暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

糖尿病は塩分も控える必要があるの?

糖尿病というと糖の過剰だから糖質制限みたいなイメージですが、実は塩分も控える必要があるとかないとか。

糖尿病の人用の食事は、味がしないらしいですね。塩分をなぜ控えたほうが良いのかというと、それは糖尿病の合併症を防ぐためです。

高血圧だと合併症が進行しやすいんですね。では、糖尿病で塩分を控える理由について詳しく確認していきましょう。

スポンサード リンク

糖尿病は塩分も控えるのはなぜか

動脈硬化

塩分で高血圧になると、動脈硬化が促進します。動脈硬化が促進しますと、糖尿病の合併症が起こりやすくなるんです。

なぜかというと合併症というのは血管障害によって起こるからです。高血糖が血管障害を起こすのです。

もう少し具体的に言うと、高血糖によって発生した活性酸素によって血管障害が起きるのです。

つまり…活性酸素対策と、動脈硬化対策をすれば良いのです。合併症を防ぐためには、ですね。糖尿病を防ぐには、クロムという必須ミネラルの摂取と活性酸素対策が必要です。

活性酸素対策は、糖尿病予防にもなるし、合併症予防にもなるという…共通して必要な対策です。

クロムというのは、クロムが不足するとブドウ糖が細胞に入れずに糖尿病になってしまいます。

ブドウ糖は、血液の中から細胞の中に入ってミトコンドリアに燃やされてエネルギーと化します。

しかしブドウ糖が細胞の中に入れないのが糖尿病です。ブドウ糖が細胞に入るために必要なプロセスは幾つかに渡ります。

その一、ブドウ糖がインスリンをゲットする。

その二、インスリン(鍵)を使って細胞膜の受容体にアクセスする。

その三、細胞の内側からGTF(守衛さん)にドアを開けてもらい細胞内に入る。

インスリンが少なくても糖尿病になりますし、細胞膜が活性酸素でドロドロになっているとブドウ糖が細胞に入れないので糖尿病になりますし、GTFが少ないと糖尿病になります。

糖尿病の仕組みは、このような感じのようです。

だからインスリンと、活性酸素対策と、GTFを増やすクロム摂取をしっかりしましょう。

スポンサード リンク

血管を守る!合併症対策

細胞膜と血管を守るには、活性酸素対策が必要です。毛細血管とかだとすぐに潰れてしまいます。

糖尿病でも、活性酸素さえすれば合併症を予防できると言い切るのが三石巌先生という方です。もうお亡くなりだけど長寿で健康で甘いものも我慢せず食べちゃうと言ってた人です。本で見ました。

でも、私的には甘いものは別のリスクがあると知っています。血管プラークのリスクです。

真島クリックというところで仕入れた情報です。

砂糖で血管プラークができるので血管の内側にプラークが付き狭くなって脳梗塞とか心筋梗塞とか血管の詰まりのリスクが高くなります。

脂肪の過剰摂取もしないようにしましょう。

活性酸素対策

具体的に活性酸素対策には何が良いかというと、水素、ポリフェノール、ビタミンC、Eなどです。

ビタミンCやEは摂取すると言っても限度があります。ビタミンCは大量摂取すると下痢になりますから抗酸化作用があるからといってあまりたくさんは飲めません。

水素はおすすめです。ビタミンCよりも活性酸素対策においては気が利いていて、ビタミンCが通れないような細胞の隅々にも届きます。

水素は原子なので一番小さいので体の隅々活性酸素対策してくれるんですね。脳には血管関門というのがあるのですが、これは脳に余計な物質が入らないようにしているのでビタミンCなどの大きな分子は入れないそうです。

しかし水素は細かいので入れて脳の活性酸素も無害化してくれます。なので認知症の予防や改善に効果が注目されています。

ところで。活性酸素の製品はパウチやペットボトルで売っているものと、サプリメントで売っているのがあります。

パウチやペットボトルでは、水素が抜けていってしまって飲もうと思った時にはもうただの水になっているという問題が付きものです。

ちゃんとしている製品もあると思いますが、正直ペットボトルは期待しないほうが良いです。ペットボトルは水素がすり抜けられてしまうらしいですからね。

パウチでちゃんとしている製品もありますが、蓋のプラスチック部分から抜けていかないのかなー?と個人的に気になります。

飲んだことがありますが、パウチタイプは嵩張るので収納に場所を取るのも難点ですね。

なのでおすすめは水素サプリメントです。体内で水素を発生させるタイプですね。

価格帯は水素サプリメントといっても様々ですが、こちらの製品なんかは値段も飲みやすくて品質も良さそうでおすすめなのでぜひチェックしてみてください。 話題の水素水サプリ【サビトルウォーター】

スポンサード リンク

最後に。糖尿病と塩分

糖尿病と塩分についてご紹介しました。

糖尿病で塩分を控えないといけないと言われているのは、高血圧による動脈硬化を防ぐためでしたね。

そしてそれは、血管が駄目になって合併症が出るのを防ぐためでした。

合併症が出るのを防ぐには、減塩もですが活性酸素対策が必要です。活性酸素対策は、細胞膜を守るので糖尿病予防にもなります。

そして糖尿病改善には、クロムが良いんでしたね。現代人には不足しがちなのでクロムの摂取を心がけましょう。

サプリメントの過剰摂取には注意してください。ミネラルは過剰症がありますからね。とはいってもクロムはミネラルなので体に吸収されにくいです。

ミルクのタンパク質と結合させて吸収されやすくしたクロムミルクというのがあるので、そちらもぜひチェックしてみてください。

スポンサード リンク