暮らしのお役立ち情報

暮らしに役立つ情報や心を和ませる動物などについて書くブログです。

糖尿病には一型二型がある。それぞれの違いを説明

糖尿病には、一型と二型があるのはご存知でしょう。糖尿病の一型と二型、どう違うのでしょうか。

一型は、糖尿病でお馴染みインスリンの分泌をする膵臓が炎症を起こしたりして機能不全になり糖尿病になるのを指します。

二型は、一型ほど壊滅的ではありませんがインスリンの分泌するタイミングがズレていたりインスリンの感受性が悪くなる糖尿病です。

詳しく確認していきましょう。

スポンサード リンク

糖尿病の一型・二型

特徴

一型糖尿病は、若者に多いです。一型糖尿病の人は、痩せていることが多いです。急に発症し急に進行します。インスリン注射が欠かせないのが一型糖尿病です。

二型は、中年以降の人で肥満の人が多いです。発症も進行ものんびりしています。インスリン注射も取り入れることもありますが食事療法や運動療法で治します。

二型糖尿病の防ぎ方

二型糖尿病の防ぎ方は、以下の通り。

■インスリン分泌に必要な栄養をちゃんと摂る。 タンパク質、亜鉛マグネシウム、ビタミンB群、ビタミンC、などビタミンミネラル一通り。

膵臓の負担となる甘いものや油もの、アルコールを摂り過ぎない

活性酸素除去と、活性酸素を発生させないようにする →細胞膜を酸化させないため。酸化した細胞膜は、ブドウ糖が通りづらくなるのでつまりインスリンの受容体の感受性が悪くなる。

■クロムを摂取しGTFを増やす クロムというのはGTFに必要な必須ミネラルで、GTFというのはブドウ糖が細胞に入るための最終段階で必要なもの。

スポンサード リンク

糖尿病一型の防ぎ方

ビタミンDの摂取が良いそうです。ビタミンDというのは、自己免疫疾患の予防になります。

一型糖尿病というのは、自己免疫によって膵臓のインスリンを分泌する部分が破壊されてしまうことです。自己免疫でなくてウイルス性のこともあるみたいですが。

ですから、ビタミンDで自己免疫疾患の予防をすれば一型糖尿病も防げますね。

一型糖尿病は、二十歳以降にかかる人が半数以上占めています。ビタミンDというのは紫外線によって合成されますが、日焼けを気にしてあまり日光浴しない人はビタミンD不足で一型糖尿病になりやすいかもしれません。

膵臓は再生しないと考えられてきましたが、自己再生能力があることが近年明らかになっています。

それはステロイド投与によるものです。副作用など危険なイメージのあるステロイドですが、血流を阻害することによって好琉球?白血球?とか、細胞を攻撃する免疫細胞が届きにくくなって膵臓が再生するのかもしれません。

スポンサード リンク

最後に。糖尿病の二型一型

糖尿病の二型と一型についてご紹介しました。

どちらにしろ膵臓に負担をかけないようにしないといけませんが、一型の予防にはビタミンDを、二型の予防には活性酸素対策と各種ビタミンミネラルタンパク質、そして脂質ですね。ホルモンの材料には脂質が不可欠です。でも摂り過ぎは血管プラークの原因になるので注意ですが。詳しくは真島クリニックというサイトにて。

あと、GTF生産のためのクロムと、甘いもの、お酒、油っこいものの摂りすぎ注意といったところですね。

スポンサード リンク