酒なら糖度が低いということですね。

でもアルコールは体に悪いので控えめにした方がどちらにしろ良いでしょう。

糖尿病を治すには、ただインスリン注射というよりも他の見方もしてみてまず体に大切な必須ミネラルやビタミンやアミノ酸を充分に摂取することも大切だと気付きました。

体を構成しているのはなんといっても栄養素ですから、材料となる栄養素を充分足りるように摂取しましょう。

スポンサード リンク