暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

糖尿病の合併症の予防のキーポイントは活性酸素

糖尿病の合併症の予防ってどうしたら良いと思いますか?合併症は、血行の阻害によって起こります。

糖尿病になると、高血糖になりますね。血中にブドウ糖が溢れかえる状態です。

その状態だと、ブドウ糖のうち何割かは活性酸素を発生させます。活性酸素が血管を傷つけるのです。傷付いた血管はどうなりますか?毛細血管のような細い血管なら潰れて消えてしまいます。

老化によって随分毛細血管は減ってしまうのです。活性酸素のせいですね。そして、血管障害が起きます。

つまりは細胞に栄養を運んでいた血管が潰れたりする→細胞に栄養や酸素が届かなくなることで壊死したり、視力の低下が起こったり、歯茎が壊死したり歯周病になったりするのです。

糖尿病の合併症予防には活性酸素対策が大切です。活性酸素対策の方法について詳しく確認していきましょう。

スポンサード リンク

糖尿病の合併症の予防

活性酸素対策

糖尿病の合併症の予防には、活性酸素対策が大切ですね。

活性酸素対策といってもいろいろありますが、代表的なのは

活性酸素を発生させないように気をつける

活性酸素を無害化させる抗酸化物質を摂取する

この二種類になります。

他にも活性酸素を無害化させるために働いている、とある細胞…SOD酵素というのを活性化させるためにきちんとミネラルを摂取するのも大切と言われています。

スポンサード リンク

活性酸素の発生源

糖尿病の合併症を防ぐには活性酸素対策。

では、糖尿病の合併症の元となる活性酸素はなぜ発生するのでしょうか。

糖尿病の特徴である高血糖もその一つですが、他にもあります。

電磁波を浴びすぎるとか、農薬、添加物、など体に悪い物によって活性酸素が発生します。

紫外線の浴び過ぎも、走り過ぎや筋トレしすぎなども活性酸素が発生します。

これらの生活習慣がある人は気を付けましょう。スポーツやトレーニングは体にも良いので止めませんが、活性酸素対策の抗酸化物質はきちんと摂取しましょう。

携帯水素水サーバーとか、水素水サプリメントとかスポーツする人に良いと思います。もちろん、スポーツしない人にもおすすめです。

あとは、高血糖状態を改善することが根本的な合併症対策になりますね。

スポンサード リンク

高血糖を治すには

高血糖を治すには、まず高血糖になった原因にアプローチする必要がありますね。

糖尿病になるのは、

■インスリン不足

■細胞膜の酸化

■GTFの不足

が挙げられます。たとえば、インスリン不足でなくても活性酸素によって細胞膜が酸化していたら、ブドウ糖はなかなか細胞の中に入り込めないのです。酸化した油は、とてもドロドロとしていますよね。細胞は細胞膜という油に覆われているのです。

新鮮な油はサラサラとしていますよね。ですから活性酸素対策がここでも重要になってきます。

次、GTFってなんでしょうか。聞き慣れない名前ですね。GTFというのは、守衛さん、警備員さんのようなものです。

細胞の内側にいるこのGTFが最終的に細胞の扉を開けてくれないと、ブドウ糖が細胞内に入り込めないのです。

でも、GTFはクロムがないと減ってしまいます。クロムが材料なのです。クロムは、必須ミネラルですが不足しがちです。ですからサプリメントで補いましょう。

ちなみにですが、クロム投与による糖尿病改善率の高さはなんと90%超えです。ある病院での研究実験によるものですが、驚きですね。糖尿病にクロムはとても大切なんですね。合併症予防のためにも、糖尿病を根本的に治しましょう。

スポンサード リンク

最後に。糖尿病の合併症の予防

糖尿病の合併症の予防についてご紹介しました。糖尿病は、合併症といっても活性酸素対策さえすれば取り敢えずは防げるというわけです。

三石巌さんという先生がそのように言っていたので間違いないと思います。著書をぜひ読んでみてくださいね。医学の常識は嘘だらけという本です。

では、以上糖尿病の合併症についてお知らせしました。

スポンサード リンク