暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

糖尿病の飲酒の影響・飲酒量・お酒の種類について

糖尿病飲酒の影響についてご紹介します。糖尿病の飲酒の影響は、低血糖です。

高血糖になる糖尿病ですが、糖尿病のお薬の効果が長引いてしまって思いの外低血糖になりすぎてしまい昏睡という危険な状態になる可能性もあります。

別に糖尿病ではない人だとしても、糖度の高いお酒だと空きっ腹にお酒を飲むことで血糖値がグンと上がりその後急激に下降し、低血糖になり昏睡してしまうこともあります。

糖尿病と飲酒について詳しく確認で行きましょう。

スポンサード リンク

糖尿病の飲酒の影響について

影響

低血糖になり昏睡に至る危険性があります。糖尿病のお薬を飲んでいなくても、アルコールそのものに肝臓による糖新生を妨げる働きがあります。

肝臓は、ブドウ糖を作り出していますがそのブドウ糖の放出が妨げられてしまうのですね。

しかも、昏睡してしまっていても周囲の人は「酔っ払って寝ているのだろう」と判断してしまい発見が遅れてしまいがちです。気を付けなければなりませんね。周囲の人にも理解してもらっておくと安心でしょう。

飲酒量

飲酒量は、なるべく控えたほうが良いことには違いありませんが、もし糖尿病で飲酒するならどのくらいの飲酒量が良いのでしょうか。

そもそも、糖尿病なら主治医に飲酒に関して相談しましょう。飲酒しても大丈夫な条件というのがあり、肝臓などの疾患がない、動脈硬化による心臓病などがない、合併症が出ていないなど。体重が標準、糖尿病の薬の投与を受けていない、などなど。

その上で、飲酒するとしても少量なのでその程度の飲酒でストップできるかどうかというのも問題です。

例えばビールなら400ミリリットル、ワインなら200ミリリットルくらいです。

ブランデーとかだとアルコール度数が高いのでもっと少なくて60ミリリットルとかです。

スポンサード リンク

おすすめのお酒の種類

おすすめは…おすすめといっても飲酒自体は健康にとって控えたほうが良いでしょうが…もし糖尿病で飲酒するなら、糖分の少ない蒸留酒をチョイスしましょう。

蒸留酒というとウイスキーやブランデーです。蒸留酒というのはそもそも何かというと、醸造酒をさらに蒸留してアルコールを集めたのな蒸留酒なのでアルコール度数が高くて糖分は低くなっています。

ウイスキーはビールの蒸留酒で、ブランデーはワインの蒸留酒で、焼酎は日本酒の蒸留酒です。

最後に。糖尿病の飲酒

糖尿病の飲酒で気を付けることについてご紹介しました。

糖尿病は、インスリン不足以外にはクロム不足や活性酸素の害も原因として挙げられていますね。

クロムの投与で糖尿病が改善した患者さんはある病院では90%以上にもなるそうです。

ですからもしかしたらあなたもクロム不足の可能性があります。クロムと糖尿病の関係についても調べてみてくださいね。

このサイトの他の糖尿病の記事でもクロムと糖尿病の関係や、活性酸素と糖尿病の関係について詳しく書いているのでぜひ検索窓から探して読んでみてください。

スポンサード リンク